2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツ優勝なるか

 ライア・サンツが南米でがんばっている。ライアは2011年ダカールラリーにホンダCRF450Rで出場。かつてのラリー・トップライダー、ジョルディ・アルカロンスのサポートを受けながら、女性部門のトップを守っている。総合は40位ほど。
 女性部門を争うライバルはトラブルで後退し、初出場にして女性部門優勝の栄冠を勝ち取る可能性も高い。


 ライアのライバルはスウェーデンのラリーライダー、アニー・ゼール(Annie Seel)。歴戦の勇士らしいから、トライアル畑から突然やってきた若い女性ライダーには、そうとうに闘争心をあおられたにはちがいない。事実、ラリー序盤は女性クラスのトップはアニーのほうだった。しかし徐々にラリー慣れしていくライアはこれを逆転し、その差を広げつつあった。ライダーとしては、ライアはやはりプロフェッショナルだった。その後、アニーは13日にエンジントラブルを起こし、大幅に後退している。
 日本では、ことダカールの世界においては、ライア・サンツもさほど知名度がないようで、一緒に走っているアルカロンスがラリーに復活してきたほうが話題となっているようだが、ライア・サンツといえば10回の世界チャンピオン経験者。トニー・ボウもかなわない。ドギー・ランプキンは12回の世界チャンピオンだが、この分だと、ライアが追い越しそうな勢いだ(でも、トニーは1年に2つずつチャンピオンを増やしているから、さらにその上をいくかも)。対してアルカロンスは、抜群のライディングセンスを持ちながらダカールでの勝ち星がなく、無冠の帝王として君臨したライダーだった。今回のダカールがゴールすれば、日本でもライアの知名度はぐっと上がることだろう。
 なおかつてダカールラリーに参戦した女性ライダーの中では、ユタ・クラインシュミットというライダーがいた。砂漠のラリーのデビューは1987年エジプトのファラオラリーで、日本の三好礼子と同期デビュー。三好礼子はこのとき女子部門2位だったが、ユタはBMWのマシントラブルでリタイヤしている。その彼女が4輪部門で優勝したのは、13年後の2001年。増岡浩が最終日に妨害を受けて勝利を逃したあのラリーでのことだった。以上余談でした。
 時代は変わって、ダカールラリーがダカールの名のままに南米で行われるようになった今、トライアルチャンピオン、ライア・サンツはラリー界で、どんな名声を得ることになるのだろうか。

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。