2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツ優勝なるか

 ライア・サンツが南米でがんばっている。ライアは2011年ダカールラリーにホンダCRF450Rで出場。かつてのラリー・トップライダー、ジョルディ・アルカロンスのサポートを受けながら、女性部門のトップを守っている。総合は40位ほど。
 女性部門を争うライバルはトラブルで後退し、初出場にして女性部門優勝の栄冠を勝ち取る可能性も高い。


 ライアのライバルはスウェーデンのラリーライダー、アニー・ゼール(Annie Seel)。歴戦の勇士らしいから、トライアル畑から突然やってきた若い女性ライダーには、そうとうに闘争心をあおられたにはちがいない。事実、ラリー序盤は女性クラスのトップはアニーのほうだった。しかし徐々にラリー慣れしていくライアはこれを逆転し、その差を広げつつあった。ライダーとしては、ライアはやはりプロフェッショナルだった。その後、アニーは13日にエンジントラブルを起こし、大幅に後退している。
 日本では、ことダカールの世界においては、ライア・サンツもさほど知名度がないようで、一緒に走っているアルカロンスがラリーに復活してきたほうが話題となっているようだが、ライア・サンツといえば10回の世界チャンピオン経験者。トニー・ボウもかなわない。ドギー・ランプキンは12回の世界チャンピオンだが、この分だと、ライアが追い越しそうな勢いだ(でも、トニーは1年に2つずつチャンピオンを増やしているから、さらにその上をいくかも)。対してアルカロンスは、抜群のライディングセンスを持ちながらダカールでの勝ち星がなく、無冠の帝王として君臨したライダーだった。今回のダカールがゴールすれば、日本でもライアの知名度はぐっと上がることだろう。
 なおかつてダカールラリーに参戦した女性ライダーの中では、ユタ・クラインシュミットというライダーがいた。砂漠のラリーのデビューは1987年エジプトのファラオラリーで、日本の三好礼子と同期デビュー。三好礼子はこのとき女子部門2位だったが、ユタはBMWのマシントラブルでリタイヤしている。その彼女が4輪部門で優勝したのは、13年後の2001年。増岡浩が最終日に妨害を受けて勝利を逃したあのラリーでのことだった。以上余談でした。
 時代は変わって、ダカールラリーがダカールの名のままに南米で行われるようになった今、トライアルチャンピオン、ライア・サンツはラリー界で、どんな名声を得ることになるのだろうか。

関連記事

ボウ3連勝、ビンカスが表彰台のトゥールーズ

Xトライアル第3戦は南フランスのトゥールーズ。今回も、トニー・ボウが勝利した。ボウは、腕がすぐ疲れるという症状に悩まされているというが、そん…

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。