2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファハルドとオッサとバルセロナ

110204ossa2.jpg

 来週末は、インドアトライアルの中でももっとも多くの観客を集め、もっとも多くの注目が集まるバルセロナで、Xトライアル第3戦が開催される。この大会には多くのトピックがあるが、中でもオッサとファハルドの存在はひときわ脚光を浴びている。オッサにとっても、バルセロナは地元であり、実質的デビューをこの地で飾ろうとしている。
(FIMプレスリリースより)


 オッサは、伝統のブランドである。かつてスペインには、そしてバルセロナには、オッサ、モンテッサ、ブルタコと、3つの大きなブランドがトライアル界を席巻していた。モンテッサは、ホンダからの資本供与で今もトライアル界にその名を残す。ファハルドは、もうひとつの伝統のブランドとともに、モンテッサとトニー・ボウの厚い壁に挑む。

110204ossa3.jpg

 ジェロニ・ファハルド、1985年生まれ。オッサがついに工場閉鎖に追い込まれた、その同じ年に生まれている。25年間沈黙したビッグブランドが、25歳の若きライダーの手によって復活する。バルセロナの民衆にとっては(スペインの民衆ではなく、バルセロナの、カタロニアの民衆)失った国の誇りの復活でもある。
 オッサのファハルドが世界デビューを果たしたのは、マルセイユでのXトライアル第2戦だった(第1戦は2010年のうちに開催されていたため、ファハルドはベータに乗って参戦している)。このときオッサは、アウトドアの世界選手権に臨むような大きなトラックでマルセイユにやってきた。インドアの大会では、ライダーは小さなトラックに自分のマシンだけ積み込んで、コンパクトな遠征を行うのが常だ(マインダーのマシンも必要ないし)。それだけに、オッサが大きなトラックを持ち込んだのは、デビューにかける意気込みが感じられるものだった。
 実はマルセイユの直前、藤波やボウ、カベスタニーが練習しているところに、ファハルドがふらりと現れた。トップライダーが予定を合わせて、あるいは偶然に練習場で出会うことはよくあることだが、オッサ入りが発表になってからというもの、ファハルドがオッサに乗っている姿は、ほとんど誰にも目撃されていない(もちろん公式には2011年になるまではオッサに乗ってはいけないきまりだが、そうそう堅苦しいことは言わないのも、ヨーロッパ流だ)。ライダーの間では、開発に苦労し仕上がりが充分でないから、まだ表に出てこれないのではないかという話がまことしやかにささやかれていたものだ。
 しかし練習場で顔を合わせたオッサのファハルドは、がぜん勢いよく走り始めた。その練習場がファハルドのホームグラウンドであったという点を差し引いても、その走りは素晴らしいものだったと、藤波貴久は証言している。それはオッサとファハルドのデモンストレーションだったかもしれないし、ほんとうに偶然だったかもしれない。しかしそれ以来、オッサへの過小評価はなくなった。デビュー戦から、驚くべき結果を残すのではないか。
 マルセイユでは、ファハルドは藤浪に敗れてファイナル進出を逃しての5位に終わった。藤波にとっては、乗り換えたばかりのファハルドに負けるわけにはいかなかったが、ファハルドにとっても、藤波との一騎打ちはオッサの命運を賭けた勝負になっていたにちがいない。結果は惜敗だった。この結果だけを見て、オッサはまだまだだと評価する者もいるだろう、あるいは意外に走るものだという評価もあるだろう。しかし練習を同じくしたライダー一同としては、このときのオッサとファハルドは、必ずしも実力を発揮していないと見る。多様なコンディションへの対応など、課題も多いのだろうが、テストの結果がそのまま試合に出ていたら、5位という結果に甘んじることはなかったのではないかというのが、皆の評価だ。

1102オッサ

 バルセロナのXトライアル開催地、バラオ・サン・ジョルディ(Palau Sant Jordi)スタジアムは、オッサの工場があるジローナからはわずかな距離にある。バルセロナには、オッサの復活を祝うカタロニアのみんなが集まる。しかしそこには、同じく勝利をめさすモンテッサのボウ、藤波。やはりジローナに工場を持つガスガスのラガ、バルセロナ近郊に工場のあるシェルコのカベスタニーと、強豪がへしめきあっている。週末のバルセロナは、すごいことになるにちがいない。

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る