2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT2011

 2011年SSDTが開催されている。本日は最終日、まだリザルトは出ていないが、ここまでの経過をふり返っておきます。今年のSSDTは、いつもと同じSSDTだけど、実は100周年の記念大会なのだった。
 放射能を浴びたせいか、例年と時間の流れの感覚がちがうせいか、SSDTをやっていたのをすっかり忘れておりました。杉谷が出場していた頃は、毎日疲れたー、たいへんだーと連絡が入ったので忘れるわけにはいかなかったのだけど、今年はついに日本人参加者ゼロということになっています。残念。
 第1回のSSDTが開催されたのは1911年。途中、何回かの開催中止はあったものの、今年は100周年記念大会となったわけだ。参加者は定員いっぱいの270名。スコットランドの荒野は、あいかわらず、ライダーに悪魔の微笑みを投げかけている。

大昔のSSDT

 SSDTのはじまりは、1907年7月に開催された5日間トライアルだった。主催者クラブは今の主催者の前身であるエジンバラモータークラブ。これが1910年には6日間に延長されて開催となっている。
 翌1911年こそが記念すべき年となった。エジンバラモータークラブがほかのモータークラブと合体して、エジンバラ&ディストリクト・モータークラブ(エジンバラとその周辺の……、という意味かな)となり、スコティッシュ6日間トライアルとして開催をスタートさせたのが、この年だ。
 当初は、SSDTのスタート&ゴールはエジンバラで、6日間の過酷なモーターサイクル旅行がSSDTの特徴だった。1938年に、フォートウリアムが新しいSSDTの中心となったが、それでもスタートとゴールはエジンバラのまま。今のようにフォートウリアムがスタート&ゴールとなるのは1977年のことだった。
 当初、産業革命直後のこわれなければそれでよかった時代のモーターサイクルによる壮大な旅のロマンだったSSDTが、タイムペナルティなどの採点を課したゲームとなったのは、1914年以降とされている。今では、停止5点のSSDTは世界のトライアルにあって特別ルールを採用する異端児となっているが、その根底にあるのは、1台のマシンをこわさずゴールまで運び、止まることなく前進し続けるたくましいライダー像だ。SSDTのセクションは、そのほとんどが登りばかりで、そして地形をそのまままっすぐ抜けていくものばかり。大地との戦いは、100年経っても変わることはない。

大昔のSSDT

 今年の目玉ライダーは、いまどきのおじさんおばさんなら知らぬ者はないエディ・ルジャーン。一時は交通事故の後遺症などでたいへんだったのだが、すっかり復活。しかも兄さんのジョン・マリー(エディのサポートを担当していた。サポートライダーの世界的ハシリはこの人)と弟のエリック(日本のトライアルに、チミたち自転車から始めなきゃいかんよという風潮を敷いたのは、少年時代のこと人だった。今はお腹でっぷりのただのおっさん)との3人での出場だ。
 今年のSSDT、日本人の参加が一人もなかったのはさびしいが(100回大会とあって、抽選も厳しかったと思われる)、イギリスの誇るいつものライダーたちは、いつものように顔をそろえている。
 ドギー・ランプキン、グラハム・ジャービス、ジェイムス・ダビル、マイケル・ブラウン、アレックス・ウイグ、ジャック・チャロナーら、世界のトップライダーたち(ジャービスはトライアルは引退しているけど、SSDTではまだまだ健在)。かつて世界選手権にも参戦、SSDT優勝経験もあるサム・コナー、スコットランドの星、ギャリー・マクドナルド。ドギー・ランプキンとは親戚で、マインダーなどを担当したこともあるジェイムス・ランプキン(従兄弟)、ベン&ダン・ヘミングウェイ、ドギーの弟のヘンリー。
 イギリス人ではないけれど、この人のことも忘れてはいけない、SSDT優勝経験もあるアモス・ビルバオ。
 初日5月2日は、マイケル・ブラウンとドギー・ランプキンの二人がオールクリーン。でも、6日間の戦いは、長く厳しい。

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る