2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

最終戦はフランスに

FIMカレンダーPDF

クリックすると、FIM発行のPDF書類を参照できます

 日本の地震の影響などがあって、スケジュール変更が忙しい2011年のレースカレンダーだが、さらにここへきて予定変更。
 最終戦ポーランド大会が自然災害で中止となって、そのかわりにフランスでもう一度世界選手権が開催される。日本大会の翌々週という日程だ。


 ポーランド大会は、去年、トライアル・デ・ナシオン(TDN)が開催された会場。ところがポーランドは、今年5月に大雨に見舞われ、死者もでる被害が出た。TDNの開催された街には直接の被害はないようだが、全ポーランド的な災害発生で、大会開催は不可能となったというわけだ。
 ポーランド大会は、今年の最終戦だった。もともと最終戦として組まれていた。
 自然山通信のサイトには、去年の6月に発表された2011年のカレンダーが(まだ)残っているから、これを見ると感慨深い。そのページはこちら。
 日本大会はドイツ、フランスに次ぐ第3戦として組まれていて、いつキャンセルになったのかわからないブラジル大会なども組み込まれている。
 最終戦ポーランドが中止になると、地震の影響で8月にスケジュールが移動してきた日本大会が最終戦ということになる。日本大会の最終戦は2002年以来で、これはこれで楽しい大会が見られそうだったのだが、しかしそうなると、今年の世界選手権は全7戦9試合ということになる。ちょっと物足りない感じは否めない。
 それでFIMと関係者は急遽調整。フランスのIsala2000という会場で、2日間制の世界選手権が開催されることになった。これで2011年の世界選手権は、8戦11試合で争われることになった。
 ライダーは、日本での開催を楽しみにしている一方で、飛行機代をかけて(今年は8月の開催だから、例年よりチケットが高い)時差ボケと戦いながら、その結果、日本の強豪の前に無得点に終わるという徒労を恐れている。今年の世界選手権セニアクラスは、ポイントが与えられる15名以上の参加があることが珍しく、それに比べると日本大会はリスクが大きい。
 ヨーロッパでは参加者が多いジュニアクラスやユースクラスは、別の理由もある。この2クラスは有効得点といって、得点が少なかった2大会を成績から除いて集計するシステムとなっている。今年は最終的に11戦での戦いだから、カウントされるのは9戦。1戦でも落とせない、欠席できないというシステムではないわけだ。しかも最終戦となれば、タイトルを含め、ランキングの行方もあらかた決まってしまっている。日本大会をキャンセルしても、大勢に影響がないということになる。
 しかしこれでは、どうもおもしろくない。最終戦がフランス大会になって、日本大会の時にはまだ選手権の行方が混とんとしている状況になる可能性が大きくなった。日本大会は最終戦でなくなって、選手権らしい戦いとなるにちがいない。

関連記事

  • インドア第1戦はラガ

  • 08年型モンテッサ

  • 2001年のラガ

    ガスガスのその後(2015年6月現在)

  • 1408原瀧山ポスター

    9/7全日本中国大会

  • 自然山通信が静岡のテレビに出るらしい

  • フレイシャonスコルパ

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

1月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強…

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。