2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウに土。ラガ勝利のイギリス

1107イギリス大会表彰台

 ガスガスのエース、アダム・ラガが、4連勝中のトニー・ボウを破った。今シーズン2勝目。すでにボウのチャンピオンシップでの優位は圧倒的だが、ラガは元チャンピオンとして、ボウの独走に待ったをかけたかっこうだ。
 舞台はスコットランドのフォートウイリアム。滑る滑るコンディションで、ラガがボウに対して得たリードは、たった1点だった。しかし、立派な勝利だった。
 世界選手権イギリス大会がこの地を会場に選ぶのは去年に続いて2度目。主催にはずいぶんお金がかかっていて、プロモーション活動も立派だったが、しかしお客さんはというと、主催者が期待していたほどには来てくれなかったようだ。
 去年とちがったのは、今年のイギリス大会は日曜日だけのワンデイイベントだったこと。スコットランドは、ヨーロッパ大陸からはけっして近くない。ライダーとファクトリーは、たった1日のために、巨額の遠征費を使ってやってこなければならなかったのだ。お客さんは5000人を越えた。その数字自体は、悪くない数字だったと思われる。

1107イギリスで優勝のラガ

このイギリス大会は、なによりもスコティッシュ6日間トライアル(SSDT)のスタート&ゴール地であるフォートウイリアムで開催されるというところに意義があった。お天気も、まさにスコティッシュ・ウエザー。ときに晴れ、ときに霧雨。かと思えば豪雨。お天気によって刻一刻と変わってしまう路面のグリップは、ライダーにとって最大の懸案となった。もともとスコットランドの岩々は、猛烈にグリップが悪い。
 こんなコンディションでは、多くの場合、先行のライダーやマインダー連中が、岩の表面の苔を必死で落として、ライダーの走破を助けていたものだ。しかし今日、レギュレーションによってそういったことは禁止されている。となれば、この大会で最初に走らなければいけないライダーは、その成績に多くを望めないのは誰の目にも明らかだった。
 第3セクションと第7セクションで、ボウは最後のポイントの岩にさしかかったところで突然グリップを失って滑り落ちてしまった。セクションは滑りやすいだけでなく、どれもまた、とてもとても長かったのだ。
 ボウはその前、第6セクションではさすがのライディングを見せていた。ここを1点で抜けたのはボウだけだ。90秒のトライ時間をめいっぱい使って、困難極まるこのセクションを駆け抜けたのだが、しかし序盤でふたつの5点を喫していたのは痛いところだった。
 今回は、多くのライダーが1ラップ目の持ち時間をめいっぱい使い、そしてタイムオーバー減点を加えることになった。岩の状態が良くなるのを待った結果だったともいえる。藤波もそんな戦い方をした。

1107イギリスの藤波

 藤波は序盤は抜群の走りで試合をリードしていったが、1ラップのタイムオーバー減点は4点。これがなければ堂々の単独トップを奪っていたところだった。タイムオーバーを加算すると、ラガと同点の18点になった。ラガのタイムオーバー減点は、わずか1点だった。
 ボウは、この二人に遅れること3点の21点で1ラップ目3位。4位はカベスタニーの25点だった。

1107イギリスのボウ

 2ラップ目、ボウの逆襲が始まった。ボウは2ラップ目中盤にはラガをとらえてトップに浮上。しかし試合終盤、小さなミスがあいついだ。12セクションで2点、13、14で1点を失ったボウは、これでラガにチャンスを与えてしまった。ラガは第8セクション以降をすべてクリーンして、ゴールに飛び込んだ。結果は1点差。ラガの今シーズンふたつめの勝利となった。
 藤波には、疲れが目立っていた。これでは、1ラップ目の再現はむずかしい。しかしよく踏ん張って、3位争いには勝利した。3位争いのライバル、カベスタニーとはわずか1点差だった。1位2位の点差も1点、3位4位の点差も1点だった。
 ラガに2勝目を許したボウだが、しかしいまだチャンピオンシップではボウが大きくリード。ボウとラガのポイント差は、15点となっている。
 次なる戦いは日本のツインリンクもてぎとなる。

■世界選手権

2011WCT6ワールド結果

クリックするとPDFのセクションごとの結果が開きます

■ジュニアクラス

2011WCT6ジュニア結果

 去年のユースチャンピオンのポル・タレスが、このクラスで初優勝。ポイントリーダーのアルフレッド・ゴメスは今回は2位だった。ゴメスのタイトル争いのライバルはフランチェスク・モレは今回は3位。ゴメスとモレとの点差は19点となっている。2連勝したアレキサンドレ・フェラーは今回は4位に終わっている。

■ユースクラス

2011WCT6ユース結果

 ジャック・シェパードが今シーズン5勝目。チャンピオン争いのライバル、セドリック・デンピエルは4位にとどまったので、ランキングポイントではシェパードがさらに7点テンピエルを突き放した。シェパードのリードは、15点となっている。
 次はいよいよ栃木県ツインリンクもてぎでの日本GPだ。8月20日/21日!


Photo & Report : Mario Candellone

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

ページ上部へ戻る