2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、桁違い。Xトライアル開幕

 2012年の世界選手権が開幕した。まずはXトライアル。いわゆるインドア世界選手権だ。ノミネートライダーによるショーとしての味わいも深いトライアル勝負。
 しかしこの勝負、いよいよトニー・ボウの圧倒的強さが際立っている。開幕戦、ドイツ国境に近いフランスのストラスブールでは、ボウの減点がたったの2点なのに対して、2位のラガが21点と、まさに桁のちがう強さを見せつけた。
 藤波貴久はファイナルに残り、2位争いの末、4位。3位カベスタニーと同点の22点だった。

1201XトライアルR1優勝のボウ

Phoro : G2F / F.I.M.

 ルールは昨年同様。最初に全員でクォリファイラップを走る。今回は5セクションを5分間の設定。持ち時間をすぎるとペナルティがある。この減点によって、上位6名かセミファイナルに進出。7位以下はここで敗退だ。同点の場合は、同点決勝が行われる。セクションひとつだけの勝負だ。
 セミファイナルは、最初にダブルレーン。クォリファイの結果に準じて一対一で勝負をする。勝てば減点ゼロ、負ければ1点。
 これに続いて4セクションを走って減点数を競う。クォリファイとちがって、セクションをひとつずつ全員で走っていく。トライ順はクォリファイの下位からになる。持ち時間は1セクションごとに1分。これをすぎると30秒に1点ずつ減点だ。
 これで順位が決まると、上位4名がファイナルに進出する。2名はここで敗退となる。
 ファイナルは、最初に総当たり戦でダブルレーン。ひとりが3回ずつ走ることになる。
 続いて3セクションを使って最後の決戦。勝負は、セミファイナル、ダブルレーン、そしてファイナルの3セクションの減点をすべて足して競われる。これで同点になった場合は、クォリファイの結果が上位のものが、上位となることになっている。

1201X_1_r.jpg

リザルト。クリックすると、PDFファイルが開きます

 クォリファイをラガと同様にオールクリーンしたボウは、セミファイナルでもオールクリーン。ファイナルのダブルレーンで藤波に負けて1点減点をとり、ファイナルの二つ目のセクション、全員が5点となったセクションをクリーンして、タイムオーバーの1点。合計2点で試合を走りきってしまった。どちらも足つきの減点ではないから、この試合、ボウはついぞ一度も足をつかなかったことになる。
 クォリファイの結果を見ると、ラガがもうちょっとボウに迫ってもよかったような気もするが、ダブルレーンで3点の減点をし、クォリファイで抜けられたセクションで5点になるなど、ちょっと不本意なところもあったようだ。
 ファハルドはベータでの復帰第一戦となるが、好調だったクォリファイから一転、ダブルレーンでカベスタニーに敗退して1点を失うと、クォリファイでは1点で抜けていたセクションで5点になって、ファイナルには残れなかった。
 藤波はクォリファイを6位と最後の一席でセミファイナルに進出したが、そこから2位に肉薄する戦いぶりを見せた。最終的には2位ラガに1点差、3位カベスタニーとは同点だったが、同点の場合はクォリファイの成績に準じるというルールにのっとり、4位に甘んじている。

1201XトライアルR1のボウ
1201XトライアルR1のラガ
1201XトライアルR1のカベスタニー
1201XトライアルR1の藤波
1201XトライアルR1のファハルド
1201XトライアルR1のグビアン
1201XトライアルR1のブラウン
1201XトライアルR1のゴメス

Xトライアルのノミネートライダーたち。左上から、トニー・ボウ(モンテッサ・スペイン)、アダム・ラガ(ガスガス・スペイン)、アルベルト・カベスタニー(シェルコ・スペイン)、藤波貴久(モンテッサ・日本)、ジェロニ・ファハルド(ベータ・スペイン)、ロリス・グビアン(ガスガス・フランス)、マイケル・ブラウン(ガスガス・イギリス)、アルフレッド・ゴメス(モンテッサ・スペイン)。みんなが揃ってバッテンしているのは、ダメ出しているのではなく、XトライアルのXです。念のため

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る