2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. リザルト関東
  8. 1日目優勝のファハルド
  9. イベント(大会)
  10. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  11. リザルト東北
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト四国
  16. リザルト中国
  17. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  18. 全日本R3九州までのランキング
  19. 全日本R3九州リザルト
  20. 2018EMと成田匠.fr
  21. MFJトライアル
  22. 1805電子版
  23. 2018年5月号
  24. リザルト近畿
  25. ムーブレバー
  26. トムス新製品
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト四国
  32. リザルト関東
  33. 2017お勉強会
  34. TY-Eデビューラン
  35. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  36. 自然山通信電子版4月号
  37. 自然山通信2018年4月号
  38. リザルト中国
  39. リザルト中国
  40. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  41. リザルト関東
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト関東
  47. リザルト四国
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. 2018年3月号電子版
  52. 2018年3月号
  53. 1802木彫山本さん
  54. HOSTAL DEL GUIU
  55. イベント(スクール)
  56. 2018 TRRS RAGA RACING
  57. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  58. イベント(スクール)
  59. イベント(スクール)
  60. リザルト沖縄
  61. イベント(スクール)
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

電気時代到来!?

EM5.7

Photo:FIM/GoodShoot

 世界的に、エレクトリックの時代が押し寄せている。
 フランスから届いたのは、エレクトリック・モーション製のトライアルマシン。この写真は、Xトライアル最終戦パリ大会での一コマ。トライアルマシンでのバックフリップといえば、ジュリアン・ディポンか野本佳章か、ということになっているが、EMで華麗にバックフリップを決めたのはクリストフ・ブルオン。野崎史高とともにスコルパで世界選手権を戦っていたフランス人ライダーだ。

EM5.7

 このマシン、スコルパの前社長のフィリップ・アレステンが開発したもので、ブルオンが乗っているのも、スコルパ時代にできたリレーションシップだ。
 エンジン音もない、排気煙をあげることもないEM5.7が、ブルオンのライディングでくるりと宙を舞った時の、それを見守る世界に冠たるXトライアルのトップライダーの表情は、なかなか見物であったという。
 いまのところ、2時間弱の充電で、最低40分、最大180分走行が可能というEM5.7だが、同じくクリストフ・ブルオンのライディングで、フランス選手権にもゲスト参加を始めている。フランスでは、電動トライアルマシンが急速にコンペティションの現場に進出しつつあるようだ。

EM5.7

 電動トライアルバイクというと、小さな子ども用という印象だったが、これは21インチ/18インチのフルサイズ。通常のマシンのタンクの下の部分、シリンダーヘッドが位置するあたりは、びっしりとバッテリーが積まれている。大きなバッテリーを積んでの車重は72kg。最軽量の2ストロークモデルと比べると少し重いが、開発が始まったばかりであることを考えれば、将来には大きな期待が持てる仕様でもある。
 日本でも、電動トライアルバイクの参加は打診を受けている。現状では、マシンの仕様の問題やエンスト停止足つきでの5点をどう解釈するかなど、電動トライアルマシンが実戦に参加するのは課題もあるとのことで、まずは賞典外での実験的参加が望まれている段階だ。
 エレクトリック・モーションでは、市販はそう遠くないと展望している。

EM5.7諸元表
モーター 直流ブラシレス
電源 14ch
トルク 22Nm
ドライブ チェーン
冷却 空冷
最高速度 55km/h
航続時間 40分から180分
電池 48V25Ahリチウムポリマー
充電時間 最大110分
ライフサイクル 1000回
フレーム 鋼管25CD4S
フロントフォーク 油圧式
リヤサスペンション リンク式
フロントブレーキ 油圧式182ミリ
リヤブレーキ 油圧式150ミリ
ホイール・タイヤ 1.5 “×21″/2.15 “×18”
ホイールベース 1340ミリ
地上高 320ミリ
車重 72キロ

関連記事

イベント(大会)

7/22わびさびトライアル大会

トライアルチーム「嵐山不老天狗」より、わびさびトライアル大会開催のお知らせです。 7月22日、山梨県笛吹市での開催です。 (さ…

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

ページ上部へ戻る