2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. MFJトライアル
  3. EXスポーツ FIMトライアル放送
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. 全日本第4戦中国大会レポート
  8. 三谷モータースポーツ新製品
  9. ガスガス用ラジエタープラグ
  10. 動画チャンネルR4中国
  11. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  12. 全日本第4戦中国大会リザルト
  13. リザルト関東
  14. MFJトライアル
  15. 自然山通信6月号電子版
  16. 自然山通信6月号
  17. イベント(その他)
  18. 2017 X-TRIAL DVD
  19. 2日目ボウ
  20. 予選
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(スクール)
  27. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  28. リザルト東北
  29. Honda トライアルファンミーティング
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. 2017玖珠全日本
  34. イベント(大会)
  35. 2017 Hondaトライアルミーティング
  36. MFJトライアル
  37. MFJトライアル
  38. リザルト東北
  39. リザルト関東
  40. 自然山通信5月号
  41. イベント告知
  42. 2017年5月号電子版
  43. MFJトライアル
  44. Vertigo TITANIUM
  45. リザルト関東
  46. リザルト近畿
  47. S3 TENT
  48. リザルト関東
  49. リザルト沖縄
  50. リザルト中国
  51. S3 CURVE
  52. 近畿大会レポート
  53. リザルト中国
  54. リザルト関東
  55. リザルト関東
  56. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  57. 2017年4月号
  58. 2017年4月号
  59. HRC ハンドルアッパーホルダー
  60. リザルト中国
  61. リザルト中国
  62. リザルト近畿
  63. リザルト関東
  64. TRS用クラッチ
  65. 自然山通信4月号
  66. ステンメッシュオイルフィルター
  67. リザルト中国
  68. リザルト沖縄
  69. リザルト関東
  70. リザルト中部
  71. リザルト関東
  72. Montesa 300RR
  73. リザルト近畿
  74. イベント(大会)
  75. 2017X2オーストリア
  76. トムスストロングガードTRS用
  77. 自然山通信2017年3月号電子版
  78. 自然山通信2017年3月号
  79. リザルト中部
  80. モータースポーツ活動計画発表会
  81. 2017 Scorpa Racing SC250
  82. イベント(大会)
  83. MFJトライアル
  84. リザルト中国
  85. リザルト関東
  86. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 5日目

2012SSDTオープニングのダビル

スタート前日のパレードで、亡くなったディエゴ・ボシスを偲ぶジェイムス・ダビル Photo:G2F

 5日目になって、ドギー・ランプキンのトップは変わらず。しかしドギーも、そんなに安泰ではなくなっている。トップ3人が1点差ずつで並んでいるからだ。あと1日だけど、1日で5点くらいだったらほんの少しの気持ちの変化ですぐついてしまうから、まだまだ戦況はわからない。

2012SSDTマイケル・ブラウン

同じくパレードでのマイケル・ブラウン。フォートウイリアムの古い町並みとマイケルの笑顔のコントラストがステキ Photo:G2F

 ドギーの減点は、この日は5点で、トータルが12点になった。5日で12点だから、1日3点までいかないということだ。1セクション平均3点だってたいへんなことだと思うんだけど、すごいやつらはいるもんだ。これ、単にセクションを走るだけなら、SSDTのセクションをオールクリーンする日本人ライダーはいっぱいいると思う。少なくともIAライダーならそれくらいはやってくれると思うんだけど、SSDTというところはそうじゃない。100kmとか200kmを走って、時間に追われて、それでセクションを走る。こんな状況で実力通りのパフォーマンスが発揮できたら、すごいことなのだ。イギリス人トライアルライダーは、子どもの時からSSDTにあこがれて育っている。今回最年少は17歳。こんなガキが、30年、40年と出場し続けておっさんになっていくのだから、日本からぽっとやってきた並のおっさんがきりきり舞いとなるのも当然なのだった。
 このドギーに続いて、5日目にして2位に進出してきたのが、これまで2回SSDTで勝利しているジェイムス・ダビルだった。この日はオールクリーン。一気にトータル13点でドギーに1点差だ。
 毎年、金曜日はペニンシュラの日。ペニンシュラは半島という意味だけど、フォートウイリアムの西南側に位置する半島部分を一回りするという設定。そのほかの5日間がすべて北東側の荒野だから、景色もちがうし、そうそう、半島に渡るのにコランフェリーというのに乗っていくんだけど、ノルマンディ上陸作戦みたいな船にトライアルバイクが乗っている写真を見たことがある人も少なくないんじゃないだろうか。あれが、SSDTの金曜日のハイライトだ。半島だから、地続きでいけないことはないんだけど、おそろしい遠回りになるので、みんなフェリーに乗って対岸へ渡る。
 で、SSDT通によると金曜日は休息日なんて言われ方をする。なんでも、この日はちょっと簡単、ということなんだろうけど、日本人参加者に聞けば、休息なんてとてもじゃない。SSDTはSSDT、ということになる。どっちがほんとなのか、自分で走ってみないとわかんない。きっと日本人のみんながいっていることの方がほんとだと思う。イギリス人は、だいたいサディスティックですからね。
 それでダビルが2位に浮上。3位はマイケル・ブラウン。マイケルはきのうの10点から今日は4点取って14点。ダビルに抜かれて3位となった。休息日といったって、ドギーが5点、マイケルが4点取ってしまうところだから、地形の難易度やコースの長さ、過酷さとは別に、精神的な厳しさはあんまり変わらないということだ。
 マイケルに続くは、ジョルディ・パスケットが21点。ちょっと離されてしまった。最終日1日で9点を挽回するのはなかなかむずかしい。前半3日間をオールクリーンしたパスケットだけど、どうも今年もやっぱり勝てないらしい。4日目に足をつき始めて、ガタガタっときちゃったかな。木曜日にはじめて減点したと思ったら13点。次の日に8点。3日間オールクリーンしなくてもいいから、毎日2点ずつついていれば、今でもトップなんだけど、それは荒野から遠いところから思いをはせている無責任な外野だけが思っていることかもしれない。
 5日目になって、一桁減点で帰ってくるライダーはごく少なくなった。5日分の疲労かもしれないし、集中力がどこかへいってしまったからかもしれない。この日の一桁減点は全部で10人くらいしかいないんだけど、その中で、ジャック・チャロナーが6点で回ってきた。それでもトータルは42点で、優勝争いからは完全に脱落しているけど、優勝うんぬんでなく、SSDTとトライアルは最後まであきらめてはいけない。気を抜いてると、もっととんでもないことに(成績が落ちるということじゃなく、泥沼に落ちて抜け出せなくなったり)するかもしれない。
 女子の争いは、オッサのワークスライダーとなって2年目のエマ・ブリストがトップを守っている。この日は47点でトータル188点。オーバーオールで64位だから、たいしたものだ。日本のIAクラスが出場すると、だいたいこのへんに入ってくる。いいペースで走れると30位前後に入ることもあるけど、SSDTに限っては、エマは日本のIA並の実力を持っているといっていい。
 女子2位はベッキー・クック。彼女は世界ランク2位で、ライア・サンツに次ぐ実力者なんだが、最近はエマにやられることが多くなってきた。現在229点でオーバーオール90位。
 日本勢はふたりはタイムオーバーで失格となっていて、4日目は走ったけど、5日目は記録がない。やっぱり失格宣告をされると気持ちが萎えるから、1日休養して最終日にまた走ろうかな、なんて作戦を立ててしまうものらしい。少なくとも、今までの経験者はそういう人が多かった。

2012SSDT伊藤さん

伊藤さんのセクショントライ。Photo:G2F

 ボイタさんのことを紹介したけど、日本のお二人はそのボイタさんと仲良しの成績だ。ボイタはこの日137点でトータル666点。一方杉浦さんはこの日173点でトータル710点。タイムオーバーが33点あります。60分までは失格にならないから、タイムオーバーも上手に使う作戦が必要になるのかもしれません。もちろんタイムオーバーなしで帰ってこれればそれがいいんだけど。伊藤さんは杉浦さんのすぐうしろの234位。この日の減点164点でトータル716点。この日のタイムオーバーが36点。あと1日になったから、ぜひこのまま完走していただきたいものです。
 ちなみにSSDTは、かつてはこれでもかというくらいにストイックで、整備も自分でやらなきゃいけないし、セクションを飛ばしたら50点。申告エスケープは認めない、なんてなってたんだけど、今はサポートがタイヤ交換とかをやってくれるようになった。セクションを飛ばしたら50点は変わらないけど、すいません、5点くださいというのはありになった。もっともSSDTのセクションはコースの途中にあるものが多くて、申告5点をもらってもそこから抜け出すのに結局セクションを通らなきゃいけないので、それでうんと楽になるかというと、そんなこともないんですが。
 さぁあと1日です。スコットランドを思いながら、あしたは全日本の九州大会もあります。

関連記事

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

イベント(大会)

10/29遠軽草大会・秋

北海道では、雪解けにはまだ時間がかかりそうです。 遠軽草大会・2017年、2回の開催の日程です。 主催:遠軽トライアルクラブ …

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。