2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

女子世界戦はじまる

1207女子アンドラのライア・サンツ

ガスガスに乗るライア・サンツ。まず2勝をあげる

 2012年女子世界選手権シリーズが開幕。ガスガスに移籍したライア・サンツが順調に2勝した。去年のジュニアチャンピオン、アルフレッド・ゴメスの妹のサンドラ・ゴメスがランキング2位。スペイン勢が好調だ。オッサのエマ・ブリスト、ベータにマシンを変えたレベッカ・クックが3位、4位につけた。

1207女子アンドラのゴメス

2位と3位でランキング2位のサンドラ・ゴメス

 2012年女子世界選手権第1戦は、6月23、24日にアンドラ公国で開催された。男子世界選手権の開催日と同じ。この週末、アンドラでは男子の4カテゴリーと女子と、たいへんにぎやかなトライアル・ウィークエンドとなっていたわけだ。
 ライアは今年26歳。先シーズン限りで長く在籍したモンテッサチームを離れ、ガスガスに移籍。エンデューロやレイドなどに活躍の場を広げていた。しかし冬の間にひざを負傷して、現在はケガからの復帰の最中だ。これまで、女子世界選手権では11回のタイトルを獲得。今シーズンは12個目のタイトル獲得への挑戦となっている。2012年女子世界選手権は、全部で3大会、最終戦はワンデイイベントだから、全5戦で開催される。
「一番じゃなきゃ、意味なんかない。2位や3位じゃしょうがない」
 とライア。過去にライアは、たった1セクションを失敗しただけで、チャンピオンをとり逃したことがある。2007年、イリス・グラマー(現在は引退している)に破れたそれは、たいへん悔しいことだったにちがいない。
「今は、新しい体制で戦うことがとても幸せ。モンテッサとの関係は、ずいぶん長かったから、なにかを変えるにはいい機会だった。問題といえば、ここ数ヶ月戦っているひざのケガの問題があるけれど、それは日に日によくなっている。マシンとの相性もぐんぐんとよくなっているし、トレーニングもしっかりやっています」
 ライアが初めて女子世界選手権に勝利したのは、2000年のこと。彼女がたった14歳の時だった。以来、2007年をのぞき、女子のトップで君臨し続けるのは、やはり容易なことではない。

1207女子アンドラのブリスト

オッサワークス、エマ・ブリストは土曜日に2位

 さてアンドラに集まったのは、8つの国からの16名の女性たち。16歳から46歳までと、年齢も幅広い。
 打倒ライアの最右翼は、昨年ランキング2位のブリスト。2006年に13位で選手権への挑戦をスタートさせてから、ランキング2位の座まで到達した。

1207女子アンドラのクック

昨年ランキング2位のレベッカ・クック。今回はちょっと不調

 ブリストにランキング2位を奪われてしまったのが、同じくイギリスのレベッカ・クック。2006年からは表彰台の常連となり、2008年から2010年までランキング2位を続けている。今シーズンの、ベータへの乗り換えが成績にどう反映していくだろうか。
 その他、トップグループを形成するだろうと思われるのが、フランスのサンドリーン・ジュフェ。今シーズンからJTGに乗って新たな挑戦をスタートさせる。去年は1度だけ表彰台に乗って、ランキング4位となった。スペインのサンドラ・ゴメスはコンスタントに4位と5位に入り、ランキング5位を獲得した。

1207女子アンドラの最年少

最年少の16歳はイタリア娘。
1207女子アンドラの最年長

最年長は46歳。フランスマダム。

 イタリアのエリサ・ペレッティ(ガスガス)はまだ16歳(来月17歳になる)で、今回の最年少。彼女もライアと同様に、14歳でデビューをしている。フランスのブランディーン・ギロウは、エリサとは30歳差で、今回の最年長となる。
 そしてまず土曜日、ライアの勝利は、まったく問題がなかった。14セクション2ラップ、その減点は、たったの3点、2ラップ目は、1点だけだった。
 2位はブリスト。両ラップを一桁減点でまとめたのはいい走りっぷり。ただしトップにはやっぱり届かなかった。3位は、ゴメス。彼女はこれが初表彰台だ。ライアに続くスペイン勢ナンバー2。彼女はまだ19歳だから、これからの成長が楽しみだ。ゴメスはフランスのジュフェと接戦、最終セクションまで勝負がわからない展開だった。
 ジュフェは22歳になったばかり。ゴメスには2点差で表彰台を逃したが、ゼッケン2のクックには3点差で勝利した。JTGでの初大会は、悪くない結果となったようだ。
 クックの5位は、さぞや不本意だったことだろう。3位まで5点差。熾烈な3位争いに敗れた26歳だった。

1207女子アンドラのスコルパ

オレンジのスコルパも走っている。こちらもイタリア娘

 6位はスペインのマレイア・コンデ、7位にオーストラリアのクリスティ・マッキノンが入っている。南半球からの長旅だったが、マッキノンは自身最高位の結果を残した。
 明けて翌日曜日、やはり勝利はライア・サンツのものとなった。この日は前日以上に点差が開いての勝利だった。ライアの減点は両ラップともに3点。2位にはゴメスが入ったが、その減点25点。圧勝だった。ゴメスは昨日に続き、自己最高位を更新している。
 3位はクック。前日の低迷から表彰台復活だが、ゴメスと同点の1点の数の差での3位だから、ちょっとくやしい結果となった。

1207女子アンドラのオーストラリアの人

はるばる南半球から遠征。オーストラリアのクリスティ

 ブリストは4位。2位以下が土曜日と日曜日で割れた結果、ライアのチャンピオンシップのリードはいきなり8点。ランキング2位はゴメス。さらに2点差でブリストとなっている。
 女子世界選手権は、このあと3ヶ月のインターバルを置いて、スイスで3試合開催される。最終戦はトライアル・デ・ナシオンの前日の金曜日になる。
■結果

1207女子アンドラ土曜日結果

土曜日の結果
1207女子アンドラ日曜日結果

日曜日の結果

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。