2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ウイグ、Futureへ

Futureロゴ

 2006年ユースチャンピオンのアレックス・ウイグが、2008年はフューチャートライアルチームに所属して、モンテッサに乗ってジュニアチャンピオンを目指すことになった。
 フューチャートライアルチームは、小川毅士が2005年2006年と走っているイタリアのチーム。ウイグはイギリス人だが、チームにはイギリス人の先輩ジェイムス・ダビルがいる。


 ウイグは現在17歳。2007年はジュニアクラスに昇格したが、年齢的に125ccを越えるマシンには乗れないため、250cc以上のライバルに対して、125ccで奮闘していた。2007年のジュニアチャンピオンはご存知の通りマイケル・ブラウン(ベータ)だが、ジュニアクラス初年度で125ccマシンということを考えれば、実力的には高い評価を与えられるものだ。
 ちなみに、ブラウンもイギリス人。ジュニアクラスでは、2006年にダビル、2007年にブラウンと、イギリス人が連覇を続けている。はたしてウイグはイギリス人3連覇を達成できるか。2007年のランキング2位で、ブラウンは世界選手権に昇格してしまうから、順当に行けばウイグのタイトルはかたいのだが、なにが起こるかわからないレースの世界では、注目していきたいトピックだ。

07ウイグ

 ウイグは、ジュニアカップシリーズの他、SSDTにも出場する。若いが、SSDTでも上位を狙える実力とノウハウを持っているだけに、300ccのフィーチャー・モンテッサを得て、こちらでも活躍が期待できるものだ。
 ウイグはデビュー以来、9年間にわたってガスガスを愛車としてきた。ガスガスは、将来有望の若手を失うことになってしまった。一方、イギリスのモンテッサのインポーター、キャロライン・サンディフォードは「世界選手権での活躍はもちろんだが、イギリス国内のことを考えても、ジェイムス・ダビルとアレックス・ウイグという二人の素晴らしい若手を得たのは、たいへんに心強いことだ」と今回の契約を喜んでいる。
(フィーチャートライアルチームのリリースより)

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る