2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

X-TR、開幕戦はボウ辛勝


FIM-LIVEのダイジェスト動画。有料フルバージョンもあります。

 1月5日、FIM Xトライアル第1戦は、イギリスのシェフィールドで開催された。イングランド島のほぼ真ん中、ビートルズの出身町であるリバプールに近い。
 勝利したのはやっぱりトニー・ボウ(モンテッサ)。その強さは今年も揺るぎない。しかしその実、ボウの勝利は最後の最後までわからなかった。アルベルト・カベスタニー(シェルコ)がファイナルではボウを猛追。その差、わずか1点での、ボウの勝利となった。去年のシーズンはほぼ全戦を圧勝したボウだったが、今シーズンはどうなるのか。まずは、開幕戦でボウにあと一歩まで詰め寄ったカベスタニーに殊勲賞だ。

1301Xボウ
1301Xフェレル

優勝のボウと5位を獲得したフェレル

Photo : Good-shoot.com/FIM

 3位表彰台に上がったのはジェロニ・ファハルド(ベータ)。ファハルドは昨シーズンにベータに再移籍。その最初のシーズンとなったXトライアルシリーズはさんざんな成績だったが、今シーズンはほぼ実力通りの結果を残せたといえるだろう。
 結果、表彰台はスペイン勢の独占となった。当然といえば当然。イギリス勢や日本勢(といってもたったひとりだけど)が表彰台を獲得することは不可能ではないが、インドア慣れや選手層の厚さから、スペインの牙城を崩すのはなかなかに困難と思われる。
 と、今回の表彰台を逃したアダム・ラガの動向はといえば、なんとクォリファイ敗退、7位に沈んでいる。藤波貴久(モンテッサ)はセミファイナルに進出して6位だった。
 2013年Xトライアルには、7名のライダーがノミネートされている。チャンピオンのボウをはじめ、カベスタニー、ラガ(ガスガス)、ファハルドの4名のスペイン勢、藤波、チャロナー、そして昨年のジュニアチャンピオン、アレッシャンドレ・フェレル(シェルコ)。
 さらに今回は、地元イギリスからジェイムス・ダビル(ベータ)とマイケル・ブラウン(ガスガス)の2名と、イタリアのマテオ・グラタローラ(ガスガス)を加えて総勢10名で開催された。スペイン4名、イギリス3名、日本、フランス、イタリアが1名ずつ、ベータとガスガスが3台ずつ、モンテッサとシェルコが2台ずつという概要だ。

1301Xファハルド?

たぶんファハルドだと思う。ベータであることはまちがいない

Photo : Good-shoot.com/FIM

 クォリファイを楽勝で通過したのはボウ。5セクションを2点で走り抜けた。続くはファハルドで9点だったが、カベスタニーが10点、ダビルが11点、藤波とフェレルが12点と続く。ここまでの6名かセミファイナル進出。13点のラガは、14点のブラウンや18点のグラタローラ、チャロナーとともにここで試合を終えることになった。
 同点のグラタローラとチャロナー、藤波とフェレルは同点決戦のセクションを走る。グラタローラとチャロナーはこれが最終順位となるし、藤波とフェレルはファイナルで同点だった場合に、クォリファイの結果が最終結果に反映されるからだ。グラタローラとチャロナーはタイム差でチャロナーの勝ち、フェレルは藤波に勝利するため急いだか、1点をついてしまって藤波の勝ちとなった。

1301XTRクォリファイ結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います

 セミファイナルでは、6名から4名に絞られる。最初のダブルレーンは6位と5位、4位と3位、2位と1位が決戦する。勝ったのは藤波、カベスタニー、ボウだった。フェレル、ダビル、ファハルドが1点減点として、残る4セクションで勝敗を決する。
 ここでは、ボウがオールクリーン。減点ゼロでファイナルに進出した。続くはカベスタニー。最終セクションのタイムオーバー(持ち時間を30秒すぎるごとに1点減点)の1点減点のみ。ファハルドは第2セクションで1点減点、最終セクションで2点減点のタイムオーバー減点が2点、さらにダブルレーンでの1点を加えて、全部で5点でファイナル進出となった。
 残るは藤波とフェレルとダビル。去年のノミネートライダーの意地をかけて藤波がファイナルに進出したいところだったが、藤波は第1セクションで2点減点。ここはフェレルは5点だったがダビルはクリーン。これで戦況はダビルに傾いた。残る3セクションはダビル、藤波とも5点だった。ところが第2セクションをフェレルがクリーン。フェレルは昨シーズンからXトライアルで活躍を見せ始めていたが、その走りが本物なのを再確認させられた。

1301X会場

会場。ダブルレーンは、クルマを踏み越えていく設定だ!

Photo : Good-shoot.com/FIM

 藤波、フェレル、ダビルの3人は、4セクションのうち3セクションで5点。これに藤波は第1での2点、フェレルとダビルはダブルレーンでの1点減点が加わり、藤波は17点、フェレルとダビルは16点。まず、藤波のセミファイナル敗退が決まった。同点のフェレルとダビルについては、クォリファイの成績によって順位が決まるので、ダビルのセミファイナル4位が決定。フェレルは藤波同様セミファイナル敗退が決まったが、成績は藤波の上を行く5位となった。

1301XTRセミファイナル結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います

 そしてファイナル。ここまでくると、残念ながらダビルに活躍の目はほとんどない。最初のダブルレーンでは、ボウとファハルドが勝利し、カベスタニーとダビルは1点減点からファイナルをスタートすることになった。
 第1セクションは3名のスペイン勢がクリーンして、ダビルが5点。第2は全員が5点となったが、第3はダビルとファハルドが1点+タイムオーバーの1点。最終セクションはファハルドが5点となるも、ダビルも2点+タイムオーバー1点で3点。ファイナルのトータルは、ダビルが16点、ファハルドが12点。これにセミファイナルの減点を足して、ダビルが32点で4位決定。ファハルドが18点で3位となった。
 問題は優勝争いだ。ここまで、セミファイナルでは1点、ダブルレーンで1点、ボウはカベスタニーにアドバンテージをとっている。残る4セクションで、ボウはカベスタニーに2点以上差をつけられなければ優勝が決まる。というか、いつものボウなら、そんな計算をしなくたって勝利するはずだった。しかし2013年の開幕戦は、様子がちがった。

1301Xカベスタニー

あと1点差で勝利だったカベスタニー

Photo : Good-shoot.com/FIM

 第3セクションまでまったく互角で来たボウとカベスタニーだったか、最終セクションでボウが戸惑った。足をついて時間内にセクションアウトするか、時間をかけてクリーンを守るかむずかしい判断となったが、ボウはクリーンを選んだ。結果、タイムオーバー1点でここを抜け、その差わずか1点でボウが開幕戦の勝利者となった。
 Xトライアル、次戦は2月10日バルセロナで開催される。

1301XTRファイナル結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います
1301X藤波

残念、開幕戦は6位の藤波

Photo : Good-shoot.com/FIM

関連記事

  • SSDTその3日目

  • フレイシャonスコルパ

  • 止まらないトニー・ボウ、6勝目

  • 氏川湧雅、スペインを制す

  • 再びチェコはラガ

  • SSDT 3日目

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

1月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強…

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。