2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. JITSIE DIMINO
  4. リザルト関東
  5. リザルト中国
  6. 自然山通信2017年12月号
  7. イベント(大会)
  8. 自然山通信2017年12月号電子版
  9. リザルト中部
  10. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  11. エトスデザイン
  12. 創刊250号の自然山通信
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト東北
  21. 2017TDN
  22. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  23. イベント(大会)
  24. Honda秋の祭典トライアルデモ
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  27. MFJグランドチャンピオン大会
  28. 自然山通信11月号電子版
  29. イベント(大会)
  30. 自然山通信11月号
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中部
  35. リザルト関東
  36. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信11月号
  39. イベント(大会)
  40. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  41. 2017年間ランキング
  42. イベント(大会)
  43. 全日本R7東北リザルト
  44. リザルト北海道
  45. チタンサイレンサーRACE
  46. リザルト関東
  47. リザルト中国
  48. Honda秋の祭典
  49. イベント(大会)
  50. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  51. MFJトライアル
  52. イベント(大会)
  53. イベント(その他)
  54. イベント(大会)
  55. イベント(大会)
  56. トムスの新製品
  57. イベント(大会)
  58. RTL250S用リヤフェンダー
  59. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  60. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  61. リザルト北海道
  62. リザルト東北
  63. リザルト関東
  64. リザルト中国
  65. リザルト関東
  66. リザルト中部
  67. イベント(大会)
  68. イベント(大会)
  69. R6中部大会までのランキング
  70. R6中部大会のリザルト
  71. リザルト東北
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト九州
  75. イベント(大会)
  76. 自然山通信2017年10月号電子版
  77. イベント(大会)
  78. 新型力造シート
  79. イベント(スクール)
  80. MFJトライアル
  81. かわうちトライアル
  82. 中部大会招待券プレゼント
  83. MITANI MODEL TR-3
  84. テフロンスロットルパイプ
  85. リア・ディスクプロテクション
  86. リザルト中国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

これがノーストップだ!?

 FIMが、ノーストップルールのアウトラインをまとめた動画を発表した。いつものように、FIM-Live.comから見ることができるので、ぜひご覧ください。
 世界選手権開幕戦に本大会ももう間もなく。さて、どんなシーズン、どんなに本大会になるのか、楽しみだ。


 今年の日本大会は開幕戦。つまりイコール,2013年シーズンは日本で開幕することになる。
 日本大会は、これまでに伝統的に6月の開催だった。2011年は震災の影響で8月の開催となり、過去には9月の開催ということもあった。しかし開幕戦となるのは今回が初めて。新しいシーズンを迎えて、選手の意気込みもひとしお。いつにない熱い戦いが見られるのではないだろうか。
 それにも増して興味深いのは、ルール変更がどのように試合に影響してくるかという点だ。ノーストップルールは、過去に停止で1点というルールが採用されたことがあったが、停止で5点となるルールは(世界選手権では)初めてとなる。
 新しいルールに対して、日本大会はいきなり本番となる。ライダーも主催者も(練習やシミュレーションはしているだろうけど)実戦でノーストップを経験するのはこれが初めて。逆にいえば、日本での開催状況がその後の世界選手権の指標になるということでもある。
 FIMは、ノーストップルール採用を決めたが、これはメーカーからの要望だそうで、その理由がトライアル市場の活性化のため、ということだ。ノーストップルールがどうして市場の活性となるのかの理由は明らかになっていない。イーハトーブトライアルはにぎやかだから、その点を見れば納得もできるが、世界選手権は景色のいいところをツーリングするのとはちがうので、同じように考えにくい。

FIM_LIVEの協力ライダー

映像のエンドロールにある協力ライダーたち。そうそうたるメンバー

 今回、映像として発表されたものは、FIMがトップライダーの協力をあおいで、採点と走り方のサンプルとしたものだ。トップライダーから女子ライダーまで幅広い選手が収録に協力している。ただし、トニー・ボウやジェロニ・ファハルドなど、一部のトップライダーの顔は見当たらない。
 FIMに呼ばれてこの収録に協力している藤波貴久選手によると、収録にあたって、FIMはうんとまぎらわしいような走り方は要求してこなかったということだ。実はトニー・ボウも現場にはいたそうだが、もっと実戦的な映像を撮るべきだと主張していたという。しかしFIM側は首を縦に振らず、でき上がったのがこの映像だ。ボウが一度だけこれぞと思う走りをして見せたところ、オブザーバーの採点は5点とクリーンが半々になってしまったとのことだ。
 FIMは、そんな微妙なケースを想定しての、はっきりした基準を作るのを躊躇しているのではないか。それでトニー・ボウはこんなのだったら二度と協力できないといって帰ってしまったという話である。映像の中で、最もわかりやすいライディングを見せてくれていたのは、藤波選手だった。
 しかしこの映像を見る限りでも、ストップかそうでないかの判定は、きわめてむずかしいように思う。イギリス人の解説を聞いていると「Keep Moving」という言い回しがたびたび出てきているから、もしかするとノーストップとは前進し続けているにとどまらず、広義に動き続けていればいいのかという気もしてくるけれど、ヨーロッパの人はあんまり細かいことは気にしないで納得することが多いので、条文の検討については日本大会で初めてまな板に乗ることになるのではないだろうか。
 当初、FIMのごり押しと伝えられていたノーストップルールは、メーカーからの提案であることがわかってきて、そうなるとライダー側としてはあんまり強くノーストップに反対はできない。採点の混乱はともかく、ルールそのものには反対しないというライダーもいるようだから、もう少しきっちりと新ルール導入に配慮をしていけば、よいルールができあがる可能性はあるのだが、今のところはちょっと先行きは不透明だ。
 ヨーロッパの方々はよくも悪くもおおらかである。停止足つき1点というルールを採用した時も、ヨーロッパでは(多少の混乱はもちろんありつつ)おおむねそんなものかなという感じで受け入れられていたが、日本大会でみんなぶったまげた。止まってもいないのに1点取られると。いやね、止まってるんでよ。明らかに。それをヨーロッパでは止まったと採点されていなかっただけだった。その後あっというまに、停止1点のルールは解消された。最初は日本のオブザーバーはでたらめだと息巻いていたヨーロッパの人たちも、それがルールの条文通りだと気がついたからだ。ヨーロッパ人だけでやっていたら、あと百年やってても気がつかなかったかもしれない。
 それを今回、また繰り返すことになるのか。停止1点のケースとちがうのは、最初にやるのが日本大会ということだ。1点だったらぶつぶついいながらもまぁいいかと引き下がれるかもしれないけれど、5点ではどうにもならない。もしかするとボウが(そんなことは絶対にあり得ないけど)オール5点になってしまうことだってあるかもしれない。
 もし、FIMが流れの止まらないトライアルを目指すのだとしたら、この映像に出てくるストップの解釈も、なんとなく理解できる。しかしそれをルールの条文に書いて、条文通りに採点をしていくのはむずかしいのではないだろうか。
 ノーストップルール採用となったトライアル大会では、ライダーがセクションについて最初にやらなければいけない仕事は、オブザーバーの採点基準をチェックする作業になりそうだ。
 今年の世界選手権では、総セクション数を増やすという決定もなされている。配置的な関係からこれ以上セクション数を増やせないもてぎでは、12セクション3ラップという試合形式をとった。スタート順はトップライダーが最後となるという。
 間もなくに迫った世界選手権開幕戦もてぎ。観戦方法も、いつもとは考え方を変えた方がよさそうだ。

関連記事

JITSIE DIMINO

三谷モータースポーツ・JITSIE Domino 新型ウエア発売!

三谷モータースポーツよりJITSIE の新型ウエア「Domino」ジャージ、パンツ、グローブが発売されました。そして、ただいま開催中の三谷モ…

リザルト関東

201712/10

2017ペコトラ第7戦

開催日:12月10日 天気:晴 場所:高山トライアルテック 成績:5セク×1ラップ+SS×2 (さらに…)…

リザルト中国

201712/10

第247回ケニーズ杯

第247回ケニーズ杯 ●2017年12月10日 湯っ蔵さんわくつろぎトライアル編 ●広島県神石高原町湯っ蔵さんわ (さらに&h…

ガスガスの2018年

ガスガスが2018年のファクトリーライダーの発表をし、すでにXトライアル開幕戦を戦っている。 これはガスガス本社から発表されたプレスリ…

2018 Xトライアル、早くも開幕

Xトライアル、2018年開幕戦が、早くも2017年のうちにフランスで開幕した。 勝利はやっぱりトニー・ボウ。しかし今年はメンバーのマシンが…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。