2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDTその2日目

13SSDTのクック

SSDT 2日目のベッキー・クック。Photo:Jake Miller

 SSDT、その2日目は5月7日。前日と変わって、この日は比較的いいお天気のようでした。5月のこの時期、スコットランドはぽかぽか陽気の暑いくらいになる日もなくはないのですが、だいたい寒くて、雨が降ることになっています。なんてったってスコットランドですから、日本からすると北海道よりさらにさらに北の大地。北極でトライアルするようなもんなのであります。この日はアレックス・ウイグがトップに出ました。京藤さん、がんばっています。


 今日は3人ほどがオールクリーンでした。その筆頭がウイグとコナー。きのう2点だからトータル2点。きのうオールクリーンだったブラウンは3点とって、トータル3点で3位に後退です。もうひとりのオールクリーンはガイ・ケンドリューなる選手で、きのう3点で今日オールクリーン。今日2点を取ってしまったドギー・ランプキンを抜いて4位に浮上です。
 SSDTのリザルトがおもしろいのは、世界選手権のトップライダーとイギリスのトップライダー、そして日本人にとっては名も知らぬ地元のライダーとが、まったく同じ土俵で、しかもいい勝負を演じるということです。ブラウンやダビルみたいに、地元のライダーでありイギリスのトップライダーであり世界選手権のライダー、みたいなのもいて、こういうのはたいてい強いですが、それでも勝利は決まっていない。6日間も長いですが、それ以前に、1日30セクションもやらなきゃいけないのだから、体力的にもたいへんだけど、それを全部クリーンするぞという精神力たるやたいへんなものがあるわけです。
 さて、きのう52分のタイムオーバーだった京藤さんは、2日目はたった16分のタイムオーバーで145点。きのうの減点と合わせてトータル318点。255位。
 1日目は比較的楽な設定になっているから(6度のSSDT出場経験を持つ自然山通信杉谷真談)1日目で52分オーバーということは2日目以降が厳しいのではないかと心配していましたが、SSDTの走り方のコツをつかみかけてきたのかもしれません。いや、そんなに簡単につかめるとも思えないけど。
 京藤さんのライバル、エマ・ブリストは、なんとこの日7点ですよ。7点! これはすごい。世界選手権を走ればライア・サンツにかなわないかもしれないけれど、SSDTでは今のエマのほうが強いんじゃないかなぁ。わかんないけど。
 2位クックはきのうと変わらず。この日35点でトータル76点。日本のトップライダーが走ると、だいたいこれくらいのスコアが出るのがふつうです。サンター90点、ゴメス122点、京藤318点というのが、5名の女性ライダーのスコアでした。
 水曜日・木曜日と、厳しい日が続きます。がんばってください。

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

ページ上部へ戻る