2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDTその3日目

13SSDTのゴメス

SSDT 3日目のサンドラ・ゴメス。Photo:Jake Miller

 水曜日のSSDTが終わっています。なかなかの大接戦、トップの4人が、3日間を終えて10点以内のスコアで帰ってきています。
 京藤一栄さんは、がんばっています。しかもだんだんタイムオーバーが少なくなってくる。この学習能力はすごいんじゃないでしょうか。どんながんばりかたをしているのかなぁ。


  トップはアレックス・ウイグ。2010年に優勝経験を持つウイグは、この日を3点でまとめ、トータル5点でトップに出ました。前の日にトップだった選手は、次の日に黄色いゼッケンをつけることになっているのですが、この日はサム・コナーとともに黄色いゼッケンをつけたウイグ。見事に黄色いゼッケンを守りきりました。
 2位はやはりこの日3点のドギー・ランプキン。ドギーは初日に3点を取ってしまってその分トップに出られずにいますが、30セクション走って3点だとトップに出られないというのは、SSDTを走ったことがある人ならびっくり仰天だと思います。
 3位は、黄色いゼッケンをつけてスタートしたサム・コナー。この日5点取ったので3位に後退です。この日トップだったのは、2世代に渡るSSDTのベテラン、ダン・ソープ。30セクションを1点でまとめてきました。この結果で、ソープは4位まで浮上してきたのです。
 でも勝負はまだまだ。5位は11点で、しかも3人もいる。12点は4人。このあたりまでなら、トップ選手の足のつきかた次第では、充分勝利のチャンスがあります。前日まで3点だったマイケル・ブラウンは、この日は10点でトータル13点、11位に後退しました。こういうことがあるということは、ライバルにもこういうことが起こり得るということです。
 ひとつ訂正。グラハム・ジャービスが、なんて書いちゃったけど、まちがい。ジャービスは参加していない模様です。グラハム・ジェイムスを読みまちがえました。参加選手280人もいて、有名選手も並の選手もいっしょに並んでいるから、まちがえやすいです(いいわけ)。
 新人選手の順位を争うニューカマークラスでは、スペインのフランチェスク・モレットがトータル29点でトップ。この戦いの34位につけるのが、サンドラ・ゴメスです。今年はオッサの契約ライダーとなっていっそうの飛躍の年にしたいサンドラ。この日は20分のタイムオーバーがあってトータル減点は200点を超えて209点。
 ゴメスは女性部門では3位ということなりますが、トップはあいかわらずエマ・ブリスト。この日23点でトータル55点。総合でも51位というのだから、すごいです。ただし22点という数字は、きのうほど驚異的なものではない。2位ベッキー・クックのこの日の減点は29点だから、もう少しでその日の女性部門の1位でした。クックは今105位。そして女性部門3位がケティ・サンターで4位がゴメスです。
 世界選手権ではサンターとゴメスには大きな実力差がありますが、SSDTでは立場逆転。サンター143点に対してゴメス209点。ゴメスにはこの日20点のタイムオーバーがありますがそれでもサンターが勝っています。SSDTとは不思議なところ、いってみなければわかりません。もしかしたら、走ってみないとわからないのかもしれません。
 そして5位が京藤さんです。京藤さんは、さすがにこの4人からは離されますが、そしてリザルトの一番最後の方に並んではいますが、この日のタイムオーバーはたったの9分。そしてそして、クリーンが1個ありました。ゴメスが3点になったセクションで、クリーンです。すごいですねー。あと3日、どうかがんばってください。

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

ページ上部へ戻る