2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、開幕戦で勝利!

0404wct1_fujiwin.jpg

藤波自身が優勝を知った瞬間。

藤波貴久優勝!
世界選手権第1戦アイルランド大会
北アイルランド・Bangor
世界選手権開幕。4月3日(土)1日目、藤波貴久の勝利で04シーズンが始まった。会場は去年の開幕戦と場所を同じく、北アイルランドGangor。
海沿いに設定されたセクションは、磯のロックが中心。岩は泥がこびりつき非常にスリップリーだ。スタート直後に雨。その30分後には快晴、そして雨、さらに氷と、アイルランドらしいめまぐるしい天候の変化だった。

0404wct1_kuroyama.jpg

1日目、7位の黒山健一

我らが藤波貴久は第2セクションの高さ3メートル程の大ステアケースを1点で登り、ランプキンはここを5点。ここから藤波対ランプキンの駆け引きが始まった。第8のマディーセクションでは藤波が5点、ランプキンがクリーンと接戦が続き1ラップ目に藤波が20点でトップ。3点差でランプキンが2番手に続いた。
大ステアケースの第2セクションを唯一クリーンしたラガは、冴えたテクニックを見せつけていたが、マディーセクションで5点の失点が続き1ラップ目を31点で終える。黒山健一は39点で6番手に、野崎史高は65点で18番手だ。
天候は相変わらず、雨、氷、晴れとめまぐるしい。2ラップ目も第2セクションを藤波は1点で通過、ランプキンは再び5点である。それでもマディーを得意とするランプキンは、滑るセクションでジリジリと藤波に迫ってくる。
最終の人工セクションは、藤波もランプキンも共にクリーン。合計37点でゴールした藤波に対しランプキンは39点。2点差で藤波の優勝が決まった。
「結果的に勝因は、第2セクションを2回とも登れたことですね。ドギーは2回とも落ちましたから。明日も表彰台の真ん中に立ちますので応援よろしくお願いします。

0404wct1_nozaki.jpg

1日目、16位だった野崎史高

世界選手権第1戦アイルランド大会結果(4月3日(土)/1日目)
1位 藤波貴久 37
2位 ドギー・ランプキン 39
3位 アルベルト・カベスタニー 42
4位 アダム・ラガ 54
5位 マルク・フレイシャ 58
6位 ジェロニ・ファハルド 64
7位 黒山健一 71
8位 タデウス・ブラズシアク 83
16位 野崎史高 112
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 20/2-ランプキン 17/3-カベスタニー 15/4-ラガ 13/5-フレイシャ 11/6-ファハルド 10/7-黒山健一9/8-ブラズシアク

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る