2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017北海道
  4. 動画チャンネル
  5. 2017北海道大会
  6. イベント(スクール)
  7. 2017日本グランプリ公式DVD
  8. 動画チャンネル
  9. 2017全日本北海道までのランキング
  10. 2017全日本北海道リザルト
  11. 2017TDN
  12. 自然山通信2017年7月号
  13. 2017お勉強会
  14. イベント(大会)
  15. 2017フランスGP
  16. MFJトライアル
  17. EXスポーツ FIMトライアル放送
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 全日本第4戦中国大会レポート
  21. 三谷モータースポーツ新製品
  22. ガスガス用ラジエタープラグ
  23. 動画チャンネルR4中国
  24. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  25. 全日本第4戦中国大会リザルト
  26. リザルト関東
  27. MFJトライアル
  28. 自然山通信6月号電子版
  29. 自然山通信6月号
  30. イベント(その他)
  31. 2017 X-TRIAL DVD
  32. 2日目ボウ
  33. 予選
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(スクール)
  40. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  41. リザルト東北
  42. Honda トライアルファンミーティング
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. 2017玖珠全日本
  47. イベント(大会)
  48. 2017 Hondaトライアルミーティング
  49. MFJトライアル
  50. MFJトライアル
  51. リザルト東北
  52. リザルト関東
  53. 自然山通信5月号
  54. イベント告知
  55. 2017年5月号電子版
  56. MFJトライアル
  57. Vertigo TITANIUM
  58. リザルト関東
  59. リザルト近畿
  60. S3 TENT
  61. リザルト関東
  62. リザルト沖縄
  63. リザルト中国
  64. S3 CURVE
  65. 近畿大会レポート
  66. リザルト中国
  67. リザルト関東
  68. リザルト関東
  69. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  70. 2017年4月号
  71. 2017年4月号
  72. HRC ハンドルアッパーホルダー
  73. リザルト中国
  74. リザルト中国
  75. リザルト近畿
  76. リザルト関東
  77. TRS用クラッチ
  78. 自然山通信4月号
  79. ステンメッシュオイルフィルター
  80. リザルト中国
  81. リザルト沖縄
  82. リザルト関東
  83. リザルト中部
  84. リザルト関東
  85. Montesa 300RR
  86. リザルト近畿
  87. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

絶好調藤波、4連勝

0406wct4podio2.jpg

4連勝!藤波貴久
Photos/Mario Candellone

藤波貴久4連勝!
世界選手権アメリカ大会両日制覇。
世界選手権第4戦アメリカ大会/2日目
6月6日(日)/Duluth
 世界選手権アメリカ大会2日目(日曜)は、前日の雨が嘘のように朝から晴天が広がった。日差しがコンディションの悪かったセクションを乾かしてゆく。状況変化を予想して、いくつかのセクションが主催者によりモディファイされた。
 1ラップ目の第2セクション。藤波は滑る大ステアケースを登り切れずに5点。ランプキンはここをクリーンする。次の第3セクションは昨日ランプキンが大クラッシュした場所だが、ランプキンは再び失敗して5点、そして藤波はリスクのない足つき狙いで2点で通過する。
藤波とランプキンの接戦はその後も続くが、第13セクションでランプキンが大ミスをおかしてしまった。ランプキンはミスによってラインをそれ、ジュニアクラスのラインへ入ってしまった。この比較的イージーセクションの5点はダメージ大である。
 1ラップ目が終了すると、藤波は12点でトップに立った。ランプキンは15点で2番手へ。ラガが14点、カベスタニー16点と続く。昨日2位になっているジャービスは、第2〜5セクションを続けて5点をとってしまい1ラップ目は27点になっている。
 2ラップ目、太陽の光はさらにセクションを乾かし難度を下げる。したがって選手達の減点数は極端に良くなっている。イコール、ミスは許されない状況だ。

0406wct4fuji2.jpg

藤波、2日目の走り

 藤波は第2セクションで1点のミスがおかすが、問題の第3セクションをクリーンする。第3セクションをクリーンしたのは、2ラップ目の藤波のみだった。1ラップ目に失敗しているランプキンはここを1点で通過。
 第5セクションで藤波とランプキンはそれぞれ1点。この2人は以後セクションをすべてクリーンする。2ラップ目のスコアは藤波3点、ランプキン2点である。

0406wct4fujivince.jpg

2日目の勝利を決めた直後の藤波

「日本のみなさん、

今回もやりました!」

 総合減点数で藤波が15点、ランプキン17点で藤波貴久の優勝が決定した。これで4連勝、表彰台の中央に立つのは5度目である。ポイントランキング上では、ランプキンに10ポイント差をつけ、141点でトップをキープ。
 3位はランプキンと同じ17点のラガ、4位は33点のカベスタニー、5位は35点のボウが入った。野崎史高は75点で昨日と同様に12位になった。

0406wct4nozi.jpg

 野崎は2日間共に12位になった
世界選手権第4戦アメリカ大会2日目結果
1 藤波貴久 15点
2 ドギー・ランプキン 17点
3 アダム・ラガ 17点
4 アルベルト・カベスタニー 33点
5 アントニオ・ボウ 35点
6 グラハム・ジャービス 44点
7 マーク・フレイシャ 46点
8 ジェロニ・ファハルド 62点
9ジョルディ・パスケット 64点
10 サム・コナー 74点
11 タデウス・ブラズシアク 75点
12 野崎史高 75点
13 ジョセップ・マンサノ 90点
14 シャウン・モリス 103点
15 クリストフ・ブルオン 108点
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 141/2 -ランプキン 131/3-ラガ 124/4-カベスタニー 100/5-フレイシャ 94/6-ファハルド 79/7-ジャービス 78/8-ボウ 62/9-黒山健一 50/10-ブラズシアク 35

関連記事

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

イベント(スクール)

8/5鷲ヶ岳GATTIスクール

2017 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 なんと!!スーパークラス&IAクラスの講師陣 翌日の大会にも講師陣が参加!!特別編 …

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。