2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU
  56. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波2位、ランプキン7位

jtrR6shibuya.jpg

土曜日のスペイン選手権を終わって
藤波貴久とランプキン

世界選手権第6戦アンドラ大会
優勝はラガ。藤波2位、ランプキン7位。
世界選手権第6戦アンドラ大会
6月27日、初めての1日制となった(もちろん、過去には1日制は当然のシステムだったが、この10年、世界選手権は2日間で開催され、97年以降は土曜日日曜日が独立した大会をおこなっている)世界選手権。


ところが今回土曜日に開催されたのはスペイン選手権で(なぜかスペイン選手権を隣の国のアンドラで開催する)しかもセクションは翌日の世界選手権と基本的に同じだという。それで、トップライダーはほとんどこれに参加することになった。土曜日が、試合形式の練習になったようなもので、これでは1日制の意味もあんまりない。藤波は、スペイン選手権を1戦お休みしているので、スタート順が早い。しかしタイムオーバーのペナルティを気にせず、ラガやカベスタニーと一緒に走り、結局タイムオーバー減点を37点もらい8位となるが、それを抜きにするとラガに2点差のトップ。翌日に期待の持てる結果だった。黒山と野崎も参加したが、彼らはさらにスタート順が早いため、規定時間をオーバーしてしまって失格扱いとなっている。

jtrR6shibuya.jpg

藤波貴久は2位に14ポイント差で
リードを保っている

翌日、本番の世界選手権は、土曜日のセクションに4ヶ所が手直しされて開催。藤波は第1セクションでいきなり5点、カベスタニーも5点だ。黒山が第2セクション手前でマシントラブルで修復に時間を費やしている。ランプキンとフレイシャは第3の壁を登れずに5点。こんな中、ラガだけが順調にセクションを消化する。1ラップ目、ラガはなんと3点。これだけ調子づいたラガは、もはや手がつけられない。
黒山は、序盤の遅れをすぐに取り戻し、1ラップ目は3位の成績。このところ1ラップ目がよくないといういつもとは逆の結果になった。そして今シーズン最高位の4位を獲得した。
野崎は、踏みつけたブレーキペダルが折れるというトラブル(力がありすぎか?)が2度もあって、イタリアのオリジオに同点クリーン差で負けて12位。しかし調子は上向いている。マンサノとの争いもし烈だが、野崎のターゲットはポイント差10点のランキング11位、ブラズシアクだ。

jtrR6shibuya.jpg

野崎史貴

藤波は、第1以降もちょこちょこと減点をとられ、絶好調とはいいがたいが、スティディな走りを守っている。カベスタニーは2ラップ目に入って崩れ、なんとランプキンまでが、そこここのステアを登り切れずに調子を落としている。
ラガが優勝、藤波が2位。この結果は、2ラップ目の中盤にはすでにみえていた感じがあった。藤波、優勝できず、ではあるが、この2位はチャンピオンシップの上ではとても大きい。ライバル、ランプキンは、7位にまで沈み、藤波とのポイント差が19点まで開いたからだ。
いまや、藤波のチャンピオン獲得を脅かす直接のライバルは、ラガになった。藤波とラガのポイント差、14点。残りは5戦だ。
※次戦は来週7月3-4日・イタリア大会
世界選手権第6戦アンドラ大会結果
1 アダム・ラガ 10点
2 藤波 貴久 17点
3 アルベルト・カベスタニー 31点
4 黒山 健一 34点
5 マーク・フレイシャ 35点
6 ジェロニ・ファハルド 39点
7 ドギー・ランプキン 44点
8 ジョルディ・パスケット 49点
9 アントニオ・ボウ 53点
10 グラハム・ジャービス 61点
11 ジョセップ・マンサノ 83点
12 ミケーレ・オリツィオ  86(クリーン7/1点5)
13 野崎 史高 86(クリーン7/1点3)
14 タデウス・ブラズシアク 86(クリーン5)
15 シャウン・モリス 97
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 193/2 -ラガ 179/3-ランプキン 174/4-カベスタニー 141/5-フレイシャ 123/6-ファハルド 111/7-ジャービス 98/8-ボウ 86/9-黒山健一82/10-パスケット 47/11-ブラズシアク 43/12-野崎史高33

関連記事

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

カーボン製ロングフォークプロテクター発売

ミタニモータースポーツより、スタイリッシュな「カーボンロングフォークプロテクター」が発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る