2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

萩原真理子、世界2位

萩原真理子、レディース世界選手権初出場2位へ
レディース世界選手権第2戦
9月24日(金)/Cordoba(スペイン)

lwc_hagiwara.jpg

萩原真理子

04トライアル・デ・ナシオンは、9月25、26日の両日、スペインの南西部、コルドバにて開催されている。

デ・ナシオンに先がけ、24日(金)には同会場でレディース世界選手権第2戦が開催され、日本女性3人はデ・ナシオンのための練習も兼ね個人成績の残る世界選手権にも出場した。

女性最強ライダー、ライア・サンツ(スペイン)が1位確実なら、ここ数年、常に2位の座を守っていたのがドイツのイリス・クラマーだったが、なんと腕を骨折して欠場し、世界選手権第1戦で2位となっているフランスのクレイル・ベルトランが1ラップめ、2ラップめと、しっかり2位をキープしていた。

今回の世界選手権では、新しい試みが導入されていた。10セクション2ラップの後、上位10名がファイナルトライ、4セクション2ラップするというもの。10セクション2ラップのクォリファイでは、なんと初出場萩原真理子が3位で勝ち残っていた。しかも、デ・ナシオン出場のために久々にトライアル大会に復帰した真理子の姉、西村亜弥も、6位でファイナルに進出。

国内A級高橋摩耶は、彼女のレベルではほんの少し難所の多いセクション設定だったが、よくセクションをこなし、ライディングもすばらしかったのだが、惜しい失敗が多く成績につながらず、28位でクォリファイの2ラップを終了した。

3人とも、この日がはじめてのヨーロッパでのトライアル。ヨーロッパの世界選手権を戦うレディースたちにとって、突然やってきた日本女性たちは、大きな脅威になった。

もっともその影響が出たのが、ベルトランだった。クォリファイを終えた時点では2位だが、彼女にすれば見知らぬ日本人が1点差で自分に迫っている。その動揺が、ファイナルラップでもろに現れた。

4つのセクションを選んで2ラップするファイナルラップ。ベルトランは第1セクションでいきなり5点になった。

クォリファイラップでの1点差は、トータルでは10点差となり、萩原真理子はヨーロッパのトライアルのデビュー戦にして、2位獲得の金字塔を打ち立てた。全2戦のうち、1戦出場したのみで、ランキングも5位を獲得。スタート前には緊張で吐き気を感じたりしていたという真理子だったが、終わってみたら、実力をきっちり発揮して、とるべきポジションを手中にしていた。これは、ものすごい快挙である。

成績では真理子におよばずだが、ある意味、それ以上に快挙だったのが亜弥だった。彼女は長いトライアル大会のブランクから、今年になって復帰した。試合の勘なども、当然忘れているところが多い。しかしそれでも、ファイナルの2ラップめには真理子に遅れること1点、このラップは3位で終えるすばらしい走りを見せた。結果5位のリザルトもすごいが、ここに至るまでの彼女の背景を思うと、そのリザルト以上に評価は大きい。

レディース世界選手権第2戦

1 Laia Sanz 0
2 萩原 真理子 14
3 Claire Bertrand 24
4 Rosita Leotta 31
5 西村 亜弥 33
6 Carla Calderer 36
7 Kjesti Fla 43

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。