2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. JITSIE DIMINO
  4. リザルト関東
  5. リザルト中国
  6. 自然山通信2017年12月号
  7. イベント(大会)
  8. 自然山通信2017年12月号電子版
  9. リザルト中部
  10. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  11. エトスデザイン
  12. 創刊250号の自然山通信
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト東北
  21. 2017TDN
  22. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  23. イベント(大会)
  24. Honda秋の祭典トライアルデモ
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  27. MFJグランドチャンピオン大会
  28. 自然山通信11月号電子版
  29. イベント(大会)
  30. 自然山通信11月号
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中部
  35. リザルト関東
  36. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信11月号
  39. イベント(大会)
  40. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  41. 2017年間ランキング
  42. イベント(大会)
  43. 全日本R7東北リザルト
  44. リザルト北海道
  45. チタンサイレンサーRACE
  46. リザルト関東
  47. リザルト中国
  48. Honda秋の祭典
  49. イベント(大会)
  50. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  51. MFJトライアル
  52. イベント(大会)
  53. イベント(その他)
  54. イベント(大会)
  55. イベント(大会)
  56. トムスの新製品
  57. イベント(大会)
  58. RTL250S用リヤフェンダー
  59. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  60. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  61. リザルト北海道
  62. リザルト東北
  63. リザルト関東
  64. リザルト中国
  65. リザルト関東
  66. リザルト中部
  67. イベント(大会)
  68. イベント(大会)
  69. R6中部大会までのランキング
  70. R6中部大会のリザルト
  71. リザルト東北
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト九州
  75. イベント(大会)
  76. 自然山通信2017年10月号電子版
  77. イベント(大会)
  78. 新型力造シート
  79. イベント(スクール)
  80. MFJトライアル
  81. かわうちトライアル
  82. 中部大会招待券プレゼント
  83. MITANI MODEL TR-3
  84. テフロンスロットルパイプ
  85. リア・ディスクプロテクション
  86. リザルト中国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本女子、惜しい2位

日本女性チーム、クリーン差で2位!
トライアル・デ・ナシオン女性部門
9月25日(土)/Cordoba(スペイン)

ゴールした直後の野崎史高

大健闘した日本女性チーム。
萩原真理子(左)、西村亜弥(中央)
高橋摩耶(右)

明けて土曜日。 トライアル・デ・ナシオン女性の部。セクションはほとんど前日と変わらないまま、10カ国によるデ・ナシオンが始まった。日本は、くじ運が悪くて最も早いスタート。去年の優勝チームのドイツとでは、1時間近いスタート時間の差があった。
日本女性3人は、その技術の高さもさることながら、物怖じしない点でも一線級。特に真理子は、プレッシャーなどないかのように生き生きとセクションを走破する。3人の中では、先頭を切ってセクショントライをする姿が多く見受けられた。
次に走るのが、西村亜弥。ふたりがスコアを出せば、高橋摩耶にはきがねなく走ってもらえるという配慮。しかしときには予期せぬ減点をすることがあって、そんなときには摩耶がその穴埋めをしてクリーンしてみせるという場面もあった。もともと仲のいい3人のこと、チームワークのよさは、抜群だ。


今回、デ・ナシオンを前に、有力選手の負傷が相次いだ。ドイツのナンバーワンで、世界第2位のイリス・クラマーを始め、イギリスのマリア・コンウェイが世界選手権第1戦で負傷、有力2チームが、負傷により戦力を激減させての参加となった。
これで、一気に優勝最右翼となったのがスペインチーム。ライアの実力は文句なしだが、新たにチームに加わったカルラ・カルデラが強力で、ドロレス・サンチェスもかつてスペインを勝利に導いた実力者。
ところが1ラップめ後半のコースで事件が発生した。スペインのカルラが、コース上に止まっていた別チームのマインダーに追突して大クラッシュ。顔を強打して歯を折るなどの負傷をして、なんとリタイヤしてしまったのだ。
スペインが脱落したあと、優勝争いは日本とフランスになった。フランスは、選手の実力的にはまだ途上だが、とにかく国を挙げてのデ・ナシオン制覇に向けるアクションが強力だ。
1ラップめ、フランスに4点、ノルウェーに6点のリードを奪ってトップで折り返した日本だったが、2ラップめにミスが重なって減点を増やし、一方フランスがスコアを伸ばした結果、2ラップのトータルでは4点のビハインドを持って2位。金曜日の世界選手権動揺、フランス、日本、スペイン、ノルウェー、イギリスの5チームによる、ファイナルラップを走って最後の勝負となった。デ・ナシオンでは、もちろんはじめての試みだ。
一気に難易度が増したこのファイナル。1ラップめは日本が大健闘して、4点のビハインドをつめ、同点に。そして2ラップめ、フランスが最後の底力を見せ、減点8。日本もまた、減点8。トータルポイントも同点。同点の場合は、3人のすべてのクリーン数の比較で勝負が決するのがルール。はたしてクリーン数は、フランスが45、日本が、41……。
 わずかクリーン数4つの差で、日本は初出場初優勝の偉業を達成できず、残念ながら2位となった。しかし2位表彰台は、大金星だ。
トライアル・デ・ナシオン女性部門(9月25日/土)
1 フランス 45 (45)
2 日本 45 (41)
3 スペイン 48
4 ノルウェー 64
5 イギリス 84

関連記事

JITSIE DIMINO

三谷モータースポーツ・JITSIE Domino 新型ウエア発売!

三谷モータースポーツよりJITSIE の新型ウエア「Domino」ジャージ、パンツ、グローブが発売されました。そして、ただいま開催中の三谷モ…

リザルト関東

201712/10

2017ペコトラ第7戦

開催日:12月10日 天気:晴 場所:高山トライアルテック 成績:5セク×1ラップ+SS×2 (さらに…)…

リザルト中国

201712/10

第247回ケニーズ杯

第247回ケニーズ杯 ●2017年12月10日 湯っ蔵さんわくつろぎトライアル編 ●広島県神石高原町湯っ蔵さんわ (さらに&h…

ガスガスの2018年

ガスガスが2018年のファクトリーライダーの発表をし、すでにXトライアル開幕戦を戦っている。 これはガスガス本社から発表されたプレスリ…

2018 Xトライアル、早くも開幕

Xトライアル、2018年開幕戦が、早くも2017年のうちにフランスで開幕した。 勝利はやっぱりトニー・ボウ。しかし今年はメンバーのマシンが…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。