2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU
  56. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

インドア・ネーションズ2004

表彰台の3チーム9名の選手たち
圧勝したスペイン(中央)
2位イギリス(左)
3位日本(右)

スペイン圧勝。2位イギリス、3位日本
INDOOR TRIAL OF THE NATIONS 2004
11月6日(土)/Tenerife(スペイン)
11月6日(土)、スペインのテネリフェにおいて、今年のインドアトライアル・オブ・ザ・ネーションズ(フランス名:インドアトライアル・デ・ナシオン)が開催された。
日本からは昨年のインドアデナシオン同メンバーである、藤波貴久、黒山健一、野崎史高の3名が出場。スペインはラガ、カベスタニー、フレイシャの3名。イギリスはランプキン、コリー、ジャービスの3名。このインドアトライアルには参加国のみ出場権利がある。


インドアトライアル・オブ・ザ・ネーションズは、通常ルールの採点と違い、一つのセクションに対して(トライするライダーは各国1名のみ)少ない減点数から順に3点、2点、そして1点とポイントを獲得し、合計点の多い国が勝利するというもの。したがって、チームはより一層戦略を練らないとならない。
過去三年開催されてきたインドア・ネーションズでは、毎年スペインが優勝してきたが、今年もスペインが圧勝する。今年はスペインが全セクションをリードする好調ぶりで、スペインのトータル獲得ポイントは66点。2位はイギリスの46点、そしてイギリスに迫ったもの39点を獲得した日本は3位となった。
インターナショナルトライアルイベントは、この度のインドア・ネーションズを終え、すべてのスケジュールが終わった。05シーズンの幕開けは、1月のインドアトライアル世界選手権シェフィールド大会(イギリス)である。新シーズンは藤波貴久らが4ストロークのニューモデルで参戦することも、これからの見どころである。
<スペイン代表/アダム・ラガのコメント>
「スペイン選手は全員、すごく走りに集中できて最強のチームワークだったと思う。このインドア・ネーションズは、競技としてもそうだが、インドアトライアルのアピール度がとても高い。エキサイティングなショーを最高に盛り上げることができてチーム一同満足している。」
<イギリス代表/ドギー・ランプキンのコメント>
「スペインチームのパフォーマンスは素晴らしく、どの国も太刀打ちできないものだった。2位の結果に不満はないと思う。そして、インドア・ネーションズの会場の熱狂的な雰囲気については、インドアトライアルの素晴らしさが凝縮されていると思う。」
<日本代表/藤波貴久のコメント>
「去年に引き続き黒山選手、野崎選手との参戦はベストメンバーだったと思いますが、僕含めて選手3人とも、持てる力を充分発揮できなかった。インドアセクションに不慣れなこともあり、セクション攻略方法にとまどいはありました。3位は残念ですが、インドアは慣れが必要です。この経験を大事にしていこうと思います。」
インドアトライアル・オブ・ザ・ネーションズ2004 結果(11月6日)
◎1ラップ
1位 スペイン 33ポイント
2位 イギリス 22ポイント
3位 日本 17ポイント
◎2ラップ
1位 スペイン 33ポイント
2位 イギリス 24ポイント
3位 日本 22ポイント
●合計結果
1位 スペイン 66ポイント
2位 イギリス 46ポイント
3位 日本 39ポイント

関連記事

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

カーボン製ロングフォークプロテクター発売

ミタニモータースポーツより、スタイリッシュな「カーボンロングフォークプロテクター」が発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る