2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017北海道
  4. 動画チャンネル
  5. 2017北海道大会
  6. イベント(スクール)
  7. 2017日本グランプリ公式DVD
  8. 動画チャンネル
  9. 2017全日本北海道までのランキング
  10. 2017全日本北海道リザルト
  11. 2017TDN
  12. 自然山通信2017年7月号
  13. 2017お勉強会
  14. イベント(大会)
  15. 2017フランスGP
  16. MFJトライアル
  17. EXスポーツ FIMトライアル放送
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 全日本第4戦中国大会レポート
  21. 三谷モータースポーツ新製品
  22. ガスガス用ラジエタープラグ
  23. 動画チャンネルR4中国
  24. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  25. 全日本第4戦中国大会リザルト
  26. リザルト関東
  27. MFJトライアル
  28. 自然山通信6月号電子版
  29. 自然山通信6月号
  30. イベント(その他)
  31. 2017 X-TRIAL DVD
  32. 2日目ボウ
  33. 予選
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(スクール)
  40. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  41. リザルト東北
  42. Honda トライアルファンミーティング
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. 2017玖珠全日本
  47. イベント(大会)
  48. 2017 Hondaトライアルミーティング
  49. MFJトライアル
  50. MFJトライアル
  51. リザルト東北
  52. リザルト関東
  53. 自然山通信5月号
  54. イベント告知
  55. 2017年5月号電子版
  56. MFJトライアル
  57. Vertigo TITANIUM
  58. リザルト関東
  59. リザルト近畿
  60. S3 TENT
  61. リザルト関東
  62. リザルト沖縄
  63. リザルト中国
  64. S3 CURVE
  65. 近畿大会レポート
  66. リザルト中国
  67. リザルト関東
  68. リザルト関東
  69. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  70. 2017年4月号
  71. 2017年4月号
  72. HRC ハンドルアッパーホルダー
  73. リザルト中国
  74. リザルト中国
  75. リザルト近畿
  76. リザルト関東
  77. TRS用クラッチ
  78. 自然山通信4月号
  79. ステンメッシュオイルフィルター
  80. リザルト中国
  81. リザルト沖縄
  82. リザルト関東
  83. リザルト中部
  84. リザルト関東
  85. Montesa 300RR
  86. リザルト近畿
  87. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラガ2連勝、藤波は4位……

ラガの走り
2連勝して幸先のいいアダム・ラガ

1月8日、インドア世界選手権第2戦は、アダム・ラガが勝利、開幕2連勝を飾った。ワイルドカードの野崎史高は一番スタートで8位。藤波貴久は野崎、ベシュンにつぐスタート順で、ランプキンとファイナル進出を争ったが、惜しくも同点タイム差でランプキンに破れ4位となった。


開幕戦イギリス大会から約2週間後、第2戦はフランス南部の港町、マルセイユにやってきた。今回、ランプキンと藤波は、ワークスエンジンを使ったマシンを走らせた。来るアウトドアシーズンに向けて、4ストロークマシンもワークスマシンの開発が着々と進んでいるようだ。

今シーズンから、インドア世界選手権のルールが二つ変わった。ひとつは、スタート順だ。これまで、ランキング上位3名下位3名の2グループがそれぞれくじを引いて決めていたスタート順だが、今年は完全なローテーション制。前回イギリス大会ではアウトドアチャンピオンの藤波が一番最後からのスタートだった。今回はそれがローテーションして、もっとも早いスタートとなった(ただしワイルドカードのライダーの次のスタートとなる)。

ランプキンの走り
カベスタニーの走り
2位のランプキンと3位のカベスタニー

もう一つのルール変更は、ファイナルに進出する人数だ。去年までは参加6名の場合は3名、8名なら4名がファイナルに進出していた。今年は、一律に3名がファイナルに進出することになった。藤波は2戦目にして、早いスタート順から3名の枠を競わなければいけない。ルール変更の試練を最初に受けるトップライダーとなった。

最初にスタートしたのは野崎。ところが野崎は、ほとんどのセクションで5点となってしまった。続くベチューンも同様。ベチューンのほうがいくらか点数はよかったが、8セクションを12分で走る持ち時間には1分半の遅れ。藤波は、時間配分も読めないままにスタートした。

その後、ファハルド、フレイシャ、カベスタニー、ラガ、そしてランプキン。ランプキンは、すべてのライダーの点数を把握して、計算しながらのトライができた。はたして、ランプキンと藤波はダブルレーンで勝敗を決することになったが、ランプキンは慎重の上にも慎重を期して藤波に勝利を譲り、ファイナルへの切符を得た。

050121po.jpg
藤波のいない表彰台

ファイナルでは、ランプキンが最後のセクションまでラガをリードし、勝利への切符をなかば手中にしていた。最後の最後で、ランプキンは5点となって2位に転落。しかし新しい4ストロークマシンの4RTは、じゅうぶんにインドア選手権で勝利を争うポテンシャルを持っていることを実証したのだった。

なお、次回ツールーズでは、ワイルドカードライダーとしてトニー・ボウが予定されている。次回はラガが一番最後のスタートとなり、ランプキンが(ノミネートライダーの)最初のスタートとなるが、ボウはインドアでもそこそこの結果を残しそうだから、ランプキンは今回の藤波より、ずいぶん有利な条件を得るともいえる。しかし、それでも勝負は結果が命だから、どんな条件でも好成績を残すことがトップライダーとしての必須条件だ。

次回は1週間後の、ツールーズ大会となる。

Final Lap
Pos. Rider Nation Machine Penalty Championship
1 Adam Raga Spain GasGas 14 10
2 Albert Cabestany Spain Sherco 18 8
3 Dougie Lampkin Great Britain Honda 23 6
Qualification
Adam Raga Spain GasGas 4
Albert Cabestany Spain Sherco 6
Dougie Lampkin Great Britain Honda 12
4 Takahisa Fujinami Japan Montesa 12 5
5 Jeroni Fajardo Spain Montesa 22 4
6 Marc Freixa Spain GasGas 28 3
7 France GasGas 40 2
8 Fumitaka Nozaki Japan Scorpa 43 1

関連記事

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

イベント(スクール)

8/5鷲ヶ岳GATTIスクール

2017 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 なんと!!スーパークラス&IAクラスの講師陣 翌日の大会にも講師陣が参加!!特別編 …

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。