2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラガ2連勝、藤波は4位……

ラガの走り
2連勝して幸先のいいアダム・ラガ

1月8日、インドア世界選手権第2戦は、アダム・ラガが勝利、開幕2連勝を飾った。ワイルドカードの野崎史高は一番スタートで8位。藤波貴久は野崎、ベシュンにつぐスタート順で、ランプキンとファイナル進出を争ったが、惜しくも同点タイム差でランプキンに破れ4位となった。


開幕戦イギリス大会から約2週間後、第2戦はフランス南部の港町、マルセイユにやってきた。今回、ランプキンと藤波は、ワークスエンジンを使ったマシンを走らせた。来るアウトドアシーズンに向けて、4ストロークマシンもワークスマシンの開発が着々と進んでいるようだ。

今シーズンから、インドア世界選手権のルールが二つ変わった。ひとつは、スタート順だ。これまで、ランキング上位3名下位3名の2グループがそれぞれくじを引いて決めていたスタート順だが、今年は完全なローテーション制。前回イギリス大会ではアウトドアチャンピオンの藤波が一番最後からのスタートだった。今回はそれがローテーションして、もっとも早いスタートとなった(ただしワイルドカードのライダーの次のスタートとなる)。

ランプキンの走り
カベスタニーの走り
2位のランプキンと3位のカベスタニー

もう一つのルール変更は、ファイナルに進出する人数だ。去年までは参加6名の場合は3名、8名なら4名がファイナルに進出していた。今年は、一律に3名がファイナルに進出することになった。藤波は2戦目にして、早いスタート順から3名の枠を競わなければいけない。ルール変更の試練を最初に受けるトップライダーとなった。

最初にスタートしたのは野崎。ところが野崎は、ほとんどのセクションで5点となってしまった。続くベチューンも同様。ベチューンのほうがいくらか点数はよかったが、8セクションを12分で走る持ち時間には1分半の遅れ。藤波は、時間配分も読めないままにスタートした。

その後、ファハルド、フレイシャ、カベスタニー、ラガ、そしてランプキン。ランプキンは、すべてのライダーの点数を把握して、計算しながらのトライができた。はたして、ランプキンと藤波はダブルレーンで勝敗を決することになったが、ランプキンは慎重の上にも慎重を期して藤波に勝利を譲り、ファイナルへの切符を得た。

050121po.jpg
藤波のいない表彰台

ファイナルでは、ランプキンが最後のセクションまでラガをリードし、勝利への切符をなかば手中にしていた。最後の最後で、ランプキンは5点となって2位に転落。しかし新しい4ストロークマシンの4RTは、じゅうぶんにインドア選手権で勝利を争うポテンシャルを持っていることを実証したのだった。

なお、次回ツールーズでは、ワイルドカードライダーとしてトニー・ボウが予定されている。次回はラガが一番最後のスタートとなり、ランプキンが(ノミネートライダーの)最初のスタートとなるが、ボウはインドアでもそこそこの結果を残しそうだから、ランプキンは今回の藤波より、ずいぶん有利な条件を得るともいえる。しかし、それでも勝負は結果が命だから、どんな条件でも好成績を残すことがトップライダーとしての必須条件だ。

次回は1週間後の、ツールーズ大会となる。

Final Lap
Pos. Rider Nation Machine Penalty Championship
1 Adam Raga Spain GasGas 14 10
2 Albert Cabestany Spain Sherco 18 8
3 Dougie Lampkin Great Britain Honda 23 6
Qualification
Adam Raga Spain GasGas 4
Albert Cabestany Spain Sherco 6
Dougie Lampkin Great Britain Honda 12
4 Takahisa Fujinami Japan Montesa 12 5
5 Jeroni Fajardo Spain Montesa 22 4
6 Marc Freixa Spain GasGas 28 3
7 France GasGas 40 2
8 Fumitaka Nozaki Japan Scorpa 43 1

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る