2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

モンテッサのワークスマシン

Cota4RT
クリックすると、大きな画像が出ます

1月21日、インドア世界選手権第2戦マルセイユで藤波とランプキンが走らせたのは、ワークスエンジンを積んだものだった。写真が届いたので、ご紹介します。


一見すると、エンジンの外観には大きな変化は見られず、材質の変更が目立ったところ。アルミ製だったサイレンサープロテクターはカーボンファイバーとなり、色が黒くなっているのが印象的。

しかしやっぱりワークスらしいのは、ほとんどすべてのパーツの材質が変更されていると思われるエンジン本体まわりだろう。写真を見ただけでは詳細はわからないが(本物を見てもわからないかもしれないが)、クランクケースにはマグネシウムを多用し、エキゾーストパイプなどにはチタンが使われているのではないかと思われる。

エンジン右側
エンジン左側

写真といっしょに送られてきたメモには、排気量は280ccとあったが、これは真偽のほどは不明。モンテッサ(HRC)はRTL250R時代も、ワークスマシンの排気量をきちんと公開したことはない。このワークス4RTも、おそらく280cc程度ではないかと推定されるものの、正しい数字は不明なままかもしれない。
材質の変更や排気量のアップは、250R時代にも行われていた手法であり、4ストロークになったからといって、特別なモディファイをしている形跡は感じられない。インドア第1戦イギリス大会ではスタンダードエンジンで戦ったのだから、それでも充分のポテンシャルを発揮しているのは実証済みだ。

マシン全景
Photo:Pep Segales(Solo Moto)

4RTならではのモディファイとしては、12000rpmのレブカット装置を殺しているらしい。通常は、ここまでエンジンを回せるチャンスはほとんどないし、レブカットがライディングに影響することは皆無なのだが、元祖フジガスが乗れば、これが影響を与えることもあるのかもしれない。
イギリス大会を走ったスタンダードエンジンは、このレブカットがない仕様らしい。この処置を施されたスタンダードエンジンのポテンシャルは、藤波やランプキンが驚くほどのものだったらしい。
今回のワークスエンジンは、ランプキンと藤波だけが走らせた。フレイシャがスタンダードに乗ったのは、フレイシャ自身のワークスエンジンとの慣熟が足りない問題が理由とのこと。スタンダードからすんなり乗り換えられるものではないというところに、ワークスエンジンのさらなるポテンシャルが感じられる。
このマシン、まだ車体関係がスタンダードだから、アウトドアの世界選手権に向けて、さらにポテンシャルのアップが期待される。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る