2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファハルド、ついに優勝

 3月12日、南アメリカはアルゼンチン、ブエノス・アイレスで開催されたインドア世界選手権で、若きルーキー、ジェロニ・ファハルドがついに優勝した。
 この大会、アダム・ラガはタイトルを決定するかという試合で、それが影響したのか、ラガの走りはいつもとは少しちがっていて、精彩がない。一方、計算上はまだタイトル奪還のチャンスがあるアルベルト・カベスタニーは、ラガに輪をかけて精彩を欠き、なんと6人中最下位になってしまった。ラガは3位でファイナルに進出。ファイナルを待たず、ラガはこの時点で、2戦を残して3年連続のインドア世界チャンピオンを決定した。
 藤波らモンテッサチームは、大西洋を渡る遠征に、テスト中のワークスマシンを運ばず、市販車での参戦となった。もちろんハンディは小さくないが、今回は藤波とフレイシャが善戦。藤波は優勝の可能性のある走りで、しかし市販マシンのウィークポイントをつかれて3位に落ち着いた。


 今回は、南アメリカという、ヨーロッパから遠い土地のせいか、ワイルドカードライダーの登場はなし。レギュラーメンバーの6人だけが、はるばる南半球のアルゼンチンを訪れた。
 今回のトップバッターはラガ。前回トップスタートだった際は、スタート順などどく吹く風、ばりばりクリーンをたたき出したものだったが、今回は第1セクションから5点。タイトル獲得に向けての緊張なのだろうか。しかしその実、今回のセクションは微妙にむずかしい設定だった。続くランプキンも、減点は少なくない。
 ラガとランプキンに続いてスタートしたのが藤波。藤波はふたりの走りを観察し、5点の可能性が高いセクションとクリーンできるセクションをよりわけ、クリーンできるセクションを集中してトライした。そしてクォリファイは2位で通過。なんとクォリファイトップはファハルドだった。
 ファハルドのクォリファイトップはこれが初めてだが、今回のファハルドはうまかったというより、ライバルの失敗にうまく乗じて得た成績だった。
 カベスタニーは、持ち前のうまさはあいかわらずだが、今回はクリーンしそこないの5点が多かった。ラガのタイトル阻止の主役ではあるが、事実上、すでにカベスタニーがタイトルを獲得するのは不可能(ラガが3戦連続無得点でカベスタニーが3戦連続で勝利するなど場合でこれが実現するが、インドアではスタートすればポイントは3点が与えられる)。ラガのタイトル獲得劇を、自身のぶっちぎりの勝利で水を差そうとした結果の、失敗劇だったかもしれない。カベスタニーは、最下位の6位となった。この浮き沈みの激しさも、カベスタニーの持ち味のひとつだ。
 フレイシャは、ここ2戦続けて4位を獲得した。シーズン序盤の低迷期から、徐々に4ストロークマシンに乗り慣れてきているようにも思える。
 ランプキンはフレイシャに破れてモンテッサチーム最下位の5位。ファイナル進出からは遠い戦いを続けていることに、本人も動揺は隠せないようだ。
 そしてファイナル。序盤の2セクションは、藤波がゲームをリードした。しかし第3セクションのビッグステップは、2ストロークのガスガスのためにあるようなポイントだった。もちろん4ストロークだから走破不可能という地形はないのだが、世界のトップクラスのインドアセクションでは、トップライダー用のマシンが必要だ。今回藤波が走らせたのは誰でも購入できるスタンダードマシンだったから、ラガらのワークス・ガスガスの向こうを張るのは、ちょっと無理があった。
 ビッグステップさえ登れてしまえばあとは簡単だったから、ここでふたりがクリーン、藤波だけが5点。ここで藤波は3位に落ち着き、以後、3位のまま挽回を試みるも、ダブルレーンのあと、ふたたび藤波に厳しいビッグステップが登場。この5点で、藤波の3位は確定的となった。
 ラガとファハルドの戦いは、最後の最後まで続いた。最終セクションでラガが5点をとると、ファハルドはタイムオーバーの1点(インドアトライアルでは、ひとつのセクションで1分をすぎると減点が加算される)を加えて3点でここを通過。ハイジャンプでバーを落としながらも、初優勝を達成した。
 先輩ラガのチャンピオン獲得劇に向けて、後輩なりのはなむけだったのかもしれない。ラガが優勝し、ランプキンが5位に沈んだことで、ランキング3位はファハルドが浮上。50ポイントのファハルドに対して、ランプキンは49点、藤波が48点と、こちらの争いも熾烈になっている。

Indoor Trial World Championship 2005
Buenos Aires Indoor Trial

Final Lap(決勝)
1位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 16
2位 アダム・ラガ ガスガス 17
3位 藤波貴久 レプソル・モンテッサ・HRC 24
Qualificarion Lap(予選)
1位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 19
2位 藤波貴久 レプソル・モンテッサ・HRC 21
3位 アダム・ラガ ガスガス 23
4位 マルク・フレイシャ レプソル・モンテッサ・HRC 24
5位 ドギー・ランプキン レプソル・モンテッサ・HRC 28
6位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 28
PointStandings(ランキング)
1位 アダム・ラガ 96
2位 アルベルト・カベスタニー 72
3位 ジェロニ・ファハルド 50
4位 ドギー・ランプキン 49
5位 藤波貴久 48
6位 マルク・フレイシャ 36
4位 ドギー・ランプキン 49
7位 トニー・ボウ 14
8位 タデウス・ブラズシアク 8
9位 ジェローム・ベチューン 5
10位 ミケーレ・オリツィオ 1
11位 野崎史高 1

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る