2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)
  76. 全日本R7東北リザルト

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 2日目

 SSDT、2日目が終了した。
 コースとセクションの毎日の設定は、参加者の話や表情を見ていると、微妙に日々変わるようだ。たとえば初日は、1年ぶりのスコットランドの地形にびっくりして、実力以上にくたびれる。木曜日や金曜日になると、それがだいぶ楽になってくる。この日火曜日は、振るい落とされるべきライダーにとっては、苦しい1日になっているはずだ。日本人ライダーは、みな元気に走っている。成績の方は、森進太郎と杉谷をのぞいては、見事に下位グループに集まってしまったが、SSDTでは、走り続けていることが重要だ。


 2日目、オールクリーンで30セクションを回ってきたのは、グラハム・ジャービスとミッシェル・ブラウン。これで、順位はころっと入れ替わったが、このクラスの人にとって、オールクリーンも可能だけど、5点くらいの減点もすぐにとってしまうから、今日トップにでたといっても、まだまだ先は見えない。きのうオールクリーンをしたジェームス・ダビルは2日目だけで10点をとってしまった。いかにも若いという点の取り方です。でも、去年出場した成田亮によれば、あのコースあのセクションで1日走って減点が数点というのは信じられないとのこと。日本の国債A級ライダーが信じられない走りを、SSDTでは世界選手権のトップライダーだけでなく、イギリスのふつうのらいだーがこなしていくところが、これまた信じられないわけだ。
 ライア・サンツはこの日12点! 56位に進出した。きのうの36点から一気に減点を1/3にしてきたのだからすごい。もしSSDTの走り方に気がついてしまったのだとしたら、今後さらに成績が上がってくるんじゃないだろうか。
 SSDTでは、スタート順がグループごとに毎日変化する。初日はゼッケン1番が最初にスタートしたが、今日、ゼッケン1は一番最後の方になる。270人を6で割ると45人。ゼッケン45番が2日目の第一スタートということになるんだろうか。とすると、宮川、神部、杉谷、由利子の日本人組はもっとも遅いスタートになっているのかな?
 森進太郎は1日あたり40点ペース。減点88点で順位も88位。イリス・クラマーは50点ペースでトータル減点107、112位。杉谷は162位。減点は152点。きのうより順位を落としているが、いいペースといえると思う。
 宮川さんは225位(212点)、神部さん235位(222点)、由利子さん246位(249点)。1日目の宮川さんはケティ・サンター(女性デ・ナシオンイギリスチームの代表選手のひとり)に迫る勢いだったけど、杉谷と同じくみんなでペースを落としている。減点なんか気にしないで、どうぞスムーズに走りきってください。
 猪倉さんは16分のタイムオーバー、野牧さんは31分。でもセクション見落としもなく走っている模様。猪倉さんが252位(290点)、野牧さんが253位(303点)。
 そろそろリタイヤする人や、セクション見落とし(減点50点)が並んでいる人などが目に付き始めた。日本勢は、がんばっているといえそうです。

関連記事

  • FIMトライアル

    2016年の世界選手権

  • 2007ウイダー日本グランプリ

  • インドア、ミラノは今週末

  • 藤波の乱調を振り返る

  • ライア・サンツ7回目のタイトル獲得

  • チャンピオン製のセクション

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

イベント(大会)

3/25 BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会

BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会のお知らせ 最近の九州オフロード界は高齢化が進み、若手育成、人口増が課題…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。