2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

シェルコのSSDT

サム・コナー
優勝したサム・コナー
Photo:Sherco Information

 SSDT終了から一夜明けて、シェルコからプレスリリースが届いた。
 シェルコはサム・コナーが初優勝し、一方、SSDTには初登場の4T(4ストロークマシン)はリタイヤということになった。
 プレスリリースでは4Tのリタイヤにも触れているので、ご紹介します。


 シェルコは1999年にニューマシンとして登場したが、以降7年間に4回(1999、2003、2004、2005)勝利を飾ったことになる。ライダーはグラハム・ジャービス、ジョアン・ポンスに続く3人目。
 ジャービスは、2日目までは好調だったが、3日目にスコアを落として今回は6位となった。コナーは全体的にとてもよいパフォーマンスを演じ、金曜日にトップに躍り出た。最後はベン・ヘミングウェイ(モンテッサ)との激しいトップ争いとなったが、1ポイント差でトップを守ったことになる。
 3人目のシェルコ期待の星、ポンスは、しかし電気トラブルを発生させ、修復できないままに4日目以降の試合参加をあきらめた。
 シェルコでは、7年間で4回という高い勝率が示すマシンの優秀性と、異なる3人のライダーが次々とウイナーとなったことで、ライダーを選ばぬ乗りやすさをアピールしている。
■優勝したサム・コナーのコメント
「すばらしい結果となった。スコティッシュはいつ来てもハードで、でも今年は例年になくむずかしかった。それは、毎日、リーダーが変わるということになったリザルトが証明している。この大会には何回か参加しているが、勝利を獲得できて、とても満足だ。今回用のシェルコ2.9を受け取ったのは大会の1週間前で、充分に乗り込む時間はなかったのだけど、マシンは完璧で、なんの問題もなかった」

ポンスと4T

4Tを走らせたポンス
Photo:Sherco Information

■4Tを走らせたジュアン・ポンス
「その日、最初のセクション軍はスタートから50キロ先にあった。そこについたとき、すでにマシンはおかしくなり始めていた。おそらくは、雨に濡れたことによるなんらかの不都合があって、電気トラブルを発生したものだと思うけれど、正確にはわからない。その日はまだ180キロの行程が残っていたから、そのまま走り続けるより、一度パドックへ戻って、きちんと修復をして残りを走り続けるという判断をした。それで雨の中、今来た道をパドックへ戻ったんだ。それからパドックで、マシンを修復させるべく、必死で作業に及んだ。でも、とうとうマシンは、試合に復帰するコンディションにはなってくれなかった。それでリタイヤを決意したんだ。この結果はとても悲しいものだったけど、でも、リタイヤするまでのマシンのパフォーマンスにはとても満足している。セクションでは、とてもすばらしい性能を発揮した。来年、また戻ってきて、必ず好成績を上げてみせる」

関連記事

  • フランスGP速報中

  • どうなるかXispa

  • マヨルカで、藤波表彰台

  • 1604トライアルGP全員集合

    2016開幕戦は手負いのボウが勝利

  • スペインもボウ

  • パーフェクト・ボウ、5連勝

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

1月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強…

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。