2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、連続タイトル

08マドリッドのボウ

 インドアトライアル世界選手権は、3月15日、スペインのマドリッドで最終戦がおこなわれ、2008年の全5戦が終了した(当初の予定は6戦だったが1戦キャンセルとなった)。
 7500人のお客さんを集めた最終戦は、2007年チャンピオンのトニー・ボウ(モンテッサ)がライバルを押さえて快勝し、2年連続のインドア世界チャンピオンに輝いた。ボウは5戦中4勝の圧勝だった。
 2位はアルベルト・カベスタニー(シェルコ)、3位はアダム・ラガ(ガスガス)。この結果、ランキングでは両者が同点となったが、1勝をあげたラガが2位となっている。
 藤波貴久は4位で、ランキングも4位となった。

08マドリッドのトニーの走り

 ボウには、プレッシャーというものは存在しないのだろうか。逆に、すでにタイトルの望みのないラガ(ボウがクォリファイに出走した時点で、ボウのチャンピオンは決定した)にプレッシャーすら与える勢いのライディング。10分の持ち時間を2秒超過してのタイムオーバー(ヨーロッパでは、10分間の持ち時間は10分00秒の時点で切られるのではなく、11分00秒以前までと数える。日本人には理解できないけど、これがヨーロッパの趨勢です)と1点がふたつ、2点がひとつという、ほぼ完璧なスコアでファイナルに進出。

08マドリッドのラガ

 チャンピオン争いが絶望的となり、しかしまだランキング2位争いの渦中にいるラガは、第1セクションから5点をとるなどちょっと不幸な滑り出し。しかし最初と最後で5点をとった以外はこちらも完璧なトライ。第1セクションをボウと同じく2点に抑えていたら、最終セクションで5点となってもボウと同点だったという好結果だった。
 ファイナル進出の最後のキップを争ったのが、アルベルト・カベスタニーと藤波貴久。このふたりは5点の差を持ってランキング4位争いの真っ最中。しかしインドアで5点のポイントをひっくり返すのは容易ではない。藤波が優勝するとしたら(10点加算)カベスタニーが4位以下でなければならず、藤波が2位ならカベスタニーは最下位でなければいけないという状況。しかし藤波にしても、あきらめるわけにはいかない。

08マドリッドのカベス

 8つのオブザーブドセクションを、カベスタニーは17点で終了した。対して藤波は13点! ラガに劣ること1点の好結果だ。しかしこれに費やした時間が11分42秒。タイムオーバーは2点となった。
 ハプニングはこのあとおこなわれたハイジャンプ。オートバイの高飛びである。カベスタニーはすべてのバーを落とさずここまでの小計が17点。ところが藤波は、珍しくバーを落として3点を加算してしまった。ハイジャンプでの減点は、ドギー・ランプキンが5点、インドア世界選手権初挑戦のダニエル・オリベラスが3点と藤波の3点、3人だけだった。この結果、カベスタニーに逆転を許して、17対18で最後の勝負のダブルレーンの戦いとなった。
 ダブルレーンでは、藤波がダッシュ、カベスタニーを抑えて勝利を飾ったが、この勝利でカベスタニーに科せられる減点は1点。18点対18点で同点となった。
 同点の場合、クォリファイラップではオブザーブドセクションでの走行時間の短いものが上位となる。藤波は11分42秒。カベスタニーは減点なしの10分42秒。このタイム差で、カベスタニーのファイナル進出が決まった。ファイナルでカベスタニーが善戦して2位となったので、カベスタニーと藤波の間には8点のポイント差が残ることになった。
 クォリファイを2位で通過したラガは、ファイナルではミスが多く、ボウの追撃などとうてい不可能な走りっぷり。しかし今回3位に入ったことで、カベスタニーの追撃をぎりぎりで退け、ランキング2位を獲得した。両者のポイントは同点。優勝1回の実積を残しているラガが上位につけることになったわけだ。
 5位はすっかり指定席になってしまったジェロニ・ファハルド。6位はこのインドアシーズンではついにいいところがなかったランプキン。そしてがんばったがやはりインドア世界選手権の壁は厚かったオリベラスが7位となって、最終戦は終了した。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る