2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ワールドゲームズ

ワールドゲームスパンフレット

 来る7月22〜23日、ドイツでワールドゲームスワールドゲームズ藤田秀二さんよりご指摘をいただき修正しました。ワールドゲームズ協会にも確認していただいたとのこと。ご指摘ありがとうございました。が開催され、ここでトライアル競技が公開行儀として開催される。
 ワールドゲームズとは、オリンピック競技やオリンピック競技種目以外の競技で開催される国際スポーツ大会で、これにインドアトライアルが参加することになった。
 トライアルを(二輪モータースポーツを)オリンピック競技に、という動きは数年前から続けられている。今回のワールドゲームズも、その流れの一環だと考えていいだろう。 ちなみに、前回のオリンピックゲームスは、2001年に秋田で開催された。


 会場は「Konig-Pilsener-ARENA(Oberhausen)」で、参加ライダーはこんな感じ。
●スペイン
 マルク・フレイシャ/ジェロニ・ファハルド/アダム・ラガ
●イギリス
 スティーブ・コリー/グラハム・ジャービス/ドギー・ランプキン
●日本
 藤波貴久/黒山健一/野崎史高
●イタリア
 バレリオ・バウチェ/ミケーレ・オリジオ/ダリオ・デレーレ・ガンディーネ
●フランス
 クリストフ・ブルオン/ブルーノ・カモッジ/クリストフ・カモッジ
●ドイツ
 カールステン・ストランコファー/ ULZHEIMER STEFFEN/WASSERMANN CHRISTIAN
 カベスタニーの名前がないが、パドックのうわさでは、条件の悪い興行イベントにはでたくないと、いつものわがままがでている模様。ただしパドックのうわさだから、真相はわかりません。
 試合のシステムはインドアでナシオンのそれと似たようなものになると思われるが、インドアでナシオンのセクションをそのまま持ち込んでは、トップ3カ国のライダー以外は事実上走れないから、さて、どんなセクションになるのだろうか?

 IOCがFIMを加盟団体としたとき、性急な方々は、トライアルがすぐにでもオリンピック競技になるのではないかといきりたったけれど、まぁそんなことはない。世の中の人々は、たいていせっかちだ。裏金が大量に動いたり、手段を選ばない事業だとご希望のペースでことが進むのかもしれないが、トライアルとオリンピックの関係は、正直に進展しているので、期待通りには進まない。ただし、後退してもいない。
 ライダーとしては、こののんびりしたキャンペーンへの協力を要請されるのだが、ライダーもシーズンのど真ん中に、たいへんなのである。

 ところで、このたびIOCは、野球とソフトボールをオリンピック競技からはずすことを決定した。「世界的な普及度の低さなどから支持を得られない」というのが理由だそうだ。競技力が一部の国・地域に偏っていることも、オリンピック競技からはずされた理由になっている。
 となれば、事実上たった3カ国の選手で競われている現在のトライアルが、オリンピック競技になるためには、そうとうたいへんな努力が必要ということになる。ギリシャやロシアや、アフガニスタンや聞いたこともない小さな国の選手までが、みんなが楽しんで競技に参加できる「世界選手権」の確率が、オリンピック競技となるには必須の条件のように思える。
 どんどん先鋭化していくトップグループのライディング技術はほれぼれするものだが、同時にレベルの格差も広がっている。オリンピック云々とは離れてみても、これはむずかしい問題なのである。
 今回のオリンピックゲームスは、そういった点で、従来のトライアル競技とちがう試合システムをためすいいチャンスだと思っていたのだが、どうもあんまり画期的なものではないようだ。たとえば高飛び競技みたいに、全員がトライできる難易度の低いところから始めて、だんだん難度を上げていくなどの競技はできないものか、などと思うのだが、トライアル改革も、なかなかむずかしいようである。

○追記○
 この、オリンピックとトライアル問題について、興味深いドキュメントがあった。「テコンドーはどうしてオリンピック種目に残ったのか」というもので、テーマはテコンドーについてですが、トライアルとオリンピックの将来について予測する場合の材料がたくさん並んでいます。
 トライアルが(正確に言えばモーターサイクルスポーツが?)オリンピックの認可競技の仲間入りをしたのは、サマランチ会長がスペイン人であり、ベルネダFIMトライアル委員長がスペイン人であり、またFIMのオフィスがIOC事務所の隣にあったという背景がささやかれているのだけど、真相はいかに?
 それにしても、採点の公平さとか、世界中での普及度など、ここで語られていることは、トライアルについてもまったく同じことがいえるような気がして思わずうなってしまいました。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る