2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ワールドゲームズ

ワールドゲームスパンフレット

 来る7月22〜23日、ドイツでワールドゲームスワールドゲームズ藤田秀二さんよりご指摘をいただき修正しました。ワールドゲームズ協会にも確認していただいたとのこと。ご指摘ありがとうございました。が開催され、ここでトライアル競技が公開行儀として開催される。
 ワールドゲームズとは、オリンピック競技やオリンピック競技種目以外の競技で開催される国際スポーツ大会で、これにインドアトライアルが参加することになった。
 トライアルを(二輪モータースポーツを)オリンピック競技に、という動きは数年前から続けられている。今回のワールドゲームズも、その流れの一環だと考えていいだろう。 ちなみに、前回のオリンピックゲームスは、2001年に秋田で開催された。


 会場は「Konig-Pilsener-ARENA(Oberhausen)」で、参加ライダーはこんな感じ。
●スペイン
 マルク・フレイシャ/ジェロニ・ファハルド/アダム・ラガ
●イギリス
 スティーブ・コリー/グラハム・ジャービス/ドギー・ランプキン
●日本
 藤波貴久/黒山健一/野崎史高
●イタリア
 バレリオ・バウチェ/ミケーレ・オリジオ/ダリオ・デレーレ・ガンディーネ
●フランス
 クリストフ・ブルオン/ブルーノ・カモッジ/クリストフ・カモッジ
●ドイツ
 カールステン・ストランコファー/ ULZHEIMER STEFFEN/WASSERMANN CHRISTIAN
 カベスタニーの名前がないが、パドックのうわさでは、条件の悪い興行イベントにはでたくないと、いつものわがままがでている模様。ただしパドックのうわさだから、真相はわかりません。
 試合のシステムはインドアでナシオンのそれと似たようなものになると思われるが、インドアでナシオンのセクションをそのまま持ち込んでは、トップ3カ国のライダー以外は事実上走れないから、さて、どんなセクションになるのだろうか?

 IOCがFIMを加盟団体としたとき、性急な方々は、トライアルがすぐにでもオリンピック競技になるのではないかといきりたったけれど、まぁそんなことはない。世の中の人々は、たいていせっかちだ。裏金が大量に動いたり、手段を選ばない事業だとご希望のペースでことが進むのかもしれないが、トライアルとオリンピックの関係は、正直に進展しているので、期待通りには進まない。ただし、後退してもいない。
 ライダーとしては、こののんびりしたキャンペーンへの協力を要請されるのだが、ライダーもシーズンのど真ん中に、たいへんなのである。

 ところで、このたびIOCは、野球とソフトボールをオリンピック競技からはずすことを決定した。「世界的な普及度の低さなどから支持を得られない」というのが理由だそうだ。競技力が一部の国・地域に偏っていることも、オリンピック競技からはずされた理由になっている。
 となれば、事実上たった3カ国の選手で競われている現在のトライアルが、オリンピック競技になるためには、そうとうたいへんな努力が必要ということになる。ギリシャやロシアや、アフガニスタンや聞いたこともない小さな国の選手までが、みんなが楽しんで競技に参加できる「世界選手権」の確率が、オリンピック競技となるには必須の条件のように思える。
 どんどん先鋭化していくトップグループのライディング技術はほれぼれするものだが、同時にレベルの格差も広がっている。オリンピック云々とは離れてみても、これはむずかしい問題なのである。
 今回のオリンピックゲームスは、そういった点で、従来のトライアル競技とちがう試合システムをためすいいチャンスだと思っていたのだが、どうもあんまり画期的なものではないようだ。たとえば高飛び競技みたいに、全員がトライできる難易度の低いところから始めて、だんだん難度を上げていくなどの競技はできないものか、などと思うのだが、トライアル改革も、なかなかむずかしいようである。

○追記○
 この、オリンピックとトライアル問題について、興味深いドキュメントがあった。「テコンドーはどうしてオリンピック種目に残ったのか」というもので、テーマはテコンドーについてですが、トライアルとオリンピックの将来について予測する場合の材料がたくさん並んでいます。
 トライアルが(正確に言えばモーターサイクルスポーツが?)オリンピックの認可競技の仲間入りをしたのは、サマランチ会長がスペイン人であり、ベルネダFIMトライアル委員長がスペイン人であり、またFIMのオフィスがIOC事務所の隣にあったという背景がささやかれているのだけど、真相はいかに?
 それにしても、採点の公平さとか、世界中での普及度など、ここで語られていることは、トライアルについてもまったく同じことがいえるような気がして思わずうなってしまいました。

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。