2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. 2017TDNエントリーリスト
  5. イベント(大会)
  6. 2017年9月号電子版
  7. 2017年9月号
  8. リザルト中国
  9. スタイルマーチンニューモデル
  10. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. かわうちトライアル
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)
  17. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  18. トムスのロゴ
  19. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部
  24. 1708電子版
  25. 自然山通信8月号
  26. チビのとびつき
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. 原発見学
  33. リザルト関東
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)
  36. 2017北海道
  37. 動画チャンネル
  38. 2017北海道大会
  39. イベント(スクール)
  40. 2017日本グランプリ公式DVD
  41. 動画チャンネル
  42. 2017全日本北海道までのランキング
  43. 2017全日本北海道リザルト
  44. 2017TDN
  45. 自然山通信2017年7月号
  46. イベント(大会)
  47. リザルト東北
  48. リザルト九州
  49. 2017フランスGP
  50. MFJトライアル
  51. EXスポーツ FIMトライアル放送
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. リザルト中部
  59. リザルト中国
  60. 2017マスターズ第3戦
  61. 全日本第4戦中国大会レポート
  62. 三谷モータースポーツ新製品
  63. ガスガス用ラジエタープラグ
  64. 動画チャンネルR4中国
  65. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  66. 全日本第4戦中国大会リザルト
  67. リザルト近畿
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MFJトライアル
  71. 自然山通信6月号電子版
  72. 2017ど・ビギナー祭典春
  73. 自然山通信6月号
  74. イベント(その他)
  75. 2017 X-TRIAL DVD
  76. リザルト中国
  77. 2日目ボウ
  78. リザルト沖縄
  79. 予選
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)
  85. イベント(スクール)
  86. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  87. リザルト関東
  88. リザルト東北

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ優勝!

インドアロゴ

 早くも2006年シーズンが本格的にスタートした。
 1月7日(日本時間1月8日未明)、イギリスのシェフィールドで開催された伝統のスタジアムトライアルは、5名のノミネートライダーを退けて、ワイルドカードライダーのトニー・ボウ(ベータ・スペイン)が勝利した。インドア/アウトドアのダブルチャンピオンのアダム・ラガ(ガスガス・スペイン)に相手に同点決勝に持ち込み、わずか1点差での勝利だった。


 ボウがインドア世界選手権で勝利するのはこれがはじめて。2005年はやはりワイルドカードとして何回か参戦し、勝利まであと一歩のところまでこぎつけたことはあったが、大ベテランの前に敗退していた。
 藤波貴久(ホンダ・日本)はアルベルト・カベスタニー(シェルコ・スペイン)に4点差で5位。
 藤波はボウに次ぐスタート順が与えられたのが裏目。ボウを優勝の本命と見切れれば、ボウに多少離されても落ちついてファイナルを狙うことができたはずだが、あとにラガやカベスタニーのインドアチャンピオンたちが控える中、ボウに負けてはあとがないという焦りがでてしまったようだ。加えて第6セクションでパンク。ビートが落ちないように3点でセクションアウトするのが精いっぱいという不運もあった。
 マシンは2005年のアウトドアシーズンに使ったワークスマシンで、この点は2004年のインドアシーズンよりは飛躍的に体制強化となった。スペアマシンはランプキンと共通で藤波オリジナルのセッティングではないが、やはりワークスマシンが用意されている。現在は、モンテッサにおいてインドア用マシンの開発も進んでいるということだ。
 ドギー・ランプキン(モンテッサ・イギリス)は第3セクションでひどいクラッシュをし、さらに藤波と同じく第6セクションでパンク。スペアマシンでのセクショントライとなった(今回のランプキンは、地元イギリスでの大会のため、ランプキン専用のマシンをスペアとして持っていた)。結果、藤波に1点差の6位となっている。シェフィールドは長くドギーのために開催されるようなドギーの地元の大会だったが、2005年にはじめて敗北し、2年続けて地元のファンに勝てないドギーの姿を見せることになってしまった。
 ランプキンが敗退して、いささか興ざめの勘があった観客を盛り上げたのが、ボウだった。
 実はクォリファイでボウとラガが同点の接戦となったことを受けて、ダブルレーン(よーいどんの競争)でラガを勝利させるため、ファハルドが作戦に協力。これに、イギリスの観客がブーイングを発するという事件があった。
 このままラガが勝利したのでは観客のブーイングがおさまることもなかったが、結果はボウが同点決勝のダブルレーンでラガをくだして勝利をおさめるという劇的なものとなり、悪役ラガに対してボウはイギリスの観客を味方につけて勝利を得たということになる。地元のヒーロー、ランプキンが失速した瞬間、イギリス人ではないものの、あらたなヒーローを誕生させ、シェ,フィールドの夜は更けていった。
 ジェームス・ダビル(ガスガス・イギリス)とシャウン・モリス(ガスガス・イギリス)の“本来の”ワイルドカードライダーは純と当に7位と8位になっている(先に発表されたプレエントリーエスとでは、ワイルドカードはボウとモリスの二人になっているが、開けてみたらダビルも参加している。ノミネートライダーは5名と決まっているが、一説には“チャンピオンの可能性が出た”ボウが、このまま選手権を出場し続けるという超法規的処置も考えられているという)。
 第2戦は1月13日、フランスのマルセイユで開催される。この日は、奇しくも藤波貴久の誕生日である。

順位 ライダー ファイナル クォリファイ
1 トニー・ボウ 10 6
2 アダム・ラガ 11 7
3 ジェロニ・ファハルド 16 12
4 アルベルト・カベスタニー 12
5 藤波貴久 16
6 ドギー・ランプキン 17
7 ジェームス・ダビル 36
8 シャウン・モリス 40

関連記事

2017TDNエントリーリスト

エントリーリストで想像する今週末のデ・ナシオン!

今週末にスペインで開催されるトライアル・デ・ナシオンのエントリーリストを眺めながら、いろいろと想像してみます。(現地取材中の西巻より) …

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。