2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU
  56. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDTはじまる

 2008年のSSDTが、5月5日にスタートする。
 今年は276名の選手がエントリー、今年の筆頭はドギー・ランプキン。
 日本からは、2名のエントリーがあった。斎藤晶夫と猪倉誠治のふたり。猪倉さんは過去3回SSDTに出場している。晶夫くんは、ご存知チーム三谷の若手A級ライダー。若手A級ライダーがSSDTに参加するのはとてもうれしいし、興味深い。さて、どんな6日間が待っていますやら。


 例によって、できるかぎり、SSDTの結果表から現地の状況を(想像して)お伝えしたいと思います。まずは、最終エントリーリストから。
 ゼッケン26、ハロルド・クロフォードは、アイルランドのトップライダー、ピーター・クロフォードの弟。続くゼッケン27はアレックス・ウイグ。さらにゼッケン30には、アモス・ビルバオが並んでいる。
 34はジェイムス・ダビル。みんな、アメリカ遠征から帰ったばかりだというのに、元気だ。
 43は女子世界選手権で上位に入るマリア・コンウェイ。
 84はサム・コナー。コナーは世界選手権からは引退してしまったが、2005年SSDTの覇者。世界選手権からは退いても、SSDTは末長く楽しめる(苦しめる)トライアル、ということかもしれない。
 99は女子世界選手権チャンピオン、イリス・クラマー。その直後、103が猪倉さんで、104が斎藤晶夫くん。うまくついていければ、イリスはいいペースメーカーになるかもしれない。もっとも、晶夫くんにはイリスよりもう少し上位をめざしてほしいところだけど(比較対象としてはイマイチかもしれないけど、杉谷はイリスとは勝負ができたことがない)。
 131はナイジェル・バーケット。今はスコルパのイギリスインポーターをやっている。根っからのヤマハファンだ。マシンは2ストロークのスコルパSY。
 今年もやっぱり紹介してしまう137はボイタ・クレッカ。なんだかさえないおっさんで、どうやらジャーナリストで、地元スウェーデンの世界選手権にも出場したことがあるんだけど、余りのセクションの厳しさにあっという間にリタイヤしたという経歴もある(それを承知で参加したのだろうけど)。もうずいぶんいい年だけど、毎年欠かさず参加している。つまり、潜在的な体力と実力はあるということだ。そして、イギリスやヨーロッパには、こういう人がぞろぞろいる。
 167はジュニアカップに参戦しているロス・ダンビー。若い選手だが、イギリス人はこんなふうに“ふつうに”SSDTに参加する素地が整っているから、うらやましい。168はドンナ・フォックス。元気なイギリス娘だ。ちなみに杉谷は、このへんにも勝てたことがない。杉谷のダメっぷりを解説しているのではなく、B級で上位を走った経験のある杉谷をして、イギリスのねーちゃんにかなわないという、土俵のちがいを解説しているつもりです。182はエンマ・ブリストウ。この娘も、女子世界選手権を走ってる。まだデ・ナシオンの代表選手には選ばれないけど、そのうちイギリスを担う選手に成長するにちがいない。198、ケティ・サンターもそんな女子ライダーのひとり。彼女は世界選手権ではあんまり上位に来ないけど、SSDTではそれなりのポジションをキープする。トリッキーなライディングは得意ではないけど、ベーシックなところではポテンシャルが高いというイギリス人気質は、男も女も共通ってわけだ。
 205と206はベンとダンのヘミングウェイ兄弟。ベンは世界選手権にも参戦していたことがあるし、ドギー・ランプキンのマインダーを務めたこともある。二人とも、イギリスのトップライダーだ。
 211はジョルディ・パスケット。300ccのベータ4ストロークでの参戦だ。
 そして217はドギー・ランプキン。ランプキンのSSDT出場は久々。218はいとこのジェイムス(ずっとドギーのマインダーをやっていた)、219はハリー・ランプキン。そしてついでに220はジェイク・ミラー。世界選手権の広報官であり、ドギー・ランプキンのWEBサイトの管理人でもある。今はすっかり丸い体形になっでしまったが、こういう人が、しっかりSSDTに参加するんだから、イギリスはあなどれない。
 225はユースのトップ争いを展開中のジャック・シャロナー。
 262はスコットランドのトップライダー、ギャリー・マクドナルド。そして263は、この人もSSDTでは健在、グラハム・ジャービス。
 こんな感じの276名が、6日間の荒野の旅に出ようとしている。

関連記事

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

カーボン製ロングフォークプロテクター発売

ミタニモータースポーツより、スタイリッシュな「カーボンロングフォークプロテクター」が発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る