2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ロシアもラガ

 インドア世界選手権第7戦ロシア、サンクト・ペテルブルグ大会は2月12日日曜日に開催された。
 ファイナルに進んだのはラガ、カベスタニー、ファハルドの3人。ボウが2勝するなど、今シーズンは波乱もあるが、シーズン中盤になってみると、結局ラガが独走態勢を築きつつある。


 藤波は、クリーンをした第3セクションでマシントラブル(ブレーキペダル折損)が発生し、残り4セクションのうち2セクションをスペアマシンで走り(フレイシャのマシンをベースにしたランプキンと藤波の仕様を合体したものらしい)残り2セクションをブレーキペタルを修復した自分のマシンで走った。しかし最後の2セクションは、ブレーキの修復に時間がかかり(といっても、もともと7つのセクションを10分以内に走る決まりだから、修復に要した時間はかかっても2〜3分)最後のふたつのセクションは合わせて40秒で走り切らなければいけないこととなった。そしてこのふたつを5点となり、いつにない大量5点を集め、前回アイルランドと同様の6位となってしまったのだった。
 勝ったのはラガ、ファハルドが2位、カベスタニーが3位。4位がボウ、ランプキンが5位となっている。
 勝つけどやや安定しないボウ、安定して表彰台を狙うが、ときどきはずすカベスタニー、いまだ勝ち星がないファハルド、これに対して勝てる時には確実に勝ち、ライバルが調子に乗っている時には確実に上位につけるチャンピオンのセオリーを実践しているのがラガということになる。
 今回は、大会運営側の手落ちもあった。トライするたび、セクションが変化してちがうセクションになっていく。ファイナルでは、ついに難度のまったくちがうものになってしまったため、作業員がセクションに入って補修作業。水のセクションで濡れた靴で動き回ったため、結局それまでとはちがうセクションになってしまった。この時点で走り終わっていたのはラガのみ。該当セクションをキャンセルか続行かで協議があったものの、結局最後にトライするということでファハルドとカベスタニーがここを走った。
 もしもセクションに補修の作業がなかったら、もう少し結果がちがっていた可能性もなくはない。インドアは、走るほうも慣れが必要だが、やはり運営側のほうも、一筋縄ではいかないようだ。
 この2戦、ランプキンと藤波のポジションが逆転したことで、ふたりのランキングは同点となった。

順位 ライダー マシン クォリファイ ファイナル ランキング
(ポイント)
1 アダム・ラガ ガスガス 7 5 1(62)
2 ジェロニ・ファハルド ガスガス 12 11 4(40)
3 アルベルト・カベスタニー シェルコ 5 14 2(47)
4 トニー・ボウ ベータ 15 3(45)
5 ドギー・ランプキン モンテッサ 21 5(29)
6 藤波貴久 ホンダ 21 6(29)
7 タデウス・ブラズシアク ベータ 30 10(3)

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る