2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

マイケル、1点でドギーに迫る

 水曜日のSSDT。
 ドギーは、まだオールクリーン街道を突っ走っています。
 2位にはマイケル・ブラウンで、トータル1点。3位にはパスケットが浮上。
 齋藤晶夫はこの日51点でトータル143点、124位。猪倉誠治はこの日131点でトータル470点の263位。
 残りは3日となった。


 SSDTってところは、ふつうのトライアル愛好者にとっては(たとえばニシマキみたいなの)、完走がすばらしい偉業。出るのは誰でも(抽選に通れば)出られるので、6日間きちんとマシンと自分をコントロールして、すべてのセクションを(たとえ5点でも途中で動けなくなっても)トライするのは、並大抵の技術と精神力では通用しない。ニシマキは、杉谷に出てみろと言われたことがあるけど、その目の裏に意地悪な好奇心が光ってるのを見て、そしてセクションにライダーが疲労困ぱいして到着するのを見て、行ってはいけないところだと悟ったつもりになっている。
 ちょっとトライアルがうまい人たちにとっては(杉谷みたいなの)、毎日30点くらいで帰ってくるひとが信じられない尊敬の対象になる。岩盤はつるつる。コースは凶悪。すべてのセクションを疲労困ぱい状態で走るのだから、かすみたいなセクションだって手応えを感じるはずなのだけど、SSDTのセクションはそうじゃない。
 1日を30点くらいでまとめられるライダーにとっては(最近では成田亮とか日下達也とか)、やっぱり上には上がいて、1日を数点で帰ってくるライダーがいるというのが信じられないらしい。
 そんな序列を見ると、この人のやってることってのは、信じられないこと宇宙人の如し。ドギー・ランプキン、3日連続でオールクリーン達成です。90連続クリーン。いやはや。
 しかしすごいのはドギーだけかというと、ドギーに肉薄して、マイケル・ブラウン。1日目に1点着いただけで、2日連続オールクリーン。若いのに、こいつもたいしたものです。1点差でくっついていれば、ドギーにだってなにか不運が起きるかもしれないから、チャンスはあり……かな?
 3位に浮上したのはジョルディ・パスケット。300ccのベータ4ストロークで、この日は減点1。トータル6点。きのうまで減点1点だったスコットランドのギャリー・マクドナルドがこの日5点減点だったので(1点ふたつと3点ひとつ)トータルで並んだ。さらに8点が二人、ジェイムス・ダビルとウェイン・ブレイブロック。グラハム・ジャービスはこの日6点とっちゃってトータル9点になっている。
 シャウン・モリスが11点で9位、サム・ハスラム、ベン・ヘミングウェイ、ダン・ソープが12点で10位、サム・コナーはこの日9点ついてトータル17点、13位。
 ジェイムス・ランプキンとアモス・ビルバオ(かつていっしょにドギーのマインダーをやった仲だ)が19点で15位。アレックス・ウイグが20点で17位。ドギーの弟ハリー・ランプキンが41点で35位。そして42位までで、リザルトの1枚目が終わっている。
 2枚目は、日本人にとってはなじみの薄い、それでもとってもうまいイギリス人たちが大勢を占めている。2枚目の解説は通過して、3枚目へ。
 ミケーレ・ボシが101点で92位。女性トップを守るマリア・コンウェイが123点(この日44点)で110位。エマ・ブリストウは139点(この日48点)で120位。齋藤晶夫はその直後にいて、143点(この日33点)で124位。このふたりの女性陣にはもう一歩で届きそうだけど、このあと数点、あと20点がでっかいのかもしれない。126位で、3枚目は終了。
 4枚目の上のほうに、ドンナ・フォックス。この日51点でトータル150点、129位。そして今年はどうしたんだろう? イリス・クラマーは156点(この日59点)で136位。女性4位のポジションにいる。ケティ・サンターが175点(この日57点)で151位。もうひとりの女性レベッカ・レニソンはリザルト5枚目だから、ここまでの5人とはちょっと差が開いている。でも最近のイギリスは、どんどん新しい女子ライダーが出てくる傾向にあるから、このレニソンさんももうちょっとしたら、世界選手権に名をあげるライダーに成長するかもしれない。5年前は小粒のライダーばかりだったイギリスだけど、今や女子デ・ナシオンでは、しばらくは優勝が続くんじゃないかというくらいの強国になった。その背景にSSDTがあるかどうかはわかんないけど、少なくともSSDTを走って、みんな大物になっているのは、確かだ。
 6枚目。猪倉さんはほとんど完走最下位になってるけど、この日はタイムオーバーもなし、減点131、トータル減点470。3点が10個弱、2点がひとつありました。すばらしい。
 ニューカマーでは、あいからわずジャック・シャロナーがトップで35点、女性ライダー、エマ・ブリストウは12位、13位が齋藤晶夫。今気がついたけど、5人目の女子ライダーであるレベッカ・レニソンはニューカマーのリザルトにのってなかった。ということは、すでに去年かおととし、SSDTを走ってるんだ。いわゆるトライアル的な走り(スペイン的な走りといってもいいかな)としては、そんなにうまくもない人たちが、SSDTをきっちり完走する、そして海外の参加者を圧倒するという図式が、SSDTには多い。イギリス人の独特のうまさは、そんな背景から生まれてくるものかもしれない。
 ちなみにクラス別リザルトには40歳以上というのもあって、トップはイギリスのフィリップ・アンダーソンさんだけど(シェルコ4ストローク)、この日の減点は11点、トータルでは40点。3日間走って100点以下という40歳以上が13人いる。みんな、すごい。
 今日はこんなところです。

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る