2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. T-TRIAL R2モンペリエ
  7. イベント(大会)
  8. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  9. 2017お勉強会
  10. リザルト関東
  11. イベント(その他)
  12. イベント(スクール)
  13. リザルト関東
  14. リザルト中部
  15. ぱわあくらふとのワイドステップ
  16. 三谷モータースポーツの新製品情報
  17. 2018年1月号電子版発売しました
  18. 年末年始休業のお知らせ
  19. 2018年1月号発売のお知らせ
  20. イベント(大会)
  21. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  22. 2018 SCORPA Racing
  23. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  24. 自然山通信2018年1月号
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  27. JITSIE DIMINO
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト近畿
  32. 自然山通信2017年12月号
  33. イベント(大会)
  34. 自然山通信2017年12月号電子版
  35. リザルト中部
  36. リザルト関東
  37. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  38. エトスデザイン
  39. 創刊250号の自然山通信
  40. MFJトライアル
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト関東
  47. リザルト東北
  48. 2017TDN
  49. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  50. イベント(大会)
  51. Honda秋の祭典トライアルデモ
  52. リザルト中国
  53. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  54. MFJグランドチャンピオン大会
  55. 自然山通信11月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 自然山通信11月号
  58. イベント(大会)
  59. イベント(その他)
  60. イベント(大会)
  61. リザルト中部
  62. リザルト関東
  63. リザルト関東
  64. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  65. イベント(スクール)
  66. 自然山通信11月号
  67. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  68. 2017年間ランキング
  69. イベント(大会)
  70. 全日本R7東北リザルト
  71. リザルト北海道
  72. チタンサイレンサーRACE
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. Honda秋の祭典
  76. イベント(大会)
  77. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  78. MFJトライアル
  79. イベント(大会)
  80. イベント(その他)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. トムスの新製品
  84. イベント(大会)
  85. RTL250S用リヤフェンダー
  86. 2018ベータEvo2Tシリーズ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ヨーロッパ選手権

 世界選手権を翌日に控えた土曜日、ほとんどのセクションをそのままに、ヨーロッパ選手権が開催されている。おととしあたりから、世界選手権の一日制が導入されて以来、土曜日はヨーロッパ選手権というシステムが定着してきているようだ。


 ヨーロッパ選手権は、ヨーロッパ人であること、世界選手権のランキング15位以内に入っていないこと、ヨーロッパ選手権のチャンピオンになっていないことが参加の条件になる(アジア人である日本人は「出させて」とお願いすれば出場できるけれども、賞典外でチャンピオンにはなれないことになっている)。
 主なクラスには2クラスあって、トップクラスはジェームス・ダビルやジェローム・ベシュンの参加する“ヨーロッパ選手権”だが、むしろこの選手権のメインカテゴリーは、ジュニア125cc。世界選手権で開催されている“ユース125”と同様のカテゴリーだ。
 選手によっては、国内選手権を250cc(もしくはそれ以上)で戦いながら、ヨーロッパ選手権やユース125に参戦する時のみ125ccを走らせる場合もある。
 わざわざ125ccを走らせるのは“規則だからしょうがない”というのもあるが、最近では、125ccクラスがどんどん広がりを見せているように見える。125ccでこのレベルのセクションを攻めるのは簡単ではない。250ccならするりとのぼれるポイントを、125ccだと思いきり全開で挑まなければいけない。しかしそれが、この時期の彼らには貴重な体験であり、素晴らしいプラクティスであるということを、みんな気がつきはじめたようだ。
 写真はアレックス・ウイグ。今回のジュニア125の優勝は、ユース125でランキング2位になっているロリス・グビアンだが、ウイグは今年からユースに参戦するルーキー。125ccやジュニアカップの整備は、スペイン人だけでなく、イタリア人、フランス人、イギリス人の中からすぐれたライダーを生み出す素地にもなっている。
 日本では、入門者として扱われている125ccだか、ヨーロッパの125は、観衆を前にこんなセクションを走っている。小さなマシンが、とてもかっこよく見えるのである。

関連記事

夏木陽介さん

夏木陽介さんが、1月14日に亡くなったという。享年81歳。まだまだお若いのに、闘病中だったということだ。 (さらに…)…

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。