2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. Honda秋の祭典
  4. イベント(大会)
  5. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. トムスの新製品
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. RTL250S用リヤフェンダー
  15. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  16. リザルト関東
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. R6中部大会までのランキング
  20. R6中部大会までのリザルト
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. 自然山通信2017年10月号電子版
  24. イベント(大会)
  25. 新型力造シート
  26. イベント(スクール)
  27. MFJトライアル
  28. かわうちトライアル
  29. 中部大会招待券プレゼント
  30. MITANI MODEL TR-3
  31. テフロンスロットルパイプ
  32. リア・ディスクプロテクション
  33. リザルト中国
  34. リザルト関東
  35. 2017TDNエントリーリスト
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. 2017年9月号電子版
  40. 2017年9月号
  41. リザルト中国
  42. スタイルマーチンニューモデル
  43. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  44. 2017お勉強会
  45. イベント(大会)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(その他)
  48. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  49. トムスのロゴ
  50. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中部
  54. 1708電子版
  55. 自然山通信8月号
  56. チビのとびつき
  57. イベント(大会)
  58. イベント(大会)
  59. イベント(大会)
  60. 原発見学
  61. リザルト関東
  62. リザルト中国
  63. イベント(大会)
  64. 2017北海道
  65. 動画チャンネル
  66. 2017北海道大会
  67. イベント(スクール)
  68. 2017日本グランプリ公式DVD
  69. 動画チャンネル
  70. 2017全日本北海道までのランキング
  71. 2017全日本北海道リザルト
  72. 2017TDN
  73. 自然山通信2017年7月号
  74. イベント(大会)
  75. リザルト東北
  76. リザルト九州
  77. 2017フランスGP
  78. MFJトライアル
  79. EXスポーツ FIMトライアル放送
  80. リザルト関東
  81. リザルト沖縄
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ランプキン、5点で勝利

 SSDT最終日、ドギー・ランプキンはこの日の30セクションをすべてクリーンし、トータル減点5点。2008年SSDTの勝利者となった。
 4点差でランプキンを追いかけていたマイケル・ブラウンは最終日を1点で終えて、トータル減点10点。ランプキンには届かなかったが、これもすばらしいリザルトだ。
 3位はジェイムス・ダビル。23点の同点でジョルディ・パスケットが入っている。
 斎藤晶夫は100位ちょうどでフィニッシュ。総減点255点だった。
 女子部門ではドンナ・フォックスが282点の104位でトップ。
 猪倉誠治は総減点820点で最下位ながら見事完走した。


 ドギー・ランプキンはやっぱり強かった。6日間のSSDTのうち、4日間でオールクリーン。残る2日間の減点はたったの5点。1点が3つと2点がひとつ。6日間で180のセクションのうち、キャンセルとなったのが11あるから、169セクションのうち、165までをクリーンで走り抜けたということになる。これは怪物級だ。
 2位となったマイケル・ブラウンも相当にすごい。この日1点。トータル減点10点。ドギーさんが出てこなければ、文句なしの最優秀賞だった。
 3位は23点が3人。ジェイムス・ダビル、ジョルディ・パスケット、ウェイン・ブレイブロック。ダビルとパスケットはこの日の減点が1点だったが、ブレイブロックは8点を失っている。30セクションで8点はたいしたものだけど、SSDTのトップクラスでは、このくらいの減点でひとつふたつ順位を落としてしまう結果になる。ただし、SSDTでは3位とか4位という表彰はない。優勝はベストパフォーマンスと呼ばれて、1等賞とはちょっと意味がちがう(実体は同じだけど、なんとなくニュアンスがちがうのだ)。2位はランナーアップと呼ばれる(ゴルフでも、こういう言い方をするみたい)。3位以降は、スペシャルファーストクラス、ファーストクラス、セカンドクラスとおおまかに区分けされる。区分けは完走者の何割までと決まっているのだけど、要するに5位でも8位でも、SSDTのリザルト的にはどちらもスペシャルファーストクラスでおんなじ、ということだ。クリーン、1点、2点、それ以上は何回足をついても3点というトライアルにはぴったりの順位表示かもしれない。
 6位以下は、サム・ハスラム(ジュニアクラスに参戦中)、リアン・ウォルカー(どんな人か謎)、グラハム・ジャーズ(元世界選手権トップランカー)、ギャリー・マクドナルド(スコットランド一のトライアルライダー)、ダン・ソープ(ドギーと同世代の二世トライアルライダー)、アレックス・ウイグ(ジュニアクラスのチャンピオン候補)、ベン・ヘミングウェイ(元ドギーのマインダー。世界選手権に参戦したこともあるし、デ・ナシオンのイギリス代表選手となったこともあり)、シャウン・モリス(ジュニアチャンピオン、世界選手権参戦中)、ジョー・ベーカー(謎)、サム・コナー(SSDT優勝経験あり、元世界選手権参加ライダー)、ジェイムス・ランプキン(元ドギーのマインダー。ドギーの従兄弟)と続き、これで16位。ジェイムス・ランプキンの減点がトータル55点だから、1日平均では10点に満たないことになる。そうそうたる面々だから当然かもしれないけど、それでも、みんなすごい。
 20位に、ジュニアクラスに参戦中のロス・ダンビー、24位にユースでチャンピオンを争うジャック・シャロナー(ニューカマーのトップ)、31位にハリー・ランプキン。ドギーの実弟だ。32位にやはりジュニアクラスに参戦中のジェイムス・フライ。てな感じで42人並んでいる1枚目のリザルトが終わった。
 2枚目になると、いきなり“謎”の人が増えてしまってもうしわけない。2枚目をすっ飛ばして、3枚目にいきます。3枚目は85位から。
 100位ちょうどに斎藤晶夫。この日の減点が35点で、トータル255点だった。まずまずの結果、というところだろうか。ニューカマーでは10位だった。どんな収穫を持って帰ってくるのか、本人の口から感想を聞くのが楽しみだ。
 102位にミケーレ・ボシ。ミケーレの順位は5日目と変わらない。最後に日本人にしてやられてしまいました。
 104位、女子1位はドンナ・フォックス。ずっと女子部門4位だったのに、最終日に大躍進。この日47点、トータル282点。フォックスに続く女子2位はイリス・クラマー。この日71点でトータル303点、113位だった。最初は女子トップだったのに、最後は女子3位に落ちついたのがエマ・ブリストウ。この日63点でトータル305点。115位。ニューカマーでは13位につけた。5日目まで女子トップだったマリア・コンウェイはこの日78点の減点を喫して307点、116位で女子4位に転落してしまった。女子1位から4位までが25点差だから、なんともし烈な争いだった。女子5位はケティ・サンターはこの日64点でトータル367点、148位。リザルトは4枚目だけど、この成績もたいしたもの。並の日本人だったら太刀打ちできない(杉谷は、確か勝てたことがない)。女子6位はレニソンで、562点、231位だった。
 我ら報道陣の星、ジェイク・ミラーは最終日61点、トータル312点で118位。女子4名にことごとくやられてしまった。本人を知っていれば、トライアルをぴょんぴょんやるような体形には見えないから、この結果はたいしたものと称賛すべきだろう。
 ご老体かつ非イギリス人のホープ(?)ボイタ・クレッカは556点で6枚目の真ん中。毎日100点前後でタイムオーバーなし。SSDTの4枚目から6枚目にかけての無名の人たちは、ほとんどみんな、こういう人たちだ。世界には、イギリスには、すごい人がいっぱいいる。
 7枚目には、いまや6人しか残っていない。そのうち4人が失格扱いだ。“生きている”のはふたり。きのう最下位だったアメリカ人のサロスは254位でブービー賞。サロスより10点減点が多かった猪倉誠治が255位で最下位となっているけど、よく見たら二人の減点は仲良く820点でいっしょ。ブービー賞とか最下位とかはSSDTにはないので、セカンドクラス賞ということになる。
 ということで、2008年SSDTは終了した。ドギー・ランプキン圧勝、さすがに強さを見せつけた。しかしドギーでもSSDTのオールクリーンはならずは、やっぱりSSDTといったところだろうか。
 今年もご愛読いただきありがとうございました。これで「SSDTのリザルトを眺めてご報告する自然山的レポート」は終了です。来年は、もっとたくさんの日本人の報告をしたいなぁ。

関連記事

Honda秋の祭典

え?史上初!泣く子も黙る凄いトライアルデモ!

11月11日(土)、埼玉県朝霞市の本田技術研究所二輪R&Dセンターにて、史上初空前絶後泣く子も黙ってすたすたラジオ体操を始めそうなトライアル…

イベント(大会)

201710/19

11/5中条トライアル

中条トライアルランドの小林です、1年ぶりのご案内ですいません。 そして、ご案内が大変遅くなりましたが「市長杯大会」を下記のとおり実施いたし…

HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン

Hebo ZONE4ヘルメット【MFJ公認】キャンペーン!

世界のトップトライアルライダーが使用するHebo(エボ)ヘルメットが、10月下旬にMFJ公認ヘルメットになります(ZONE 4のみ)。輸入元…

MFJトライアル

全日本選手権2017最終戦SUGO

2017年全日本選手権最終戦は、10月28・29日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 いつものように、マシンやチーム名の記載…

イベント(大会)

201710/19

11/26第六回ノーリミット・トライアル大会

11月26日(日)に湯浅トライアルパークで「第六回ノーリミットトライアル大会」を開催します。もう六回目になりますが、今回は周囲の山へ特設コー…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。