2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ランプキン、5点で勝利

 SSDT最終日、ドギー・ランプキンはこの日の30セクションをすべてクリーンし、トータル減点5点。2008年SSDTの勝利者となった。
 4点差でランプキンを追いかけていたマイケル・ブラウンは最終日を1点で終えて、トータル減点10点。ランプキンには届かなかったが、これもすばらしいリザルトだ。
 3位はジェイムス・ダビル。23点の同点でジョルディ・パスケットが入っている。
 斎藤晶夫は100位ちょうどでフィニッシュ。総減点255点だった。
 女子部門ではドンナ・フォックスが282点の104位でトップ。
 猪倉誠治は総減点820点で最下位ながら見事完走した。


 ドギー・ランプキンはやっぱり強かった。6日間のSSDTのうち、4日間でオールクリーン。残る2日間の減点はたったの5点。1点が3つと2点がひとつ。6日間で180のセクションのうち、キャンセルとなったのが11あるから、169セクションのうち、165までをクリーンで走り抜けたということになる。これは怪物級だ。
 2位となったマイケル・ブラウンも相当にすごい。この日1点。トータル減点10点。ドギーさんが出てこなければ、文句なしの最優秀賞だった。
 3位は23点が3人。ジェイムス・ダビル、ジョルディ・パスケット、ウェイン・ブレイブロック。ダビルとパスケットはこの日の減点が1点だったが、ブレイブロックは8点を失っている。30セクションで8点はたいしたものだけど、SSDTのトップクラスでは、このくらいの減点でひとつふたつ順位を落としてしまう結果になる。ただし、SSDTでは3位とか4位という表彰はない。優勝はベストパフォーマンスと呼ばれて、1等賞とはちょっと意味がちがう(実体は同じだけど、なんとなくニュアンスがちがうのだ)。2位はランナーアップと呼ばれる(ゴルフでも、こういう言い方をするみたい)。3位以降は、スペシャルファーストクラス、ファーストクラス、セカンドクラスとおおまかに区分けされる。区分けは完走者の何割までと決まっているのだけど、要するに5位でも8位でも、SSDTのリザルト的にはどちらもスペシャルファーストクラスでおんなじ、ということだ。クリーン、1点、2点、それ以上は何回足をついても3点というトライアルにはぴったりの順位表示かもしれない。
 6位以下は、サム・ハスラム(ジュニアクラスに参戦中)、リアン・ウォルカー(どんな人か謎)、グラハム・ジャーズ(元世界選手権トップランカー)、ギャリー・マクドナルド(スコットランド一のトライアルライダー)、ダン・ソープ(ドギーと同世代の二世トライアルライダー)、アレックス・ウイグ(ジュニアクラスのチャンピオン候補)、ベン・ヘミングウェイ(元ドギーのマインダー。世界選手権に参戦したこともあるし、デ・ナシオンのイギリス代表選手となったこともあり)、シャウン・モリス(ジュニアチャンピオン、世界選手権参戦中)、ジョー・ベーカー(謎)、サム・コナー(SSDT優勝経験あり、元世界選手権参加ライダー)、ジェイムス・ランプキン(元ドギーのマインダー。ドギーの従兄弟)と続き、これで16位。ジェイムス・ランプキンの減点がトータル55点だから、1日平均では10点に満たないことになる。そうそうたる面々だから当然かもしれないけど、それでも、みんなすごい。
 20位に、ジュニアクラスに参戦中のロス・ダンビー、24位にユースでチャンピオンを争うジャック・シャロナー(ニューカマーのトップ)、31位にハリー・ランプキン。ドギーの実弟だ。32位にやはりジュニアクラスに参戦中のジェイムス・フライ。てな感じで42人並んでいる1枚目のリザルトが終わった。
 2枚目になると、いきなり“謎”の人が増えてしまってもうしわけない。2枚目をすっ飛ばして、3枚目にいきます。3枚目は85位から。
 100位ちょうどに斎藤晶夫。この日の減点が35点で、トータル255点だった。まずまずの結果、というところだろうか。ニューカマーでは10位だった。どんな収穫を持って帰ってくるのか、本人の口から感想を聞くのが楽しみだ。
 102位にミケーレ・ボシ。ミケーレの順位は5日目と変わらない。最後に日本人にしてやられてしまいました。
 104位、女子1位はドンナ・フォックス。ずっと女子部門4位だったのに、最終日に大躍進。この日47点、トータル282点。フォックスに続く女子2位はイリス・クラマー。この日71点でトータル303点、113位だった。最初は女子トップだったのに、最後は女子3位に落ちついたのがエマ・ブリストウ。この日63点でトータル305点。115位。ニューカマーでは13位につけた。5日目まで女子トップだったマリア・コンウェイはこの日78点の減点を喫して307点、116位で女子4位に転落してしまった。女子1位から4位までが25点差だから、なんともし烈な争いだった。女子5位はケティ・サンターはこの日64点でトータル367点、148位。リザルトは4枚目だけど、この成績もたいしたもの。並の日本人だったら太刀打ちできない(杉谷は、確か勝てたことがない)。女子6位はレニソンで、562点、231位だった。
 我ら報道陣の星、ジェイク・ミラーは最終日61点、トータル312点で118位。女子4名にことごとくやられてしまった。本人を知っていれば、トライアルをぴょんぴょんやるような体形には見えないから、この結果はたいしたものと称賛すべきだろう。
 ご老体かつ非イギリス人のホープ(?)ボイタ・クレッカは556点で6枚目の真ん中。毎日100点前後でタイムオーバーなし。SSDTの4枚目から6枚目にかけての無名の人たちは、ほとんどみんな、こういう人たちだ。世界には、イギリスには、すごい人がいっぱいいる。
 7枚目には、いまや6人しか残っていない。そのうち4人が失格扱いだ。“生きている”のはふたり。きのう最下位だったアメリカ人のサロスは254位でブービー賞。サロスより10点減点が多かった猪倉誠治が255位で最下位となっているけど、よく見たら二人の減点は仲良く820点でいっしょ。ブービー賞とか最下位とかはSSDTにはないので、セカンドクラス賞ということになる。
 ということで、2008年SSDTは終了した。ドギー・ランプキン圧勝、さすがに強さを見せつけた。しかしドギーでもSSDTのオールクリーンはならずは、やっぱりSSDTといったところだろうか。
 今年もご愛読いただきありがとうございました。これで「SSDTのリザルトを眺めてご報告する自然山的レポート」は終了です。来年は、もっとたくさんの日本人の報告をしたいなぁ。

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。