2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ランプキン、藤波でワンツー


左から、藤波、ランプキン、ボウ

 強いランプキン、強い藤波が帰ってきたか。
 6月25日、フランスGPは、ドギー・ランプキンと藤波貴久が同点クリーン差で1、2位を分けあった。
 3位はトニー・ボウ、アダム・ラガは4位となって、今シーズン初めて表彰台を逃した。


 ラ・シャトレという小さな街での開催となった今回のフランス大会。セクションはとてもとてもむずかしかった。特にニュースでもないが、トップ8をのぞいたライダーが減点100オーバーとなった。チェコのデ・ナシオン代表選手であるスボーダはオール5点で試合を終えた。


ドギー・ランプキン

 1ラップ目、ラガが絶好調。今シーズン、序盤の失敗を取り返して試合をまとめるパターンのおおいラガにしては、異例の滑り出しだった。1ラップを終えてトップはラガ、ボウが5点差、藤波が6点差、ランプキンは9点差で6位と苦戦していた。
 試合の流れを変えたのは2ラップ目の第1セクションだった。ラガとボウがここで5点となった。藤波は1点、ランプキンはクリーン。さらに第3、第4でもラガはミスを犯し、モンテッサの二人にとっては、一気に道が開けた展開となった。第4では藤波が5点となりランプキンはクリーン。ランプキンの追い上げが急だ。
 勝利は、結局クリーン差の勝負の結果となった。ランプキンが14、藤波が12。これで、藤波は勝利を逃すことになった。アメリカ、日本と、調子を上向かせたい大会で不調に終わった藤波にとっては、なんとしても勝っておきたいところだったが、一方ランプキンとしても、勝ち星のないままシーズンを進めるわけにはいかない。ここでの勝利は、ランプキンにはとても大きな勝利となったにちがいない。


藤波貴久

 観客は4000人。天気が悪かったにもかかわらず、多くの観客がトライアルを楽しんだ。
 ジュニアクラスは二人のスペイン人が表彰台に立った。オリベラスは5点差でジベールに勝利。イギリス人のブラウンは表彰台は得たが、ついにランキングトップを譲り渡してしまった。3人の争いが非常にし烈で興味深い今年のジュニアクラスである。
 ユースクラスではアルフレッド・ゴメスが初優勝。2位はロス・ダンビー。これまでの展開とちょっとちがう結果が出て、ちょっとびっくりだ。
 世界選手権前日のヨーロッパ選手権では、ポイントリーダーのジェームス・ダビルは7位に沈んでいる。優勝はダニエル・オリベラス、2位はダニエル・ジベール。ユース125出身のこのふたりが、めきめきと実力を身につけてきている。125クラスではアレックス・ウイグ(日本大会アメリカ大会を欠席した)が勝利している。

Pos. Rider Machine Pen. Clean
世界選手権
1 ドギー・ランプキン モンテッサ 52 14
2 藤波貴久 モンテッサ 52 12
3 トニー・ボウ ベータ 54 14
4 アダム・ラガ ガスガス 57 11
5 アルベルト・カベスタニー シェルコ 62 13
6 ジェロニ・ファハルド ガスガス 66 11
ジュニア選手権
1 ダニエル・オリベラス ガスガス 61 12
2 ダニエル・ジベール モンテッサ 66 13
3 マイケル・ブラウン ベータ 69 11
ユース選手権
1 アルフレッド・ゴメス ガスガス 48 12
2 ロス・ダンビー ガスガス 50 14
3 ロウレント・モレル シェルコ 53 11

関連記事

2018TRGPスケジュール(現在最新版)

2018年の世界選手権シリーズの日程が、ちょっと変わって発表されている。まだまだ変更があるかもしれないが、日本大会も含めて(日本大会は日程そ…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。