2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. RTL250S用リヤフェンダー
  6. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  7. リザルト関東
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. R6中部大会までのランキング
  11. R6中部大会までのリザルト
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. 自然山通信2017年10月号電子版
  15. イベント(大会)
  16. 新型力造シート
  17. イベント(大会)
  18. イベント(スクール)
  19. MFJトライアル
  20. かわうちトライアル
  21. 中部大会招待券プレゼント
  22. MITANI MODEL TR-3
  23. テフロンスロットルパイプ
  24. リア・ディスクプロテクション
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. 2017TDNエントリーリスト
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. 2017年9月号電子版
  32. 2017年9月号
  33. リザルト中国
  34. スタイルマーチンニューモデル
  35. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  36. 2017お勉強会
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(その他)
  40. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  41. トムスのロゴ
  42. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中部
  46. 1708電子版
  47. 自然山通信8月号
  48. チビのとびつき
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 原発見学
  53. リザルト関東
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. 2017北海道
  57. 動画チャンネル
  58. 2017北海道大会
  59. イベント(スクール)
  60. 2017日本グランプリ公式DVD
  61. 動画チャンネル
  62. 2017全日本北海道までのランキング
  63. 2017全日本北海道リザルト
  64. 2017TDN
  65. 自然山通信2017年7月号
  66. イベント(大会)
  67. リザルト東北
  68. リザルト九州
  69. 2017フランスGP
  70. MFJトライアル
  71. EXスポーツ FIMトライアル放送
  72. リザルト関東
  73. リザルト沖縄
  74. リザルト中国
  75. イベント(大会)
  76. イベント(大会)
  77. リザルト関東
  78. リザルト中部
  79. リザルト中国
  80. 2017マスターズ第3戦
  81. 全日本第4戦中国大会レポート
  82. 三谷モータースポーツ新製品
  83. ガスガス用ラジエタープラグ

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1501シェフィールドのダビル

ベルティゴ、世界戦デビュー

 1月3日、Xトライアル(インドア世界選手権)が開幕し、2015年シーズンからベルティゴに乗ることが決まっていたジェイムス・ダビルが、初めて実戦でその姿を見せた。結果は6位。さて、この結果はなにを物語るのだろうか。

 Xトライアルは、最後にファイナリスト4名が勝敗を競う。しかしこの4名に入るのが、まず大きな難関になる。いま、スペイン人のトップライダーが4名いる。ボウ、カベスタニー、ラガ、ファハルドだ。これにいつもなら藤波がいて、この5人がファイナルを争う代表格となる。ボウがファイナルに出られないことはまずないけれど、どのライダーとてファイナルに進出できずに試合が終わるという可能性はある。
 こんな中でダビルは、2014年のXトライアルで4度ファイナルに残り、ランキング4位を獲得している。インドアといえばスペイン人が強いというご時勢にあって、ダビルはイギリス人ながらインドアに強いライダーでもある。
 今シーズンのインドアは、クォリファイのあと、すぐにファイナルに突入する。これまでクォリファイはテレビ中継がされず、クォリファイで敗退するとテレビを見ているファンには存在しないことになってしまうから、その点でライダーからの不満は少なくなかった。セミファイナルをなくすことで、クォリファイから中継を可能にしたタイムスケジュールなのだろう。
 クォリファイは6セクションで競われる。8人の参加者が、ゲストライダーから順にトライして、上位4名に残るべく戦うのだが、上位ライダーはあとからトライするから、その時点で好成績でも油断はできない。スキー競技やフィギアスケートなど、順番にやるスポーツでは共通するむずかしさだ。
 今回のトップバッターはマイケル・ブラウン。次がエディ・カールソン、アレッシャンドレ・フェレール、そして4番目がダビルになる。

1501シェフィールドのダビルインジェクションのベルティゴのセッティングはコンピュータ作業だ

 クォリファイはふたりずつ走り、まずブラウンとカールソン。ブラウンは6セクションを26点(5点4つと1点一つ)、カールソンはオール5点で30点だった。
 次のふたりがフェレールとダビル。ダビルはベルティゴでの最初のセクションをクリーンして、フェレールに対してリードを奪った。フェレールは足つき減点1点にタイムオーバー減点1点で2点。第2セクションは両者そろって5点、第3セクションはふたりともクリーン、第4セクションはふたりとも5点と勝負はつかない。
 ダビルの痛恨は第5セクションだった。ここをフェレールは1点、ダビルが5点で、ダビルの2点リードはひっくり返ってフェレールの2点リードに代わった。最終第6セクションはふたりとも5点。これでクォリファイはダビルが20点、フェレールが18点で、上位4名のクォリファイを待つことになった。
 結果、上位4名はボウ1点、カベスタニー5点、ラガ9点、ファハルド10点で、ダビルはファイナル進出までに10点及ばずのベルティゴ・デビュー戦となった。
 去年の勢いならトップ争いをしているかもしれなかったダビルがこのスコアということは、それがベルティゴのポテンシャルなのか、あるいはベルティゴに乗り始めたばかりのダビルがまだポテンシャルを引き出しきれていないか、それともまた、ベルティゴそのものが自らのポテンシャルを引き出すベストセッティングを出せていないのか、その答えは、まだもう少し戦いを見ていないとわからない。
 少なくともデビューしたてのニューマシンが、過酷なセクションのオンパレードであるXトライアルで、立派に戦うだけのポテンシャルを持っている点は確かのようだ。

1501シェフィールドのダビル

関連記事

イベント(大会)

201710/18

11/26霧降高原トライアル

今年も日光「霧降高原」でのトライアルバイク大会の開催です。 普段は走れない霧降高原の自然の中を若手ライダーと一緒に走りませんか? […

イベント(大会)

201710/18

11/19ペガサスカップトライアル大会

ペガサスカップトライアル大会 第33回 開催のお知らせです。 初心者だけの初心者のためのトライアル競技の参加、体験。オフローダーによる…

テープはテープ(ルールの解釈・訂正)

トライアルのルールは、むずかしいです。 ゲートマーカーの連続としてのテープの解釈について、まちがった解釈を書いているぞという指摘を…

RTL250S用リヤフェンダー

HONDA RTL250Sのフェンダーが蘇る!

RTL250Sオーナーに朗報! RTL250S カイダック製Rフェンダーが新発売されました。80年代のトライアルマシン。あのフェンダーの輝き…

2018ベータEvo2Tシリーズ

2018 Beta EVO2Tシリーズを解説していただく

アルミ地を生かしたグラフィックが特徴的な、2018 Beta Evo 2Tの仕様変更について輸入元ベータモータージャパンの門永さんに聞きまし…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。