2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波また勝った!/ポーランドGP

 ヨーロッパ3連戦の最後の1戦、ポーランドGPは7月9日に開催された。
 藤波貴久は絶好調。前回イタリアに続いて2連勝を飾って、ランキングも今シーズンはじめて2位まで復活した。
 ランキングトップのアダム・ラガは3戦ぶりに表彰台に乗ってまずまず。
 残り3戦。藤波が3戦とも勝利し、ラガが3戦ともに3位なら藤波チャンピオン、3戦とも2位ならラガがチャンピオンという戦況。あいかわらず藤波には苦しい展開だが、少なからず望みも出てきた。


 旧共産圏、東ヨーロッパで世界選手権が開催されるのは、久々のことだ。といってもポーランドは、ここ数年、ヨーロッパ選手権は毎年開催されている。そしていまや世界のポイントランカー、タデウス・ブラズシアクもいる。ちょっと遠いけど、日本やアメリカに遠征するよりも、センターヨーロッパに近い。
 この大会、セクションはどろどろのコンディションが特徴的だった。これまでの例でいけば、ドギー・ランプキンが得意とするコンディションだった。はたしてこの大会もランプキンの独壇場となるのか。
 試合が始まって、すぐに好調が伝えられたのはカベスタニーだった。フレイシャがばたばたの3点で抜けた以外、他のみんながすべて5点となった第3セクションを、ひとりクリーンした。これでカベスタニーの好調ぶりは、みんなに強い印象を与えたのだった。
 その後、第6セクションでは事件が起こった。一見、それほどむずかしくもなく、あぶなそうでもなかったのだが、下り坂から川に降りるポイントで、藤波が一気に川に向かって転落。体中を強打してしばらく動けないというアクシデントが発生した。リヤが横滑りして落ちてしまったと目撃者は語るが、いずれ、どろどろコンディションがもたらした事件だった。
 ところが藤波は、そこから復活した。1ラップ目にはカベスタニーと同点で27点、わずかに遅れて31点のラガ。ランプキンは4位につけたが、点差はちょっと離れて36点。38点でブラズシアク、フレイシャ、ボウの3人が同点で並んでいる。ブラズシアクは地元での初めての世界選手権だから、がんばりようも格別だ。

 2ラップ目、トップライダーのほとんどが調子を上げてきた。どのライダーも同じような好調ぶりだから、勝負はし烈だ。ただひとり、この争いから脱落していった者がいる。ランプキンだ。ランプキンは得意なはずのマディなコンディションで、らしくないミスを連発して、どんどん勝利のチャンスから遠ざかっていった。
 2ラップ目、特に調子を上げてきたのが、ラガだった。そしてついに、競技が終わる頃には、トップ3人はほとんど同点に並んだのだった。
 点数の集計がされると、はたしてトップは藤波。ラガとカベスタニーは同点で、ふたりは藤波に1点差だった。同点のふたりはクリーン数で、ラガが上位につけることになった。
 しかしこれだけでは終わらなかった。藤波のスコアに対して、ラガ陣営が執拗な抗議。藤波の減点数が1点多いのではないかという者だった。藤波の減点が1点増えれば、トップ3人が同点となり、クリーン数の差で優勝はラガ、藤波は一気に3位となってしまう。



小川毅士は13位。
なかなかトップ10に
くいけめない

 抗議は理不尽なものだったので、藤波の勝利は変わらずだったが、ラガにここまで執拗な抗議をさせたのは、それだけ藤波が驚異の存在になってきたということだ。
 残り3戦。二人のポイント差は15点まで縮まった。日本GPが終わったときには31点もあった両者のポイント差は、たった3戦ののちに16点も縮まっている。残り試合は3戦。藤波とラガがこの勢いで試合を進めれば、藤波の逆転チャンピオンも充分可能性のあることだ。
 ここまで、ラガの勝利はアメリカ大会での2勝。藤波は、ポーランド大会での勝利で今シーズン3勝の最多勝利者となった。残り3戦は、両者の争いが、いつになく興味深いものとなってきている。
 なお藤波は、骨折や体調不良などがあったが、どうやらここへきて、それらの障碍はほぼ克服してきている模様だ。

●世界選手権●

Pos. Rider Lap1 Lap2 Point Clean Ranking
1 藤波貴久 27+1 16 44 14 134
2 アダム・ラガ 31 14 45 16 149
3 アルベルト・カベスタニー 27 18 45 15 125
4 ドギー・ランプキン 36 23 59 13 133
5 マルク・フレイシャ 38+2 28 68 11 77
6 ジェロニ・ファハルド 43+1 25 69 10 100
13 小川毅士 64 60 124 1 18

●ジュニアクラス●

Pos. Rider Point Clean Ranking
1 ダニエル・オリベラス 21 21 157
2 ダニエル・ジベール 22 19 157
3 マイケル・ブラウン 34 17 154

●ユースクラス●

Pos. Rider Point Clean Ranking
1 アレックス・ウィグ 1 29 121
2 ロリス・グビアン 2 29 147
3 マティオ・グラッタローラ 8 23 127

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る