2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ぎりぎりの表彰台。日本3位のTDN

2006年TDN日本チーム

 2006年トライアル・デ・ナシオンが終了した。
 スペインがぶっちぎりの優勝。イギリスはよくがんばったが大差の2位。
 そして厳しかったのが3位争い。16点差の間に日本からフランスが並び、日本とイタリアはたった8点差だった。
 3位が指定席と言われていた日本の順位だが、3人体制となった今年は、指定席が漫然と手に入るものではないことをあらためて思い知らせてくれた。

 日本チーム危うしのシーンに遭遇してしまったので、がんばったライダーのみなさんにはたいへん申しわけないけど、追いつめられるとこういうことになってしまうという象徴として、3枚並べておきます。

2006年TDN野崎史高
2006年TDN小川毅士

 野崎は微妙に高さが足りず、落ちてしまった。小川毅士は、ラインが手前にずれていて、ゲートマーカーを踏みつぶしてしまった。セクションによってはゲートマーカーが落ちても5点をとらないところもあったが、さすがにこれは本人も納得の5点。
 ここは1ラップ目は毅士も3点ででていたところで、野崎と藤波はクリーンしていた。だから二人が揃って5点になった衝撃は大きかった。
 そのショックは、藤波に個人にも影響した。藤波は、マインダーよろしくふたりに指示を出し、アドバイスを出しながら戦っていた。まったくプレイングマネージャーとしての振る舞いと活躍。日本チームに対して献身的な藤波の姿だったが、セクションを走り回って指示を出し、クリーンを出すのに忙しい藤波。そうこうしているうち、ふたりの(といっても、野崎は今回はたいへん素晴らしいライディングをした)失敗が自分の失敗のように感じてしまうようになっていた。
 二人の失敗を見た藤波は、自分が続けて5点をとってしまったあとのトライのように集中力を失って、なんと毅士以上に大きくラインを乱して、ゲートマーカーのはるか手前に着岩、しかも乗りきれずに落ちていった。藤波にはありえない失敗。ライダーとしての仕事に集中できなければ、藤波だってこんな失敗があるのだ。

2006年TDN藤波貴久

 今回は、3人のぎりぎり体制で、なんとか3位を獲得した。いつもの3位とはちがって、この3位はたいへんに価値ある貴重な3位だ。しかし次も、3人で3位が取れるとは限らない。これまでの3位は、ベストメンバーで闘い、全力を出しきって獲得してきたものだ。勝てなかった結果の3位ではなく、勝ち取った3位なのだと、あらためて思い知らされたのが、2006年デ・ナシオン日本チームの、大きな教訓であり、収穫だった。

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

ページ上部へ戻る