2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

小川毅士のステアケースの掟

小川毅士のステアケースの掟

■小川毅士ステアケースの掟

小川毅士先生の新作です。みんなの憧れステアケースを、毅士先生独自の視点から考察、解説してくれました。これまでステアの行き方、練習方法がいちいちわかっていなかった人に、ぜひ見てほしい一本です。

初心者の憧れ、ステアケーステクニック。テクニックへの造詣が深い小川毅士先生が、今回は初心者の皆さんにステアケーステクニックのいろはを教えてくれます。ステアケーステクニックとは、実はサスペンションを理解することなのだという新発見もあります。ステアケース初心者から、なんとなく登れてしまっている人にも、ゼッタイ役に立つお得なテクニック解説です。

マニアックな解説で、これまで何回か上級者向けのテクニックを解説してもらっていましたが、今回はぐーんと敷居を下げて、初心者のためのステアケーステクニックを解説していただきました。今回の教材は高さ50cmのステアケース。生まれて初めてステアケースに挑戦しようという人が、どんな組み立て方で、どんな考え方で練習していったらいいのか、ばっちり解説します。これまでのステアケース攻略法とちょっとちがう取り組みもありますから、今までの学習方法でうまくいかなかった人、あるいはうまくいっていると思っている人も、もう一度毅士先生の門下生になって学んでみてください。無口な印象の小川毅士先生。特にトライアルテクニックについては、しっかりしたことを伝えたくて、言葉を選んでいるというのが真相といいます。反面、解説が始まれば、その論理的かつ斬新な見方はトライアルライダーの中でも出色。いままで習ってきたテクニックとはちがう視点で、はたと膝を打つ教えに出会えるにちがいありません。

◎小川毅士プロフィール/1987年4月4日京都府生まれ。現在は茨城県在住。2011年国際A級スーパークラスランキング4位。WISEベータ・レーシング所属。10歳でトライアル競技参戦開始。国際A級昇格が2000年、13歳のとき。スーパークラス昇格が2003年の16歳で、2006年、2007年にはイタリアを拠点に世界選手権などに参戦した。世界選手権最上位は10位。2010年よりベータのエースとして活躍。強敵ぞろいの全日本で、IAS初優勝まで、あと一歩。

◎使用マシン/BETA EVO 2T
イタリア唯一のトライアルマシン。メーカーとしては老舗の部類で、ジョルディ・タレス、ドギー・ランプキンらの世界チャンピオンマシンとなった。日本でも成田匠、黒山健一、藤波貴久らがベータで全日本チャンピオンを獲得した。現行モデルのEVOは2009年に登場、燃料タンクをフレームにビルトインとした構成はベータのお家芸だが、ぎりぎりまで細くコンパクトに作られている。さらにハイドロフォーミングという革新的フレームワークが採用されて現在に至る。125から300まで豊富な排気量ラインナップがあるが、小川毅士先生の乗るのはトルクとパワーたっぷりの300cc

CONTENTS
◎ステアケースのための、新・フロントアップ考
◎予め重心を下げてフロントアップに備える場合
◎新・フロントサス操作の自己確認方法
◎目標物へ確実にフロントを乗せていく練習
◎基礎ステアケース2パターン
◎一度ぶかしで体の位置をチェック!
◎二度ぶかしの理屈
◎二度目のアクセルの時にやっていること
◎抜重には多種多様の方法があるので要注意
◎二度ぶかしを使いこなせることはトライアルライダーの証です

JANコード/4560187781100
5月30日発売

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る