2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. リザルト中国
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. リザルト中部
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. イベント(大会)
  12. 2017お勉強会
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト中国
  25. 2020.04.05

    福島市へ行く
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト四国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト沖縄
  36. イベント告知
  37. 2020XTDN延期
  38. イベント(大会)
  39. SSDT中止
  40. イベント(大会)
  41. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(スクール)
  45. イベント(スクール)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアル入門ガイド

トライアル入門ガイド
若い←→若くない
ケガも恐れず←→こわがり
トライアルは信じられない地形を走破していくスポーツです。信じられないかもしれないけど、不可能なことではありません。その証拠に、お年寄りも女性も子どもも、みんなトライアルをやっています。不可能に思えることが可能になる、信じられないことが現実になっていく楽しさも、トライアルの魅力のひとつです。
トライアルテクニックを身につけるには、地形とマシンの挙動に慣れることと、トライアルならではのテクニックを会得するふたつのコースがあります。トライアルテクニックも、走り慣れることで習得が可能ですが、きちんと習うことで、スムーズにマスターできる人もいます。
まだまだお若くて、少々のケガもいとわないというあなたは、先輩たちの華麗なテクニックを盗んで、ひたすら特訓してください。各々のテクニックについては、中級編以上で解説します。
少々年齢が豊富で、ケガもかんべんたがおっかないのも願い下げという方(ふつうの感覚であると思います)は、この指南書にのっとり、順を追って少しずつ確実に上達していくことをお勧めします。その中間の方は、ご自分の性格や運動神経などと相談のうえ、指南書のコースを飛び飛びに学習するか、それぞれのメニューを駆け足でお進みください。
コラム
現在、市場で手に入る主に外国製のトライアルマシンは、どれもとてもよくできたものです。よい道具で訓練をすれば上達も早くて効率的。トレーニングもよい道具でおこないたいものです。一方、最新マシンは素晴らしくよくできているので、技術がなくてもマシンがいってくれるという事態が、少なからずあります。マシンに連れて行ってもらえるうちに技術が身につけば早いのですが、技術の習得度合いをきっちり見極められるかどうかで、進化のスピードがちがってきます。自己採点より、少し(かなり)辛目に評価してステップアップしていったほうが、結局急がば回れ、のようです。
トライアル入門のアウトライン
トライアルはけっして曲芸ではありません。トライアルの最初は、オフロードライディングの見なおしから始まります。オフロード経験のない人は課題が多いことになります。といっても、たとえオフロード経験が豊富でも、トライアルに即したテクニックの見なおし項目は多岐に渡るので、その差はほとんどないと思ってもいいでしょう。アクセル、クラッチ、ブレーキ。すべての操作で、トライアルのそれは、ふつうのオフロードライディングとはケタちがいに繊細な操作が要求されます。オフロードライディングに自信のある人こそ、念をいれて見なおしをしたほうがいいと思います。
トライアルライディングの特徴
トライアルテクニックはすべてのモーターサイクルライディングの基本。そういう点では、トライアルも他のライディングも同じなのですが、初めてトライアルに触れる方は、トライアルにそれまでのモーターサイクルライディングとは大きくちがう違和感を感じることと思います。大きなポイントはふたつ。
トライアルマシンにはシートがないこと、走るスピードが歩くような低速であること。その次に、走る場所がたいらじゃないことと続きます。
シートがないとどうなるかというと、いろいろな要因がありますが、大きな特徴は自由なライディングフォームが取れることで、その反面、よいフォームを作り、正しい乗車位置をキープするのは、初心者にはなかなかむずかしいと思います。この課題は、初心者を卒業しても、ずっとついて回るテーマでもあります。
スピードが遅いについては、おかげで、スピードがこわくても楽しめる、スピードがない分、転倒時のエネルギーが小さい(といって、安全とは限らないので念のため)などのメリットはありますが、バランスがむずかしいという大きな問題があります。タイヤがふたつしかない二輪車では、スピードを出すことによって安定します。逆にスピードがないに等しいトライアルでは、ライダー自らがバランスをとってあげる必要が出てきます。
トライアル特有の地形は、トライアル以外ではあり得ない波乱万丈なものです。道なき道をいくのがトライアルの醍醐味なので、最低限のテクニックを会得して、早く慣れちゃってください。オフロードライディングの醍醐味に触れれば、きっとトライアルのとりことなるにちがいありません。
スタンディングスティルのすすめ
 スピードのごく遅いトライアルでは、ライダーが積極的にバランスをとってあげる必要があります。スピードを出すことによって安定する二輪車の特性を利用できないことが多いからです。
 極低速でのバランス訓練といえば、スタンディングスティルが最適です。ガレージでも練習できるし、燃料も不要です。
 スタンディングスティルの練習を不要とする意見もあります。こういうことを言う方には二種類いらして、まずスタンディングスティルをいとも簡単にできるようになった人。もう一方は、トライアルはけっこうじゅうずなのに、スタンディングスティルはできない方々。
 前者の方々は、トライアルがちっともうまくならないみなさんにとって、あまり参考にならなあいことが多々あります。

関連記事

2020 RTL300R/COTA301RR専用カーボンプロテクター

愛車を守るカスタムパーツ、2020 RTL300R/COTA301RR専用のカーボンプロテクター3種が発売されました。三谷モータースポーツよ…

TY125Fブリーザーホース新設加工

TY125Fのエンジンを、より回転が上がり、より低速がスムーズ、よりエンブレが効かなくなり2stのようなエンジンに。黒山レーシングによる…

野崎史高の、最後のセロー

野崎史高といえば、いわずとしれた国際A級スーパーのトップライダーで、2002年の世界選手権ジュニアチャンピオン、そして2019、2020年は…

リザルト中国

2020中国選手権第8戦

中国選手権第8戦山口大会 島根県 日原島高原TR場 2020年8月9日 天候:晴れ (さらに…)…

イベント(大会)

9/27岩手ツインショック

第5回岩手ツインショックトライアル大会 東北選手権・SUGO大会の日程変更により、同日開催は避けなければならなくなったので、 当初予…

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

リザルト中国

ケニーズクラブ30周年記念大会

2020年8月2日 広島県福山市海の見える杏の里トライアル場 天候:晴れ (さらに…)…

リザルト中部

第5回あしたかTT

第5回あしたかツインショックトライアル 8月2日(日)、第5回あしたかTT大会が開催されました。 (さらに…)…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

ページ上部へ戻る