2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ヘルメット

 トライアル用ヘルメットは、ジェット型ヘルメットが一般的です。過去には耳のでたものを使うのが一般的だった時代もありましたが、より高い安全性を求めて、現在ではジェット型が標準となっています。
 トライアルヘルメットならではの特徴としては、バイザーが短くなっています。視界の確保のため、バイザーが短くなっているわけです。
 トライアル用ヘルメットは、ほかのモータースポーツカテゴリーのものに比べると軽量で、トライアルの運動性をさまたげないようになっています。しかし軽量なだけに、頭に良くフィットしたものを選ぶ必要があります。ライディング中にぐらぐらしてしまうようでは、安全性がさまたげられるだけでなく、ライディングにも大きな影響がでてしまうからです。
 トライアル専用へルメットとしてはショウエイとアライから市販されています(トライアル以外のレースなどには使用できません)。海外ブランドでは、エボ(スペイン)製などがあります。
 ほかにもいろいろな製品がありますが、MFJの公認大会に参加する場合は、MFJ公認へルメットである必要があります。また、練習用へルメットの中には、公道走行用として充分な強度のないものもありますから、使用の際には注意が必要です。

ショウエイTR3
休むことなくトライアルに力を注いでいるショウエイ製のジェット型へルメット、その第二世代(初代トライアルヘルメットのTR1は耳のでるハーフキャップタイプだった)。内装は取り外しが可能で、洗濯することができる。バイザーは角度調節ができるので、短いバイザーながら強い日差しを遮ることができるが、長く使っていると、この部分の破損が多いのがちょっと残念。
問い合わせはショウエイまで

ショウエイTR3 FUJINAMI
藤波貴久が世界タイトルを獲得した年、藤波のレプリカへルメットが誕生した。本人のカラーは赤ベースだが、色ちがいの青も用意されている。ヘルメットとしての仕様はTR3と同じ。
問い合わせはショウエイまで

アライハイパーT
久々にアライが発表したトライアル新製品。ショウエイTR3と相前後して新発売となったが、よく研究して作られている印象がある。ショウエイと比較して、軽くてフィット感が良いという人は多い。逆の意見の人もいるので、おそらくここの頭とのフィット感覚によって印象がちがうのだと思う。できれば試着してから購入を決めたいところ。
問い合わせはアライヘルメットまで

アライハイパーT黒山
アライハイパーT

アライハイパーT KENNY
2001年に黒山健一がアライ契約ライダーとなって、直後にレプリカヘルメットが発表になった。現在市販されているものは、2004年にカラーリングを若干変更した第2世代。
問い合わせはアライヘルメットまで

エボ・ラガエボ・ファハルド

エボヘルメット(アダム・ラガレプリカと
ジェロニ・ファハルドレプリカ)

エボ(アダム・ラガ/ジェロニ・ファハルド)
スペインのエボ製のヘルメット。エボは、ガスガスの用品部門で、ウェアやブーツなどを含め、トライアル洋品も広く手がけている。エボへルメットは、輸入元の亜路欧によって、MFJの公認をとっているので、MFJ公認大会にも参加することができる。
問い合わせは亜路欧(東京都世田谷区)まで。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る