2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. MFJトライアル
  5. 2017お勉強会
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(その他)
  10. リザルト東北
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中国
  25. リザルト中部
  26. リザルト中国
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト沖縄
  32. イベント(大会)
  33. リザルト関東
  34. MFJトライアル
  35. イベント(大会)
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. 2020.04.05

    福島市へ行く
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ブレーキ

下り坂

 トライアルをやりたいと志す人でも、ブレーキの使い方がわからないという人は、ごく少ないのではないかと思います。オートバイにも乗ったことがない、自転車にも乗ったことがないという人が、いきなりトライアルをやってみるなんてケースは、ふつうはないといっていいですからね。
 では、トライアル初心者でも、誰でもきちんと使えているものでしょうか。これがまた、そんなに簡単ではないのが現実です。あれもこれも、トライアルというのは、ほんとにむずかしいものばかり。もうしわけないです。

ブレーキレバー

 まずトライアルマシンの構造的に、たいへんにブレーキが利くという特性があります。ディスクは小さいし、スピードが出ていないから、大半の人がなめてかかってブレーキレバーを握ったりするのかもしれません。ブレーキレバーに触ったとたんにフロントタイヤがパタリと動きを止めて転倒していたという人もいました。たぶん、初めてトライアルマシンに触れたときの感想としては「なんてコントロールの利かない、なんて制動力の高いブレーキなんだろう」と思うにちがいありません。
 ところがちょっとトライアルライディングに慣れてくると、このブレーキが「甘いブレーキ」に感じられるようになってくる。それだけちがいがわかるライダーになっちゃったってことなんですが、そのちがいとは、ブレーキのコントロールを、指の動きがいかにつかさどっているかどうか、ということなんですね。
 今のトライアルマシン、トライアルをするためだけの専用の設計がされています。高速道路を走る必要もないから、想定されるスピードはいたって低速重視。トライアルだから、まぁそれでいいのです。それゆえに、トライアルの舞台ではびっくりするような高性能を発揮します。その高性能ブレーキを一気に握ってしまったら、その場でピタッと止まります。そのかわり、ほんの少し握ればほんの少し制動する、ちょっと握ればちょっと制動する、もう少し握ればもう少し制動すると、たいへんコントローラブルに機能しています。
 それでは次に、コントロール性の高いブレーキの使い方を教えてしんぜたいところなのですが、こればっかりは、ていねいに、そーっと扱うという以外にはありません。そして、急制動したければ急制動したいときほど、ていねいにゆっくり操作する必要があります。ゆっくりブレーキを握っていたら間に合わないかもしれません。でもじょうずになると、ほんの一瞬のうちに、フロントタイヤの滑り具合を観察しながら、右手の人さし指がブレーキレバーを自動操縦して前輪を止めていくものです。
 リヤブレーキは、前輪に比べると制動そのものはらくちんかもしれません。後輪がロックしても、即転倒ということにはならないからです。でもリヤブレーキは、場合によっては加速中にも使ったりします。これまた、右足の先っちょが、自動操縦でリヤブレーキをコントロールできるようになれると、きっとトライアルの世界は広がると思います。
 そうそう、慎重なブレーキ操作はかけるときばっかりじゃありません。ブレーキを開放するときも、ていねいに正確に。ブレーキの放し方は、サスペンションの使い方にもつながりますから、これまたきっと奥が深いのだということに気がつかれると思います。

関連記事

2020全日本ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

2020全日本第3戦リザルト

2020年10月25日 宮城県芳賀郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れのち曇り一時雨 観客数:1,000人 IAS:10セ…

CityTrialJapanは11月28日、大阪で

2018年、2019年と2年開催されて好評のCity Trial Japan(シティトライアルジャパン)が、今年も開催される。開催日は11…

SSDT公式バイクフロアマット

SSDT公式・JITSIEフロアマット。三谷モータースポーツより発売です。 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

どビギ真壁は中止に

お世話になっております。現代表の山内です。 日頃より、どビギナートライアルをご愛顧頂きありがとうございます。 12月13日開催予…

イベント(大会)

202010/20

YSWクリスマストライアルは中止

YSW道志の森クリスマストライアル開催取りやめのご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

12/27 GATTIスクール杯

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

わな免許の試験

わな免許をとりました。 (さらに…)…

MFJトライアル

10月25日は全日本第3戦東北大会

ようやく始まった2020年全日本選手権だが、第2戦中部大会は無観客開催となっていた上に台風で中止になってしまった。 実質2戦目となる第…

2017お勉強会

11/14高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

ページ上部へ戻る