2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. リザルト東北
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. リザルト中国
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. リザルト中部
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント(大会)
  23. 2017お勉強会
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト中国
  36. 2020.04.05

    福島市へ行く
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト四国
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト沖縄
  47. イベント告知
  48. 2020XTDN延期

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアルの発祥

 トライアルの発祥は、スコットランドであるといわれています。スコットランドとは、イギリス(大英帝国)北部の荒涼たる大地を持つエリアで、SSDT(スコティッシュ6日間トライアル)が開催されることでも有名です。
スコットランドが発祥の地といえば、ゴルフもスコットランドが発祥の地らしいです。エジンバラから1時間ほどのところにある「セント・アンドリュース」なるゴルフ場がその発祥の地で、なんでもウサギが海岸の砂浜に開けた穴に、羊飼いが玉を入れるところから始まったといいます。時に1400年頃の話だそうで。
 トライアルが発祥するのは、産業革命が起こってオートバイがこの世に生まれたのちですから、ずっとあと。SSDTが最初に開催されたのが1909年。フランスで最初のオートバイレースが開催され、FIM(国際モーターサイクリスト連盟)が結成されたのが1904年ですから、最初のトライアルは、モーターサイクルの歴史のごく初期に開催されていたことになります。そしてこの当時のSSDTは、ゴルフの発祥地であるエジンバラをスタート&ゴールとしていたのでした。
 ただし、トライアルが現代のような、足つきや失敗を減点と数えるという競技形態ができたのは、もう少しあとになってからのことでした。発祥当時のトライアルとは、まさに「トライアル」のことばの意味の通り、ライダーとモーターサイクルの試験そのものだったのです。
 当時のモーターサイクルは故障が多く、エジンバラから荒野に出かけ、無事に帰ってくれば、それだけで試験に合格という名誉がありました。
 しばらくすると、モーターサイクルの信頼性があがって、帰ってくるだけなら誰でも帰ってこれるようになると、勝敗を決めるルールが生まれます。このとき、スピードを競う一派と技術の正確性を競う一派とが、トライアルから枝分かれしていきました。前者は、その後エンデューロとして定着し、もちろん後者はトライアルとしてわれわれの前にあります。
 エンデューロのクラシックイベントとして、ISDE(インターナショナル6日間エンデューロ)というイベントがありますが、これは、1980年代までISDTと呼ばれていました。最後のTはトライアルです。時間の正確性を競うトライアルが、エンデューロと名を変えていった歴史が、ここにあります。
 日本では、減点法によるトライアルが唯一の存在として君臨していますが、発祥の地のイギリスでは、もう少しいろんなトライアルがあります。セクションを2名のライダーが競争したり、時間設定が極端に厳しく、そうとうにスピードを重視しないと走りきれないもの、いろいろです。むずかしい言い方をすると、今、世界選手権や全日本選手権で一般化しているトライアルは、そうした広義のトライアルの中のひとつである「インディビディアル・オブザベーション・トライアル」と称されます。立会人の元、個々が受ける試練、という意味合いでしょうか。
 発祥の地のことばでは、トライアルはTRIALSと表記することが多いようです。TRIALは個々の試験で、いくつものセクションを走破するからTRIALSになるのか、それとも別の理由なのか、定かではありませんが、通常の試験や試供などと区別するのに、TRIALSという表記は悪くないかもしれません。
 フランス、イタリア、スペインなどのラテン語系では、TRIALはトリアルと発音します。日本では、トライするという意味の「トライやる」だと信じている人がときどきいるようです。発祥や正しい発音がわからなくても、トライアルの楽しさがわかっていれば、それでOKです。

関連記事

リザルト東北

2020高田島トライアル(ツートラ+庭先)

9月20日・21日、福島県川内村高田島地区(第一区)にて、高田島ツーリングトライアル、高田島庭先コンペティションの2大会を開催しました。 …

MFJトライアル

9/27全日本開幕、もてぎにて!

2020年全日本選手権トライアルが、ようやく、ようやく開幕する。9月27日、ツインリンクもてぎでの開催だ。 (さらに……

イベント(大会)

10/25第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)

第57回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC57)大会 開始以来12シーズン目に入ったKC。今年は全5試合の開催を予定していま…

イベント(大会)

11/29第24回爆笑ツインショック

第24回爆笑ツインショック大会開催のお知らせ 爆笑大会実行委員会 第24回爆笑ツインショック大会を以下により開催いたします。 春…

イベント(大会)

11/22 2020年度ペガサスカップ

2020年度ペガサスカップトライアル大会の日程が決まりました。 第36回ペガサスカップ:開催日 2020年11月22日(日) ペ…

イベント(大会)

秋のど・ビギナーもてぎは中止に

10月4日、ツインリンクもてぎで開催予定だったど・ビギナートライアルは中止となった。 以下、ど・ビギナートライアル現代表の山内さんより…

プラ板の電子版? 2020年9月号電子版

お待たせしました。2020年9月号電子版をご用意しました。 お値段も中身も紙の自然山通信と同じです。お手持ちの電子端末でご覧ください。…

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!全日本も世界選手年もいよいよ9月からスタートですが、シーズン直前は「プラ板と針金から生まれる・やっさんの、世界。…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/4世界選手権開幕

9月4日、2020年世界選手権がいよいよ始まる。 COVID-19感染症に翻弄された2020年だが、数々の苦難を乗り切り、待ちに待った…

ページ上部へ戻る