2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

Montesa 300RR

2017 Montesa COTA 300RRについて聞きました

4ストロークインジェクションモデル「Montesa COTA」の最新型ハイエンドモデル「300RR」について、輸入元エトスデザインの近藤博志さんにそのポテンシャルについて伺いました。動画でお伝えします。

最新型2017Montesa COTA 300RRの国内出荷が始まり、そのポテンシャルが高評価を受けている。さっそく自然山通信でも試乗させていただきました。

スタンダードのCOTA 4RT(国内仕様は250cc)との違いは、極低速から中低速へのスムーズな乗り味だ。スムーズといっても、小排気量や中排気量にあるトルク感をおさえた軽やかなスムーズさとは異なり、しっかりと図太いトルクフィーリングに支えられながらのスムーズさを指す。小排気量のスムーズさと、大排気量のスムーズさとは意味が違ってくる。

スタンダードのMontesa COTA 4RTと異なる点は、ピストンリングが3本になった点で、ピストン上面もフラット形状になり燃焼効率向上が図られている。シリンダースカート部が長くなり、クランクケースもスタンダードとは別設計になっている。そしてフロントサスペンションはTEC製、リヤサスペンションはSHOWA製ユニット。そして各部に300RR用パーツが装備されている。

たっぷりした排気量に支えられた、300RRの低回転から中回転へのスムーズさ、あらゆる地形をしっかりとグリップさせていくグリップ感覚は素晴らしいものだった。もちろんこのままトップライダー達のテクニックに対応できる世界選手権のノウハウが惜しみなく盛り込まれているレーシングマシンである。RRのスムーズさも世界選手権で要求されてきた方向性であるはずだ。現在他社の多くの2ストロークモデルも、300ccクラスの重厚なトルク感に支えられたスムーズさが年々進化しているところだが、4ストロークマシンの進化も確実に進んでいる。

2017モデルの詳細な仕様変更について、有限会社エトスデザインの近藤博志さんに解説していただきました。近藤さんは1974、1977、1978、1979年の全日本チャンピオンです。

Montesa COTA 300RR
◎エンジン/4ストローク・4バルブSOHC・空冷・インエジェクション
◎排気量/288cc ◎ボア ×ストローク/80 × 57.2 mm ◎ミッション/5速
◎フロンロサスペンション/39 mm TECH製・コンプレッション、リバウンド可変
◎リヤサスペンション/SHOWA製、リバウンド可変
◎全長・全幅・全高/2.016 × 830 × 1.130 mm
◎フレーム/アルミ製 ◎最低地上高/335 mm、ホイールベース/1,321 mm
◎シート高/650 mm ◎車重/72kg
◎価格/1,145,000円(税込1,236,600円)

◎エトスデザイン  神戸市須磨区車道谷山1-1  TEL 078-747-5255

Montesa 300RR

Montesa 300RR

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る