2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. リザルト四国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト関東
  10. リザルト中部
  11. リザルト関東
  12. MFJトライアル
  13. KLX230skidplate
  14. リザルト関東
  15. リザルト九州
  16. 2019.11.21

    地球温暖化?
  17. MFJトライアル
  18. イベント(その他)
  19. リザルト中国
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. リザルト近畿
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2019.10.13

    台風一過
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. MFJトライアル
  38. 2017TDN
  39. トライアル・デ・ナシオン
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. リザルト関東
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. リザルト沖縄
  47. MFJトライアル
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中国
  54. リザルト東北
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト中部
  58. リザルト四国
  59. 2019.08.02

    最近の星空
  60. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

Montesa 300RR

2017 Montesa COTA 300RRについて聞きました

4ストロークインジェクションモデル「Montesa COTA」の最新型ハイエンドモデル「300RR」について、輸入元エトスデザインの近藤博志さんにそのポテンシャルについて伺いました。動画でお伝えします。

最新型2017Montesa COTA 300RRの国内出荷が始まり、そのポテンシャルが高評価を受けている。さっそく自然山通信でも試乗させていただきました。

スタンダードのCOTA 4RT(国内仕様は250cc)との違いは、極低速から中低速へのスムーズな乗り味だ。スムーズといっても、小排気量や中排気量にあるトルク感をおさえた軽やかなスムーズさとは異なり、しっかりと図太いトルクフィーリングに支えられながらのスムーズさを指す。小排気量のスムーズさと、大排気量のスムーズさとは意味が違ってくる。

スタンダードのMontesa COTA 4RTと異なる点は、ピストンリングが3本になった点で、ピストン上面もフラット形状になり燃焼効率向上が図られている。シリンダースカート部が長くなり、クランクケースもスタンダードとは別設計になっている。そしてフロントサスペンションはTEC製、リヤサスペンションはSHOWA製ユニット。そして各部に300RR用パーツが装備されている。

たっぷりした排気量に支えられた、300RRの低回転から中回転へのスムーズさ、あらゆる地形をしっかりとグリップさせていくグリップ感覚は素晴らしいものだった。もちろんこのままトップライダー達のテクニックに対応できる世界選手権のノウハウが惜しみなく盛り込まれているレーシングマシンである。RRのスムーズさも世界選手権で要求されてきた方向性であるはずだ。現在他社の多くの2ストロークモデルも、300ccクラスの重厚なトルク感に支えられたスムーズさが年々進化しているところだが、4ストロークマシンの進化も確実に進んでいる。

2017モデルの詳細な仕様変更について、有限会社エトスデザインの近藤博志さんに解説していただきました。近藤さんは1974、1977、1978、1979年の全日本チャンピオンです。

Montesa COTA 300RR
◎エンジン/4ストローク・4バルブSOHC・空冷・インエジェクション
◎排気量/288cc ◎ボア ×ストローク/80 × 57.2 mm ◎ミッション/5速
◎フロンロサスペンション/39 mm TECH製・コンプレッション、リバウンド可変
◎リヤサスペンション/SHOWA製、リバウンド可変
◎全長・全幅・全高/2.016 × 830 × 1.130 mm
◎フレーム/アルミ製 ◎最低地上高/335 mm、ホイールベース/1,321 mm
◎シート高/650 mm ◎車重/72kg
◎価格/1,145,000円(税込1,236,600円)

◎エトスデザイン  神戸市須磨区車道谷山1-1  TEL 078-747-5255

Montesa 300RR

Montesa 300RR

関連記事

Kawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプ

「ぱわあくらふと」のパーツブランド『力造』からKawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプが発売されまし…

2017お勉強会

5/16高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

イベント(大会)

2/9・3/15里山トライアル

第52回里山トライアル大会 第53回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(その他)

4/26中部クラシックトライアルミーティング

昨年初めて開催し好評のうちに終わりましたクラシックトライアルミーティングを今年も鷲ヶ岳スキー場にて開催します。 (さらに&helli…

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーできない可能性

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

リザルト四国

201912/31

行く年トライアル

行く年トライアルin生名トライアルパーク ●2019年12月31日 ●愛媛県生名島 順位名前マシン減点クリーン エコノミーク…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

ページ上部へ戻る