2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016 beta Factory

20165/20

2016 Beta Factory EVO 2Tと4Tに乗りました

2016 Beta EVO 2T 300と4T 300の試乗をしてきました。「Factory」とは、2016年型EVOをベースにチタンサイレンサーをはじめ、各部にハイグレードのアクセサリーパーツを組み込んだ仕様。しかし今年のモデルはちょっと様子が違う。ファクトリー独自のセッティングになった模様です。

毎年スタンダードの発売から、ちょっと遅れた時期に限定生産車両として予約数のみ発売されるのが恒例となっている。今年のファクトリー仕様は、蛍光レッドとブルーの配色が目を引く。存在感のある素晴らしいグラフィックデザインだ。2ストローク300ccエンジン搭載の2T Factoryは、チタンエキゾーストパイプ、マグネシウム製クランクケース、をはじめ、いくつかのアクセサリーパーツが予め装備されている。

まず、ベータモータージャパンの門永さんに説明してもらいました。こちらの動画をどうぞ。

2016 Factory 2Tを試乗すると、スタンダードEVO 2T 300に乗った以前の印象とはちょっと違うフィーリングになっていた。エンジンが軽やかでパワフルだ。スタンダードEVO 2T 300よりも低速からのピックアップはさらに磨きがかかり、極低速からスロットルの反応が素晴らしい。中速域からのレスポンスもあっと驚くピックアップを見せてくれる。スタンダードとはシリンダー内部構造に大きな変更があるということで、今までのEVOシリーズの流れにはない感覚がある。「弾けるような軽やかさ」と言えばいいのだろうか。チタンエキゾーストパイプと、マグネシウムクランクケースといった軽量の恩恵もあると思うが、それ以上にこのエンジンのパワーフィーリングは「さらなる軽やかさ」さを感じさせる。

2016 Beta EVO 2T Factory

ベータモータージャパンの門永さんによれば、今後Factoryはデザインとパーツの仕様変更だけでなく、乗り味の違い的に、ファクトリー独自の方向性を持たせて行いこうというベータ本社の意向があるという。

2016 Beta EVO 2T Factory

対する、ファクトリー仕様として初の4T Factoryはどうか。ベータ製4ストロークエンジン搭載の4T Factoryは、Factory仕様として登場したのは今回が初めてだ。こちらにもチタンエキゾーストパイプが装着され、各部にハイグレードパーツが装備されている。

2016 Beta EVO 4T Factory

4T Factory。それは、とても楽しいトライアルマシンだった。車体バランスの良さ、4ストロークエンジン独自のグリップの良さ。300ccというたっぷりの排気量ではあるが、やさしく乗りやすい。それでいて余裕のパワーがある。4T仕様は円熟期になっていると思う。ベータの設計した4ストローエンジンそのものの外観的デザインも美しく、素晴らしいグリップを見せるエンジンがトライアルの楽しさをらためて感じさせてくれる。Factory仕様のグラフィックデザインと共に所有欲をそそられるマシンに仕上がっている。

それと、ブレキテックの油圧レバーシステムがフロントブレーキ、クラッチ共に仕様変更された。新設計のマスターシリンダーとなり、精度も上がった。レバー比が変わり、操作フィーリング改善されているという。実際今回の試乗で、パッと乗った印象でクラッチレバーが軽くなったなあと感じたことは、おそらくこのシステムによるものかもしれない。

2016 Beta EVO 2T Factory

2016 EVO 2T 300 Factory ¥1,090,000(本体価格)
2016 EVO 2T 250 Factory ¥1,070,000(本体価格)
2016 EVO 2T 125 Factory ¥1,030,000(本体価格)
2016 EVO 4T 300 Factory ¥1,180,000(本体価格)

◎ベータモータージャパン
富山県南砺市新邸7-4 TEL 0763-22-1731 FAX 0763-22-1732

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る