2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

201112/28

2012ベータ

2012ベータ

 2012年モデルのベータは、盛りだくさんだ。300cc、250cc、200cc、125ccの4機種がラインナップされた。それぞれをざっと位置づけすれば、世界選手権や全日本選手権のIAS用の300cc、全日本のIAレベルまでに充分な性能を提供する250cc、ユース125クラスで本領を発揮する125cc、そして今回日本市場に限定でなく輸入されることになった200ccは、広く一般ユースに適した排気量となっている。200cc以外は、それぞれ頂点レベルの戦いに挑む土俵があり、200ccだけが一般ユーザーの要求に応えられる背景を持っている。


 4車種の見分け方は、なかなかむずかしい。125と200はフロントフォークがクロームメッキ仕上げとなっている。250と300はカーボンコーティングで見た目が黒い。その他は、よく見ればデカールで排気量が明記されているが、それ以外ではまず見分けがつかないといっていい。
 300ccの排気量は、2012年モデルで初めて採用された。ボアを79mmに拡大して10ccアップの296.4ccとなったのが、2012年ベータ300だ。その特性は、初心者にでも乗れるのではないかと錯覚させられるように、低速トルクがたっぷりで乗りやすい印象。もちろんそれは錯覚で、アクセルを開けたら300ccのパワーに振り回されることになるから、これに乗るのはかなりの上級者と割り切った方がいい。

2012ベータ

 ベータのエンジンは、そのトルク感に定評があるものだが、基本的な設計はずいぶん古い。それゆえ、細かい部分では不満が出ることもあったのだが、今回のモデルチェンジでは、細かいパーツにいたるまで見直しが図られていて、今回はクラッチが断然改善されている。
 2012年モデルでは、キルスイッチがエンジン横に設けられている。操作性がいいのかどうかはよくわからないが、MFJの規則ではハンドル(もしくはハンドルに近いところ)にとりつけることとなっているから、MFJの選手権に参加しようという人はお気をつけられたし。

2012ベータ

2012年モデル価格
2012モデル Evo2Tシリーズ
Evo2T300 892,500円
Evo2T250 882,000円
Evo2T200 850,500円
Evo2T125 829,500円
*別途販売店までの送料10,500円が必要
輸入元:BETA motor Japan(ベータモーター ジャパン)〒939-1544富山県南砺市新邸7-4
TEL 0763-22-1731 FAX 0763-22-1732

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る