2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(その他)
  4. リザルト中国
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. リザルト近畿
  13. 2017お勉強会
  14. リザルト中国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2019.10.13

    台風一過
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. MFJトライアル
  25. 2017TDN
  26. トライアル・デ・ナシオン
  27. リザルト関東
  28. リザルト東北
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト九州
  32. リザルト沖縄
  33. MFJトライアル
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. リザルト中国
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト中部
  45. リザルト四国
  46. 2019.08.02

    最近の星空
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト九州
  50. リザルト沖縄
  51. 140ccボアアップセット
  52. リザルト関東
  53. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  54. MFJトライアル
  55. リザルト中国
  56. リザルト関東
  57. リザルト九州
  58. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  59. リザルト中国
  60. リザルト関東
  61. リザルト関東

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015ベータ4T

20152/17

2015ベータEVO 4T

2015年モデルのベータ4Tが日本に入ってきて、試乗することができた。ベータ4Tは、その名の通り4ストロークエンジンを搭載するモデルで、2ストロークの他のベータマシンとは、ずいぶんと性格を異にする。

2015ベータEVO 4Tチェーン側

ベータの4Tモデルが世に出たのは2007年。モンテッサが4ストロークモデルのCOTA 4RT(ホンダRTL250F)を発売したのが2005年、同じ年、シェルコも4ストロークマシンを世に出している。当時は世界の流れが4ストローク化に向いていて、すべてのメーカーが4ストロークエンジンの開発を進めていた。そして2年の後、ベータも満を持して4ストロークエンジン搭載のトライアルマシンを発表した。
エンジンはまったくの新設計で、2ストロークモデルと同様のフレーム(当時はREV-3後期型)にコンパクトに収められていて、250ccはたいへんにマイルドな特性を持っていた。一方300ccは世界選手権にも通用するパワーが自慢で、現在FIMのセクション査察員をやっているインストラクター、ジョルディ・パスケットのライディングでポイント圏内の成績を残している。
その後、2009年にベータは軽量フレームEVOを発表するが、4ストロークモデルもこのEVOフレームに搭載されて現在に至っている。EVO 4Tとしては7年目のモデルということになる。

2015ベータEVO 4Tエンジン

2ストロークモデルとちがって、4Tは他の多くのマシンと同様に右側にキックがついている。ベータの2ストロークモデルは左キックが外観上の大きな特徴で、リヤブレーキを踏みながら指導できるというメリットがある反面、始動に若干の慣れが必要でもあったから、右キックはこれはこれで歓迎する人も多いだろう。
2ストロークモデルと4ストロークモデルは、基本的に同じフレームを使い、マシンの基本骨格も同じ。パワーユニットだけがちがうということになる。2ストロークモデルは2015年型となってサスペンションなどが変更を受けているが、この4Tは、カラーグラフィックなどは2ストロークモデルの2015年型と同様ながら、2014年モデル同様のリヤサスユニットを使っている。

2015ベータEVO 4Tリヤ回り

今回日本に入ってきたのは250ccモデルで、その出力特性はたいへんにマイルド。攻撃的なセクショントライに、というよりトレッキング用途などに適した性格づけとなっている。もちろん本気でトライをすれば、そのあたりの2ストロークモデルに負けない戦闘力は持っている。
エンジンは水冷4ストローク4バルブSOHC単気筒。吸気は負圧式キャブレターを使っている。このキャブが、マイルドで扱いやすいエンジン特性を実現している。エンジンの負圧に応じてピストンが開くので、アクセルレスポンスはちょっとおだやかだが、息つきやぼこつきも充分に解消されていて、乗りやすいマシンとなっている。
ガソリンコックは電磁式で、通常は自動的にガソリンが流れ、エンジンが止まれば燃料供給も停止する。ガソリンコックを通常以外に切り替えるのは、エンジンの整備などして、キャブレターの中にガソリンが空っぽになったときだけだという。

2015ベータEVO 4Tキック側

サスは前後ともにSACHS。その特性などは、以前から使われていたパイオリと似たものだという。
ブレーキはグリメカ製。グリメカ製品を使うメーカーは、いまやベータだけとなっているが、実績のあるものを前後に使用している。
価格は4ストロークだけあってちょっと高め。されど、大会を戦う道具としての消耗品としてではなく、愛車として所有できる性格を思えば、あるいはこの価格もリーズナブルと納得できるものかもしれない。

税込 税別
Evo4T300 1,058,400円 980,000円
Evo4T250 1,047,600円 970,000円

スペック
Frame Single wave alminium beam
Wheel base 1305 mm
Max length 1990 mm
Max width 850 mm
Max height 1115 mm
Seat height 660 mm
Ground clearance 310 mm
Footrest height 348 mm
Fuel tank capacity 2.8 L
Reserve 0.5 L
Cooling system capacity 600 cc
Front suspension Hydraulic fork with ø38 mm shaft
Rear suspension Monoshock
Shock absorber stroke 60 mm
Front wheel travel 165 mm
Rear wheel travel 180 mm
Front brake disc ø185 mm with 4 piston caliper
Rear brake disc ø160 mm with 2 piston caliper
Front rim 21 x 1.6 – 32 holes
Rear rim 18 x 2.15 – 32 holes
Front tyre 2,75 – 21
Rear tyre 4.00 R 18
ENGINE BETA
Type Single-cylinder, 4-stroke, 4 valves, liquid cooled
Bore 77 mm
Stroke 53.6 mm
Displacement 249.6cc
Compression ratio 11.5:1
Ignition Electronic
Spark plug NGK CR7EB
Feeding with carburettor
Carburettor Mikuni
Spark advance Variable
Clutch Wet multi-disc clutch
Primary trasmission Z. 18/63
Transmission 5 speed
Secondary trasmission Z. 11/42
Engine oil SAE 15W/50 (900 cc)

関連記事

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

小川友幸が有終の美でV9、7連覇を達成

2019年全日本選手権は、11月3日に宮城県スポーツランドSUGOで最終戦が開催された。 IASは小川友幸が優勝、IAは武田呼人。IB…

イベント(その他)

11/17第一回遠州虫ぼしミーティング

面白いイベントを企画してみました。第一回遠州虫ぼしミーティング、11月17日開催決定!! (さらに…)…

2019全日本選手権最終戦リザルト

2019年11月3日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ 観客数:1,200人 IAS:10セクションx2ラッ…

リザルト中国

第263回ケニーズ杯

第263回ケニーズ杯 2019年11月3日:曇り (さらに…)…

リザルト中国

201910/27

第24回水源の森

第24回水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルin比和やまびこ祭りコラボ 2019年10月26日〜27日 広島県比和町 …

ページ上部へ戻る