2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

201412/19

2015ベータEVO 2T

FACTORY仕様を採り入れ随所をグレードアップした2015 EVO 2T

 2015年モデルベータ2Tは、アウトラインとしては2014年モデルの進化版。250ccと300ccは、エンジンとサスに変更が加えられた。フラッグシップモデルとして特別に生産された2014年型「ファクトリー」と同じ仕様になったのだ。

2015beta_05

 大きな変化はないようでも、新型クランクシャフトになり、一次減速の変更、発電関係のステーターコイルも変わり、クラッチも変わっている。クランクケースも設計変更されているので、実際には大幅な仕様変更になっているのである。
 300、250と試乗していくと、フィーリング的には前年モデルとアウトラインはそう変わってはいない。アルミフレームの剛性の高い、硬めでしっかりした操作フィーリング、メリハリあるエンジンとクラッチ。今年もベータの完成度は高く、どこを見ても隙のない素晴らしい仕上がりだ。全体的には、ノーストップルールに対応したマシン作り。停止ぎりぎりの微妙な極低速から、そのまま次のアクションを起こしやすいエンジンと操作系のセッティングということだ。
 エキゾーストパイプとサイレンサーもファクトリータイプ。ただし「ファクトリー」のチタン製からスチール製となり、コストを抑えている。エキゾーストパイプ、サイレンサーともに長くなり、扱いやすいセッティングに貢献している。

2015beta_01

 車体関係では、リヤサスユニットがザックスの新型となった。この新型はガス室が大きくなり、特性の設定幅が増えている。性能的にも、ボトム付近での踏ん張りがアップしているという。実際に連続するちょっと高めの段差を登っていく途中で体重を後ろに残しながらボトム付近に大きな負荷をかけている時にもよく粘り、動きがわかりやすい。セッティング幅も増えたそうなので、調整を重ねていくとより良い結果が得られそうだ。高性能化したリヤショックは全機種に共通し、125ccと200ccにも使われている。
 200ccはやはりベータ独特の存在感を持っている。小排気量とはいえ、低速域のトルクが十分にあるので、初心者、またはベテランながら近年のハイパワーな250をもて余してしまう方にはちょうど良いパワー感だ。

2015beta_03

 エキゾースト関係は125ccと200ccが別もので排気量に応じた特性を実現する。125ccは世界選手権の125ccクラス用の、高回転型用の短い排気系。いっぽう200ccは、マイルドな特性を発揮するための長い排気系となっている。しかし125は、他メーカーと比べるとややおとなしい出力特性で、そのぶん低回転のトルクが多少ある。あまりピーキーすぎない125を求める方にはベータの選択はいいかもしれない。とはいえ、従来、入門用には125ccがオススメ、ということになっていたが、ベータに関しては初心者や女性ライダーには200ccの方がオススメということになる。

□撮影協力・亀岡トライアルランド

BETA EVO2T EVO300 EVO250 EVO200 EVO125 EVO80 EVO80Junior
エンジン 水冷2ストローク
総排気量 296.4cc 249.7cc 194.6cc 124cc 79.6cc 79.6cc
ボアxストローク 79.0×60.5mm 72.5×60.5mm 54.0×64.0mm 54.0×60.5mm 48.0×44.0mm
燃料供給システム KEIHIN PWK28mm MIKUNI VM26/208 KEIHIN PWK28mm Dell’orto PHBG21mm
ホイールベース 1,305mm 1,230mm 1210mm
シート高 660mm 678mm 620mm
トランスミッション 6速
フレーム アルミニウム スチール
フロントサスペンション φ38mm φ33mm
リヤサスペンション SACHS製
希望小売価格 ¥898,000 ¥878,000 ¥849,000 ¥839,000 ¥452,000 ¥420,000
希望小売価格 ¥969,840 ¥948,240 ¥916,920 ¥906,120 ¥488,160 ¥453,600
別途、送料¥10,000(税抜)がかかります。
輸入元 BetamotorJapan TEL0763-22-1731 http://betamotor.jp

2015beta_05

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る