2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. リザルト九州
  8. イベント(スクール)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. リザルト関東
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  17. 自然山通信2019年1月号表紙
  18. 自然山通信2019年1月号表紙
  19. MFJトライアル
  20. リザルト関東
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト東北
  24. リザルト近畿
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中部
  29. GATTI V8セール
  30. リザルト沖縄
  31. リザルト関東
  32. リザルト関東
  33. リザルト関東
  34. リザルト関東
  35. リザルト東北
  36. リザルト九州
  37. リザルト関東
  38. リザルト中部
  39. リザルト中部
  40. リザルト沖縄
  41. MFJトライアル
  42. リザルト中国
  43. リザルト中部
  44. リザルト関東
  45. リザルト関東
  46. リザルト中部
  47. リザルト東北
  48. MFJトライアル
  49. リザルト関東
  50. リザルト東北
  51. リザルト東北
  52. リザルト関東

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

テープはテープ(ルールの解釈・訂正)

1710 ルールブック表紙

トライアルのルールは、むずかしいです。
ゲートマーカーの連続としてのテープの解釈について、まちがった解釈を書いているぞという指摘をいただいていたのて、その経緯についてご紹介します。ご指摘を受けてからずいぶん時間がかかっちゃいました。ごめんなさい。

ゲートマーカーとゲートマーカーを結んだテープは、ゲートマーカーとしての機能を持つが、触れたりたるませたりした際のペナルティは、ゲートマーカーへのペナルティでなく、テープへのペナルティが適用される、という解釈が正解です(正しくは、写真の掲載ページの条文11-2-3-11をごらんください)。

1710テープのペナルティ

この件は、2017年の規則書ができた、という報告をした際に書き加えたものでした。その記事はこちら(https://www.shizenyama.com/howtotrial/trialrule/20131)です。

セクションのテープは、切ったりたるませたりしなければ、さわってもいいことになっています。テープに限らず、セクションの構成物である杭とかもそうなんだけど、杭はぶつかると倒れたり曲がったりして、そうなると5点。テープはさわるだけだと微妙に伸びてくれるんで、切れるまでは許される範囲です(めんどくさいことを言うと、それまでにじわじわとたるんでるわけだけど)。

ところが、セクションのクラス分けに使われているゲートマーカーはそういうわけにはいきません。オートバイは、ゲートマーカーとゲートマーカーの間をきっちり通らないといけないので、ゲートマーカーにタイヤが触ったらその瞬間に5点になります。動いたとか動いてないとかという判断ではありません。

めんどくさいのは、同じゲートマーカーでも、タイヤで触ったのではなく、足で触ったりした場合は(それだけでは)減点にはなりません。でも動いたりして、修正が必要になったら5点になります。自分がAクラスだったら、Aクラスのマーカーをタイヤで触ると5点ですが、Bクラスのマーカーは動かさなければ触っても無罪。現実にはマーカーをタイヤでけっ飛ばして修正しないで済むなんてことはまずないと思いますが。

さて、問題はここからでした。セクションの中には、ゲートマーカーとゲートマーカーを、テープでつないでいるところがあります。ふつう、ゲートマーカーはそこを通過してしまえば、あとはどこへ向かって走っていってもいいのですが、ゲートとゲートをテープで結ばれていると、その中から出てはいけません。セクションによっては、そういう設定が必要な場合もあるわけです。これは、2016年の競技規則書では「判例集」という規則の注釈みたいなページに書いてありました。

ある日の全日本選手権で、この判定をめぐってちょっとやりとりがあったことがあって、そのとき「ゲートとゲートを結んだテープはゲートだから触ったら5点である」という理屈をオブザーバーが主張していました。その際はライダーの「他のライダーも触っていた」という主張にオブザーバーの主張がだんだんトーンダウンしてきて無罪となったのですが、後日、判定の根拠が2016年の規則書の判例集にしかないという話になりました。大事な判例なら、判例集ではなくて規則の条文に入ってたほうが、という話はその時にもあって、それで2017年規則書には条文に加えられることになりました。

1710今年の変更点

こんなやり取りをついでに紹介させていただいたのがこちらでしたが、その際“ただし、減点対象となりうる行為は272頁ペナルティ[11-2-3-11を適用する]”の一文をちゃんと見ていなかったのが、この記事の大まちがいです。

ルールはむずかしいから、疑問があったらすべてトライアル委員長に確認しなさい、というご忠告もいただきました。そのとおりであります。たいへんもうしわけない。

ルールについてやりとりをするのはむずかしいから、触れないほうが身のためです、と忠告してくださる方もいらっしゃったけど、人によって、あるいは地域によって、採点の解釈がちょっとちがったりするのではないかという気もするし(あくまでそんな気がするだけですが)、自分たちのやっているスポーツのルールの解釈はみんなできちんと共有したいというのが本来だと思うので、今後もルールについては考え続けていきたいと思います。

でもまちがっちゃいけないです。ごめんなさい。

なお、当該記事はその旨の注釈を入れて、修正しておきます。

1710テープはゲートの連続

関連記事

イベント(大会)

3/24ファミリートライアル2019

兵庫県宝塚市のTOOLBOX、青山さんよりのお知らせです。 2019年のファミリートライアルの日程が決まりました。 (さらに&hell…

自然山通信2月号電子版

自然山通信2019年2月号電子版、ご用意しました。お手持ちの電子端末でお楽しみいただけるPDF書類です。 (さらに…)…

バルセロナでラガが勝利

アダム・ラガが勝った。舞台はXトライアル唯一のビッグ・スタジアム、トライアル聖地でもあるバルセロナだった。2月3日、トニー・ボウは2位、3位…

自然山通信2月号発売!

年間購読の皆様、全国自然山通信ネットワークショップさまへの出荷を完了。自然山通信2019年2月号の発売です。 (さらに…)…

BRAKTEC Newモノブロックキャリパー

三谷モータースポーツより、新型のBRAKTECモノブロックキャリパー発売のお知らせ。ボルトンで交換できます。 (さらに…)…

TRRS X-TRACK用/Rikizohクッションシート加工

TRRS 2019モデル、X-TRACK用の快適なクッションシート登場!「ぱわあくらふと」プロデュース「Rikizoh」より。 (さらに…

イベント(大会)

バイクトライアル・カメオカカップKC51

第51回バイクトライアルKAMEOKA CUP(KC51)大会 第51回BIKETRIAL KAMEOKA CUP(KC51)大会を2…

オリジナル2019トライアルカレンダー(非売品)プレゼント継続中!

自然山通信webshopでは、DVD及び書籍ご注文の方へ自然山通信謹製オリジナル2019トライアルカレンダーをプレゼント中! (さらに&…

イベント(大会)

2019年マスターズトライアル

2019年の全日本マスターズトライアルの開催要項ができました。 (さらに…)…

イベント(その他)

アウトオブファクトリー2019年イベント

福岡県アウトオブファクトリーから、2019年のトライアルイベントの予定が届きました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る