2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. リザルト中部
  10. 自然山通信2019年3月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(大会)
  19. 2016高田島ツートラ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1701ライディングアシスト

自立するオートバイ登場?

本田技研工業は1月6日に、アメリカはラスベガスで開催されている「CES2017(世界最大の家電見本市)」で、倒れないオートバイの実験車「Honda Riding Assist」を公開した。

Honda Riding Assistは、ホンダの解説によると、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した実験車ということだ。

ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つ。これにより、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減する。一方、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現、ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案という。

1701ライディングアシスト横

ショーでは支えられずに立ち続けるこのマシンが公開されたが、ラスベガスに行けなかった人に向けて、動画も公開されている。それがこちら。

先端技術だろうし、詳細は発表されていないが、ハンドルを左右に切る様と、ステアリングヘッドが微妙に前後して、キャスター角が変わる様子が動画から見て取れる。

足をつかなくても倒れないといえば、それこそはトライアルの真骨頂だった。スタンディングスティルという、基本とされているテクニックだが、トライアルをやっている人でも、スタンディングスティルができない人はけっこう多かったりする。

そういうみなさんにとっては、この機構がついたトライアルマシンが誕生すれば鬼に金棒と期待したいところだろうが、その初夢が現実のものとなるのかどうかはともかく、今回はこちらのメカニズムがどんなふうになっているのか、勝手に想像してみたいと思う。

このコンセプトモデル、重厚なツーリングモデルがベースになっている。トライアルマシンをベースにしたらもっと簡単だったんじゃないかと思うけど、トライアルマシンの形をしていると、できて当然だと思われちゃう心配があって、でっかいオートバイが素材に選ばれたのではないかと想像する。電気メカニズムがいっぱい搭載されていて、そこそこの大きさでなければ収納できない、という理由ももしかしたらあるのかもしれない。

動画を見る限りでの材料しかないけれど、倒れないためのアクションは、ハンドルを左右に切ること(がメイン)のようだ。

1701ライディングアシスト

動画では、ステアリングヘッド部分が可動となっていて、どうやらアライメントが変化するようになっている。

トライアルマシンはスタンディングスティルがやりやすいようにできているが、ツーリングバイクなどはトライアルマシンとはちがうアライメントを持っている。高速域では安定性のいいツーリングバイクのアライメントで走行し、バランス修正が必要な場面にはマシンの構造を変化させてトライアルマシンのようなアライメントを実現しているのではないだろうか。

よく見たら、ステアリングヘッドそのものは動いていないので、これはトライアルマシンの切り札といわれた(改造トライアルマシンがめっきり少なくなって、いまやその単語が死語に近くなっているけど、ちゃんと存在している)スラントアングルを変化させているみたいな感じがする。

*解説記事などを読むと、トライアルマシン並のスラントアングルではなく、トライアルマシン以上にスタンディングスティルがしやすいアライメントに持っていくらしい。おそらくそれではそうとうに走りにくい代物になるだろうけれど、だからこそステアリングヘッドが可動式になっていて、極低速でバランスをとる必要のある時以外はふつうのアライメントに戻るようになっているということなのだと思う。

1701ライディングアシスト斜

とまぁ、こんなふうにトライアルの理屈をこねながら、最新技術を拝見させていただきました。この技術を使ったオートバイがいつ登場するのかわかんないけれど、人間とコンピュータが将棋の対戦をする時代になったように、いつか人間ライダーとロボットライダーがトライアル対決をする日が来るかもしれない。トライアルは、健康のためのスポーツでもあり、老人にとってはぼけ防止でもあるから、コンピュータがその領域に進出してくるのは必ずしもいいことばっかりではないような気もするけれど、まずは夢のトライアルマシンの出現まで、自分のテクニックを向上させるべく、どうぞDVDを見ながら初夢を見てください。

(結局は自然山通信DVDの宣伝でした。どうぞよろしくです)

*続報

このテクノロジーは、CES2017で3つの賞を受賞しました。“Best Innovation(最優秀革新賞?)”、“Best Automotive Technology(最優秀自動車技術賞?)”、“Editors’Choice Awards(編集者賞?)”の3つ。転ばないオートバイは、世界的に注目の的のようです。

関連記事

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

原発事故の思い出[ベンチにて]

集会所の入口には、一枚板で作った机があって、ちょっとお休みができるようになっている。村人的には、あんまりここで休んだりする人はいないのだけど…

ページ上部へ戻る