2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. リザルト中部
  10. 自然山通信2019年3月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(その他)
  18. イベント(大会)
  19. 2016高田島ツートラ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト近畿
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(その他)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)

川内村(西)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503いのししー

イノシシを食す

イノシシをいただきました。当地にはやまほどのイノシシが徘徊していますが、彼らは少なからずというか少々というか、体内に放射性セシウムを蓄えていらっしゃる。今回いただいたのは、はるばる関東方面から送っていただいたもので、みんなでいただきました。最近、注釈抜きでイノシシを味わう楽しさを忘れていたから、よい一晩となりました。

1503いのししの脂

 イノシシをもらえるということになったとき、思ったのは、はたして関東地方のイノシシには放射性セシウムを持っていないのか、ということでした。いま、食品の放射性セシウムは100Bq/kg以下なら出荷できることになっている。どれくらいなら食べていいのかというのは定められていないし、震災当初は500Bq/kgが基準だったから、めったに食べないイノシシだったら1000Bq/kgくらいなら問題ないと、個人的には思っている。でもそういうここの安全感覚と、実際のイノシシにどれくらい放射性セシウムが含まれているかどうかの事実関係は別問題だ。
 福島第一原発の事故は、福島県のみならず、東日本全体に広範囲に放射能を振りまいたという人もいるし、実際そうなんだと思う。なにがどれくらい降ったのか、それは時間をおくに従ってどれくらい減衰していくのか、なんてことを、きっちり測って観察していく必要があると思うんだけど、お国や行政はなかなかこちらが思うようなアクションを起こしてくれない。実はやってるのかもしれないし、やりたくないのかもしれないし、お金がないのかもしれない。
 まぁそんなことはどうでもいいから、ともあれ、今回は関東方面のイノシシを測ってみたいと思ったのです。

1503いのししのあばら

 送られてきたイノシシは、たっぷり脂がのっていました。なんでも今年はドングリが豊作で、イノシシも栄養たっぷりだったらしい。こんなに脂がのってていいのかというくらいの脂だったけど、まぁイノシシというやつはこういうやつらしい。
 このイノシシ、漁師さんからいただいてきたものを、可憐な女性がたった一人で解体して、お友だちに分配してくださった。そのパワフルさは感動的。そして送られてきたお肉もまた、感動的でありました。
 さっそく、その一部を測ってみたら、検出限界10Bq/kgの機械で測って、放射性セシウムは134も137も検出されず、という結果になりました。この個体ひとつだけですべてを見たような気になってはいけないけれど、福島のイノシシには放射能があるけれど、関東のイノシシは放射能がないというとりあえずの結論が導かれました。
 正直なところ、日本には核実験の際にそこそこの放射能が降っていて、それはまだ長い半減期の途中だから、日本中にいくばくかの放射能が残っている可能性はある。山の土を掘りまくって栄養をとっているイノシシさんには、量の大小はあっても、ちっとは放射能が出るもんじゃないかと思ってたもんですが、もうしわけありませんでした。関東のイノシシさんは無罪でした。

1503いのしし宴会

 イノシシは害獣駆除でワナでつかまえたりするのだけど、解体して食べようという人はそんなに多くない。昔はそれをなりわいにしていた人もいたのだけど、個人で食べられるかどうかはともかく、出荷ができる感じじゃないのは明らかだから、田畑を荒らされないように処分して、そのまんま捨ててしまうというパターンが多くなりました。捨てられるイノシシもかわいそうだけど、田畑を荒らされるのは困るから、しょうがない。これはぼくらのせいでもイノシシのせいでもないと信じています。誰かのせいなのか、というところもよくわかんないですけどね。
 久々にイノシシを食べるみなさん、イノシシったら、こんなにおいしかったかねと舌鼓。イノシシ料理にはいろんなのがあるけど、本日はイノシシ汁と焼肉です。あばら骨がついたままのやつは絶品だったけど、塩コショウだけのイノシシ肉は、たいへんおいしかった。幸せでした。
 この日はただイノシシを食べる以外にも、ちょっとしたたくらみが進んで楽しかったのだけど、そちらの報告はまたしかるべきときにしたいと思います。ごちそうさまでした。

関連記事

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

イベント(大会)

4/28とんトラ第1戦春トラ

とんトラ、今年の大会日程をお知らせいたします。 そろそろスキー競技&指導員等活動から解放されそうですので、4月7日から準備に上がりますので…

原発事故の思い出[人が多きことは]

川内村が富岡町の避難を受け入れたのは、結局ほんの3日か4日でしかなかった。その後、川内村と富岡町は一心同体みたいにして郡山に避難することにな…

AJP 2potキャリパーピストンインナーKIT

旧車のリペアに。三谷モータースポーツでは1992〜1999年くらいまでのAJPキャリパー30mmピストン用インナー KITを取扱中。 (…

原発事故の思い出[ベンチにて]

集会所の入口には、一枚板で作った机があって、ちょっとお休みができるようになっている。村人的には、あんまりここで休んだりする人はいないのだけど…

ページ上部へ戻る